2017年10月18日

ワイズマート八千代台アピア店が、開店致しました!

17101708.jpg

 2017年10月17日(火)にワイズマート、八千代市初出店となるワイズマート八千代台アピア店がオープン致しました。アピア生鮮館様より引き継ぐ形での出店となりました。アピア生鮮館でお勤めされていたスタッフの多くも、引き続きワイズマートの仲間として働いて頂いておりますので、今後とも、宜しくお願い致します。


17101701.jpg

 店舗名にもなっておりますが、場所は、京成本線八千代台駅から連絡橋で直結しているアピア八千代台デパートAPIA様の地下1階となります。駅からは、雨天でも濡れずに来店出来ます。


17101702.jpg

 こちらが、アピア八千代台デパートAPIA様の外観です。駅との連絡通路が見えます。


17101703.jpg

 こちらが駅との連絡通路です。


17101704.jpg

 ビル内に入ると床面に案内があります。


17101706.jpg

 階段の壁面にも案内があり・・・。


17101713.jpg

 テナントの案内掲示板にも、ワイズマートの案内がありました。案内板の企業様のお名前を拝見させて頂き、新参者ですが、これから宜しくお願い致します。お世話になります。ちょっと引き締まる思いがしました。


17101714.jpg

 こちらは、地上から地下1階に下りる階段の踊り場です。壁面が広く、こちらにお客様への色々な案内を掲示させて頂いております。また、トレーの回収箱も、この踊り場にございます。


17101705.jpg

 階段を下りた入口です。


17101709.jpg

 店内を入って直ぐに広がるのは、青果コーナーです。特に正面は、旬の果物が彩りをそえてくれています。


17101710.jpg

 昨日は、早生富士、トキ、シナノスイートの3種類のりんごが販売されていました。この時期のりんごは、貯蔵ではない、収穫したばかりのりんごが並びます。りんごの種類によっても違いますが、収穫期間が数週間と短い品種もございますので、是非、召し上がって頂きたいと思います。

 先日も、花畑店の朝市のことですが、シナノスイートを5個ご購入されたお客様が、再来店され10個買われていきました。お客様曰く、「このりんごが好きなのよ〜。さっき買って食べてみたら美味しくて、無くならないうちに買いに来たわ。」だそうです。シナノスイートは、販売期間が短いですので、正解だと思います。


17101731.jpg

 青果コーナーの先には、鮮魚コーナーが続きます。昨日は、まぐろ、さんま、イカといった鮮度ピチピチの商品が並んでいました。


17101724.jpg

 イカも見るからに輝いて美味しそうです。


17101725.jpg

 他にも沢山のお買い得品が並んでいますので、是非、お客様の目でご覧下さい。


17101729.jpg

 更に先には、精肉コーナーが続きます。

 ワイズマートのお肉は、品質とお値段のバランスが良くてお値打ち感があると思います。僕も実際に購入しているのですが、他のスーパーさんで個人的に買い物していても、お肉だけは、ワイズマートでしか買いません。


17101733.jpg

 是非、ワイズマートのお肉を召し上がって下さい。


17101723.jpg

 生鮮3品の他にも、加工食品、日配、ワインなどのお酒も充実しております。


17101730.jpg

 また、店内の大鍋を使って調理したお惣菜や・・・。


17101736.jpg

 揚げたてのフライ。天ぷら。


17101719.jpg

 手作りのお弁当も沢山ございます。


17101737.jpg

 そして、お寿司。マグロなどのネタは、柵からとったネタをそのまま握っています。


17101735.jpg

 握り1つとっても、色々な種類がございますし、また、いなり寿司バイキングなど、選ぶ楽しみもございます。その時によって変わる売場を、楽しんで下さい。


17101726.jpg

 また、普通のパンの他にも、ワイズマートのベーカリー部で焼いたオリジナルパンのコーナーもございます。是非、こちらもチェックして下さい。


17101720.jpg

 ここで、昨日の売場の様子を少しだけレポートします。

 あっ、食育の塩路先生も、いらっしゃいますね。甘酒をお客様におすすめされていました。


17101721.jpg

 昨日は、あいにくのお天気にも関わらず、沢山のお客様が絶えずいらして下さいました。一時的に物凄く混むという感じではなく、ずっと一定数のお客様がいらして下さっている感じです。こういう混み方の方が、お客様にとっては、お買い物し易くて良いと思います。


17101717.jpg

 昨日、お客様からご質問頂いた内容で一番多かったのは、営業時間について、そして、「開店する迄の間、とても不便で待っていたのよ」という激励のお言葉です。

 営業時間につきましては、「とても助かるわ。だけど、変な時間ね。」と不思議に思われる方も多くいらっしゃいました。電車の始発と終電の時間を考えて決めさせて頂いたことをお伝えすると「なるほど!」と相槌ちをうたれる方や「通勤帰りに寄れるわね」と仰って下さいました。


17101712.jpg

 場面は変わりまして、こちらは開店前の朝礼の様子です。スタッフ一同、緊張と、オープン出来ることのワクワク感が混じり、少し、ピリッとした雰囲気となっています。


17101718.jpg

 こちらが、佐藤店長の挨拶の様子。朝礼の中で、「このワイズマート八千代台アピア店が、10年、50年、そして100年とこの地に根付いたお店になるようにしていきましょう」と宣言されていました。八千代市に初出店となるワイズマート。APIAビルのたくさんの案内(サイン)を見ても、スタッフ一同、地元のお客様に愛されるお店にならなくちゃいけないと一層、感じた瞬間だと思います。


20171017OPEN3大.jpg

 アピア生鮮館様を長年ご利用下さっていたお客様には、売場のレイアウトも変わり、最初は戸惑われるかもしれません。そういうときは、店舗スタッフまで、是非、お声がけ下さい。(地図の画像は、クリックすると拡大表示されます)

 また、10月31日までは、ワイズマート八千代台アピア店限定で、ワイズカード入会無料キャンペーンを実施しております。ワイズカードをお持ちでないお客様は、発行手数料がかからないこの機会にどうぞ、ご入会下さい。


17101707.jpg

 佐藤店長をはじめ、スタッフ一同、1日も早くお客様に親しみをお持ちいただき、愛され、感動されるお店になるよう、たゆまぬ努力を続けてまいります。どうぞ、ワイズマート八千代台アピア店を宜しくお願い致します。
posted by ワイズマン at 12:47| 千葉 🌁| Comment(0) | ご連絡 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月14日

夏休み親子料理教室「親子で作ろう! エバラお弁当教室」

17083054.jpg

 2017年8月30日にエバラ食品工業様による「親子で作ろう!エバラお弁当教室」が開催されました。

 レポートが大変遅くなって申し訳御座いませんでした。今年の夏休み親子料理教室の最後のレポートとなります。


17083004.jpg

 エバラ食品というとどういうイメージをお持ちでしょうか?

 「焼肉のたれ」と真っ先に頭に思い浮かべられる方も多いと思います。親子料理教室で焼肉のたれの講義なのかなぁ〜と思われた方は、一部正解で一部不正解です。


17083007.jpg

 どんなことを教わったのでしょうか。それでは、少しだけご紹介させて頂きます。


 授業では、焼肉のたれについては勿論のこと、人間の五感の1つ「味覚」についてスポットが当てられていました。


17083009.jpg

 回答は、個々にするのではなく、グループで相談しながら行うスタイルでした。


17083010.jpg

 お友だちと相談しながら、イラストの中に書き込んで・・・。


17083014.jpg

 お客様の前に掲示されたボードに、グループで話し合われた結果をマグネットで貼って発表しました。


17083015.jpg

 全グループでの発表が終わってから、正解の説明がありました。


17083016.jpg

 これまでの親子料理教室では、お買い物の時に初めてみんなでの共同作業となるのですが、今回は、授業の段階から、同じグループのお友だちと仲良くなれる場となりました。お母様方同士も、ご参加されていましたので、良かったです。


17083001.jpg

 続いてが、こちら。(笑)

 何故か、沢山おお野菜が並んでいます。


17083017.jpg

 実は、これは料理のためではなくて、お野菜や果物が水に浮かぶか、沈むかの実験をするために用意されたものでした。


17083018.jpg

 トマトは水に浮かび、ニンジンは底に沈む。


17083019.jpg

 このような実験は、みんな大好きですね。

 進行のエバラさんが、「誰か次にやりたい人〜!」って尋ねると一斉に手があがっていました。


17083021.jpg

 お子さまだけでなく、お母さん方も夢中。


17083022.jpg

 水槽のまわりは、お客様でいっぱい状態です。


17083023.jpg

 何度も手をあげるお子様もいれば、本当はやりたいのに恥ずかしくて手をあげられないお子様もいらっしゃいます。でも、目がやりたい と訴えていたので、司会のお姉さんに目で訴えていたお子さまをご案内したら、そのお子さまがこぼれるような笑顔になっていました。

 この実験も、ただお野菜や果物を水の中に入れていた訳ではなくて、どうして浮かぶものと、沈むものがあるのか、その違いについてお子様たちのご意見や推察を伺ってから、正解をお話することで盛り上がっていました。


17083025.jpg

 授業と実験が終わり、いよいよお買い物へ。エレベーターを降ります。


17083026.jpg

 既にお客様同士のコミュニケーションも出来ていますから、お買い物は順調でした。


17083027.jpg

 エバラさんだから、お買い物リストの中にお肉がありました。高そうなお肉です。


17083028.jpg

 お買い物が終わり、いよいよ調理の時間となりました。


17083029.jpg

 今回、レシピを教えて下さったのは、赤堀料理学園の校長赤堀博美先生でした。エバラ食品工業さんの商品CMにご出演されたこともあり、また、学園では、フードコーディネーターの養成講座、子供料理教室、男性料理教室などの他、多くのドラマの料理指導もされている方です。

 料理を始める前に「包丁の扱い方」を教えて頂いた時も、一人のお子様に教えるかたちで、とても分かりやすく、お子様とのユニークな掛け合いを通しての指導は、僕もとても新鮮な気持ちで拝見させて頂きました。


17083031.jpg

 調理が始まった時も、お子さま達の真剣な眼差しを見れば、赤堀ワールドに入っていることが分かります。


17083033.jpg

 物凄く近い距離感での授業は、やり辛かったと思いますが、流石、赤堀先生の経験値の高さは、どんなことにも即反応されていて、お客様とのキャッチボールをされていました。


17083036.jpg

 効率よく、ぱっぱっぱっとレシピが出来上がっていく様子は、流石プロです。


17083038.jpg

 先生のお手本が終わり、お客様の調理が始まりました。


17083039.jpg

 先生のお手本を思い出しながら、調理します。


17083041.jpg

 先生の直接指導にて包丁の扱いを学んだ彼は、みんなの前で恥ずかしそうでしたが、調理となるとこの表情。真剣です。


17083046.jpg

 そして、お弁当が完成。とても美味しそうです。


17083050.jpg

 調理も終わり、みんなで「いただきます」の掛け声でお食事。赤堀先生は、皆さんからの質問に対して、色々と教えて頂きました。


17083049.jpg

 食後のちょっとした時間。お子さま達と戯れるエバラさん。(笑)

 こういった光景が見えるのは、親子料理教室が成功した証でもございます。

 それでは、当日のお客様アンケートから、一部、ご紹介致します。


17083002.jpg

・実際に買いものに子供が行っているときにも、大人は勉強させて頂くなど、色々と楽しく過ごすことが出来ました。ありがとうございました。

・色々な内容が盛りだくさんで良かったです。子供は、買い物体験が面白かったと言ってました!!

・おなべや包丁を下げていただいたり、フォローして下さり助かりました。


17083003.jpg


・とても良い食材を用意して頂き、ありがとうございました。とても良い内容でした。また、申し込みさせて下さい。

・普段の作り方以外にも、違う利用方法を教えて頂いたので、是非、チャレンジしたいと思いました。

・親子ですてきな夏休みの思い出が出来ました。ありがとうございました。


17083006.jpg

・充実した内容でした。

・食育も出来て良かったです。

・エバラさんの商品の色々な使い方を知られて良かったです。


17083013.jpg

・小1だったので、前半集中力が続かなかったところがあり、作る時は、少し機嫌が悪くなりがちでした。面白い内容なので、高学年になったら、また参加したいです。

・子供のやる内容が、とてもちょうど良いと思いました。

・先生のお話が、とてもためになりました。子供と聞けてよかったです。ありがとうございました。


17083020.jpg

・自分たちで買い物に行くというなかなか出来ない体験が良かったです。

・調理は、混ぜる、和えるだけで、子供にも作りやすく、全部本人でやることが出来たので良かったです。

・全て美味しかったです。今は、小学生でお弁当を作る機会が少ないので、親子で弁当が作れて楽しい体験でした。


17083024.jpg

・調理のみでなく、お買い物したり、お話を聞いたり、実験したり。盛りだくさんの内容で楽しめました。ありがとうございました。

・野菜の浮き沈みの実験が面白かったです。

・子供だけで作れるメニューで、とても彩りが良いと思いました。


17083034.jpg

・赤堀先生の教え方も、子供にも分かり易かったです。

・おいしく全部いただきました。今度、家で兄の弁当を作りたい!と8歳の娘が話していました。

・今日は、娘の誕生日でした。素敵な1日を過ごせました。ありがとうございました。


17083037.jpg

・エバラ商品の新発見が出来ました。

・もう1回やりたいです。

・美味しくて、楽しくて、良かったです。


17083040.jpg

 アンケートは以上となります。

 実は、エバラさんの料理教室は、2年ぶりとなります。

 昨年も大人気で、お客様もとても楽しみにされていたのですが、当日が台風直撃の予報となり、止むを得ず、中止とさせて頂きました。

 今回の内容をみても分かるのですが、事前に準備を重ねて、どうしたら食育をテーマにお客様にお伝え出来るのだろう、更には、自社の製品のちょっとアレンジした使い方をお伝えすることで、より商品を好きになって欲しい、そんな思いがひしひしと伝わってきます。ですから、昨年はとても残念な思いだったと思うのです。


17083048.jpg

 エバラさんだけでなく、今年の夏、11テーマもの親子料理教室を開催頂きましたメーカーの皆様には、本当にありがとうございました。

 準備は大変ですが、終わった後に思い出しながらも、皆さん、笑顔で語られていることが印象的でした。


17083047.jpg

 また、来年、夏休み親子料理教室が開催されると思います。今回、残念ながらご参加出来なかったお客様も、また、ご兄弟姉妹で参加出来なかったお友だちも、是非、来年の親子料理教室にご参加頂いて、新しいお友だちと仲良くなったり、アンケートにもありましたが、8歳の妹さんが作ったお弁当をお兄さんが食べたら、どんなに嬉しいことか、そういった喜びを一緒に共有させて頂けたらと思います。

 最後に、夏休み親子料理教室にご協力下さったメーカーの皆様、問屋の皆様、そして、楽しさ、嬉しさをスタッフにも笑顔を通じて教えて下さったご参加頂いたお客様、本当にありがとうございました。また、来年、お会いしましょう。
posted by ワイズマン at 16:32| 千葉 ☔| Comment(0) | 親子料理教室 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月08日

夏休み親子料理教室「親子レモン教室」

17082572.jpg

 2017年8月25日にポッカサッポロフード&ビバレッジ株式会社による「親子レモン教室」が開催されました。

 それでは、早速、当日の様子をレポート致します。


17082505.jpg

 まず、最初にレモンについての雑学の始まりです。司会者の方の掛け声で、レモンお兄さんとレモン博士を呼びます。


17082506.jpg

 そして、登場となるのですが、このレモンお兄さんと、レモン博士のハイテンション振りは最高なんです。登場するやいなや、いきなりMAXのテンションです。恥ずかしさ、恥じらいなんてありません。


17082508.jpg

 登場しただけでこの笑顔です。普通、こういうのは、お子様だけが笑顔だったりするのですが、お母様方が声に出して笑われるぐらいですから、想像がつくと思います。

 お二人の登場で、会場の空気が変わります。(僕は、既に4回ぐらい、この場面にて出くわしているのですが、毎回、スゴイなぁ〜と感心させられています。いつも、親子料理教室の最後に集合写真を撮るのですが、このお二人のテンションを参考にさせて頂いています。)


17082507.jpg

 雑学の中では、レモンが世界のどこからやってきたのか・・・といったことから。


17082509.jpg

 レモンに含まれるクエン酸には、カルシウムの吸収を助ける「キレート作用」についてといった難しい内容も含まれます。


17082511.jpg

 言葉だけでは、なかなか頭に入ってこない。そこで、実験を体験することになります。

 ここで用意されたのは、「水とカルシウム」、「水とカルシウム+クエン酸」の2種類のペットボトルです。


17082512.jpg

 レモンお兄さんの「さぁ、みんなでフリフリするよ〜!」の掛け声のもと、皆でペットボトルのシェイクタイムとなりました。


17082513.jpg

 みんな懸命に2つのペットボトルを振ります。1分間ぐらい振っていたでしょうか。もの凄く疲れます。でも、みんなの顔は、笑顔で一杯です。


17082514.jpg

 おっと僕のミスです。シェイクした後のペットボトルの画像がありません。

 でも、このスライドのようにクエン酸が入っている方は、カルシウムが水に溶けて透明になっていました。そして、レモンにもクエン酸が含まれているので、同じようにカルシウムが溶けることを教わりました。


17082516.jpg

 キレート効果には、カルシウムを水溶性にするだけでなく、牛乳に入れてラッシーを作ったりも出来るので是非、お試し下さい。


17082517.jpg

 レモンの授業も終わり、いよいよ、お子様たちだけによるお買い物体験となりました。当日、たまたま同じグループになったお友達に、自己紹介をします。


17082519.jpg

 当日のお買い物リストは、こんな感じです。全部で5品を売場で探します。


17082520.jpg

 いよいよお買い物スタート!

 1階の売場でお買い物しますが、どこか余所余所しい感じですね。


17082521.jpg

 4人1組でのお買い物ですが、グループによっては、年齢も違います。


17082522.jpg

 レモンお兄さん、レモン博士もお買い物に同行です。しかし、はたから見ると、危険人物にしか見えません。(笑)


17082524.jpg

 最初は余所余所しい関係も、お買い物をしている中で、一気に距離が縮まってきます。「こっちだよ」「うんうん、あっちあっち」そんなやりとりが店内のいたるところから聞こえてきます。


17082525.jpg

 こちらのグループは、買い物リストと商品の絵柄も、きちんとチェックされていますね。


17082526.jpg

 お買い物の様子を撮影していると、恐らく、初めて見る光景に出会いました。よく、女の子同士が手をつないでいる様子は見かけるのですが、女の子と男の子は、初めてです。

 小さな男の子が迷子にならないように思われたのでしょうか。まるでお母さんのように優しく手を繋いでいます。


17082527.jpg

 とても微笑ましくて、見ている僕が温かい気持ちになりました。


17082528.jpg

 お買い物が終わり、レジ袋を運ぶときも仲良く一緒でした。


17082532.jpg

 お買い物が終わり、いよいよ料理の時間となります。

 最初に、先生から料理のお手本を教えて頂きます。


17082531.jpg

 包丁の持ち方、切り方をはじめ、食材を大切に扱うことなどお料理全般について、まるで幼稚園の先生のようにお子様達に寄り添って語られるのは、流石だと思います。


17082530.jpg

 レモンお兄さん、レモン博士とは違う意味で、良い雰囲気がその場を包んでいます。だから、お子様達も、一言一句逃すまいと真剣に聴かれています。


17082538.jpg

 お子様たちに理解して欲しいから事前の準備もされていました。

 「お母さん指ってどの指ですか?」

 お子様達は、人差し指を直ぐに答えました。

 僕は心の中で「えっ?」と遠い記憶の中を彷徨っていたのですが、みんなが分からなかった時のために、夜なべしてお母さんの指サックを作られたそうです。

 こういったところに気遣いを感じます。


17082554.jpg

 こちらが当日教えて頂いたレシピ。お子様にも作りやすく、レモンを効果的に使ったレシピです。写真は、先生が作られたものとなります。


17082544.jpg

 レシピを教えて頂き、いよいよみんなで調理の時間となりました。


17082556.jpg

 かなりショートカットします。調理も終わり、みんなで昼食となりました。

 ※途中の写真は、お客様アンケートのご紹介のところでまとめてご紹介致します。


17082566.jpg

 お食事が終わると認定証の授与と・・・。


17082568.jpg

 お土産に、お客様の顔がプリントされた世界で1本しかないキレートレモンとポッカレモンのボトルを頂きました。


17082569.jpg

 自分の顔がラベルにあって、お客様も大喜びでした。


17082564.jpg

 当日は、応援に来ていたレモンじゃとの記念撮影のほか・・・。


17082563.jpg

 第人気となっていたレモンお兄さん、レモン博士との記念写真も撮影されていました。


17082565.jpg

 ふと気付くと、お子様が何か描かれていました。よくみるとレモンお兄さん、レモン博士でした。


17082570.jpg

 とても短時間で、実物よりかっこよく、爽やかに描かれたレモンお兄さんとレモン博士。感謝のお礼としてプレゼントされました。


17082571.jpg

 それでは、お客様のアンケートの一部をご紹介しながら、お写真を公開させて頂きます。ちなみにこの写真は、最後の記念撮影のため、お子様達に並んで頂いたら、いつのまにかお母様方による撮影会となった様子です。(笑)


17082503.jpg

・楽しい進行でよかったです。5歳でも出来るところがあって良かったです。火や包丁を使うところは、親が怖かったですが。

・また参加したいです。

・クエン酸のこと、レモンの効果が分かりました。

・子供が少し包丁を使えたのが楽しそうでした。


17082515.jpg

・お料理は美味しかったです。苦手なものも、子供は頑張って食べていました。

・はじめての参加でした。来年も応募したいです。

・はじめての親子料理教室でしたが、楽しくて、夏休みの良い思い出になりました。


17082518.jpg

・講義もあり、とても良い内容でした。

・怪我のないようにスタッフの皆さんが気を配って頂いたので、安心して出来ました。

・どれも美味しかったので良かったです。娘はレモンクリームのオープンサンドがとても気に入ってました。


17082523.jpg

・とーーーっても楽しかったです。子供が思った以上に料理が出来ていてビックリしました。面倒であまり手伝いをさせていなかったのですが、今後はお手伝いをしてもらおうと思います。

・ポッカさん、いい会社ですね。ポッカ愛を感じました。ワイズマート、殆ど毎日行っています。ありがとうございました。


17082537.jpg

・食パンをくり貫いてふたをする料理が初めてでした。カリカリして、とても美味しかったです。

・クイズや実験など、子供を飽きさせず、興味を持てるような内容で、勉強になりました。2014年にも参加しましたが、内容がパワーアップしているように感じました。


17082534.jpg

・ポッカサッポロの社員の方々のテンションの高さがナイスでした。社風が現れていますね。

・また、来年も応募したいです。素敵な企画をありがとうございました。


17082540.jpg

・生クリームの作り方が簡単でびっくりした。

・親子でゆっくりと料理が出来て楽しく過ごせました。ありがとうございました。また、来年も参加したいです。

・レモンを効果的に使ったレシピ、とても美味しかったです!!素敵な企画なので、また、参加したいです。


17082541.jpg

・5歳で料理は、少し心配でしたが、楽しんでいました。子供だけのお買い物も良かったです。

・普段、レモンはアボカドにかける程度だったので、色々と使えることが分かり良かったです。ポッカレモンの大きなサイズが買えそうです。

・もっと料理をしたかったそうです。でも、楽しかったそうなので、参加してよかったです。


17082555.jpg

・初めての参加で息子が包丁を使うことが出来ました。ありがとうございました。

・料理の先生の説明が、子供にもわかりやすく、楽しくてよかったです。

・レモンの効果も知れて、活用したいと思います。


17082546.jpg

・初めての参加でしたが、思っていた以上に充実していて、改めて知ることも多かったです。

・料理も家で直ぐに出来るメニューで参考になりました。楽しかったです。ありがとうございました。

・子供が飽きないように長過ぎず、クイズあり、お買い物ありで、とても良かったと思います。


17082551.jpg

・兄弟3人お世話になりました。(兄、姉、今回が妹)毎回、子供とともに楽しくおいしく参加させて頂いております。

・食卓にレモンを登場させる機会が少なくなりますが、これを機に増やしていきたいと思います。


17082550.jpg

・やまクッキングスクールの先生が、素晴らしかったです。デモもただ作るだけでなく、包丁の持ち方、フライパンを使う時に気をつけることなど、分かりやすかったです。

・明るいスタッフが多く、レモンじゃも可愛い。とても楽しい雰囲気でした。


17082557.jpg

・オープンサンドは、子供も自分で作れるメニューなので活用します。

・レモンについての勉強も出来て、料理も美味しくて良かったです。

 アンケートのご紹介はここまでですが、当日の写真を沢山、ご紹介して終わりとします。


17082504.jpg


17082536.jpg


17082539.jpg


17082543.jpg


17082547.jpg


17082549.jpg


17082545.jpg


17082552.jpg


17082542.jpg


17082560.jpg


17082562.jpg


17082548.jpg


17082553.jpg


17082558.jpg
posted by ワイズマン at 17:23| 千葉 ☀| Comment(0) | 親子料理教室 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年9月食育レシピ『鶏だんご入り具たっぷり味噌汁』

2017091911.jpg

 ワイズマート2017年9月の食育レシピは、『鶏だんご入り具たっぷり味噌汁』でした。

 「食育」とは、様々な経験を通じて「食」に関する知識と「食」を選択する力を習得し、健全な食生活を実践することができる人間を育てることである。

 うーん、何だか難しい。でも、食べた瞬間に、「これは体にいい、体が喜んでいる」そう思える瞬間があります。疲れた日に晩ご飯で食べたお味噌汁に、心がほっとしたことはないでしょうか。

 ワイズマートでは、そのような、体に良い食品の1つとして、「発酵食品」をオススメしております。
 詳しくは、こちらをご覧下さい。

 今回の食育レシピは、発酵食品の主人公とも言える「お味噌」を使ったレシピとなります。

 それでは、当日の様子をご紹介致します。(今回は、東砂店の食育の様子です)


2017091905.jpg

 お店に到着すると、ほぼ調理は完了していました。

 お味噌汁もぐつぐつ煮ている状態です。

 調理が終わっていたので、ディスプレイやご試食用の小分けのお手伝いをしました。お味噌汁が出来上がったとのことでしたので、ご試食するとゴボウが少し固かったので、他の具材と分けてもう少し煮ることにしました。


2017091907.jpg

 こちらは、出汁をとるときに使った鰹節。このだしがらに味付けをして、フライパンで炒め、おかかのふりかけを作りました。


2017091906.jpg

 ごはんと混ぜ合わせて、一口サイズのおにぎりを作り、お客様にご試食頂きました。


2017091904.jpg

 もうすぐ、十五夜のお月見ということあり、鶏団子と卵でイメージ。甘いお団子も美味しいですけど、これならおかずとなります。


2017091901.jpg

 そして、10月のイベントとして日本でも定着してきたハロウィンをイメージしたお菓子を使ったデコレーションもご用意。うさぎをイメージしているので、お月見にも使えます。


2017091914.jpg

 また、ご試食用はございませんでしたが、お味噌を使ったお料理ということで「さばの味噌煮」も準備しました。


2017091908.jpg

 こちらが、店内のディスプレイです。

 ディスプレイも終わり、いよいよ、ご試食の開始となりました。


2017091910.jpg

 食卓部分だけをクローズアップしてみると、鶏団子入り具たっぷり味噌汁、サバの味噌煮、ちくわぶと根菜の煮物、おひたし、お漬物ととても豪華になっています。根菜の煮物は、当社デリカ部で販売しているものです。お味噌汁の中にも入っていますが、根菜類を食べると腸内環境が綺麗になります。


2017091917.jpg

 ご試食頂いたお客様からは、「実家に帰ってきたみたいな味です。」と嬉しいお言葉を頂きました。温かいお味噌汁しかも、鶏団子の程よい甘さから、ぬくもりを感じられたのかもしれません。その若いお母様は、「自分の子供のためにも、是非作ります。」と仰って下さいました。


2017091909.jpg

 小さなお子様も、お味噌汁を完食。小さなお口なので、1回に食べられる量は、ほんの少しです。でも、時間をかけて、ゴボウも残すことなく召し上がって頂きました。他のお客様が横を通られるときに「ぼく、偉いねぇ〜。おいしい?」って笑顔で話しかけられながら、頭をいいこしていました。


2017091913.jpg

 また、他のお客様からは、「なかなかおいしいお味噌が見つからなかったけど、今日見つけられて良かったです。」とのお言葉をいただき、コミュニケーターさんも大喜びしていました。


2017091903.jpg

 食育コミュニケーターさんの反省点としては、ゴボウと里芋が少し硬く、別の鍋で煮ましたが、下茹でするか時間差で野菜を煮るべきだと思いましたとのことです。


2017091916.jpg

 今回のご試食は、多くのお客様からもご好評を頂いておりました。

 やはり、日本人ってお味噌汁が好きなんだなぁ〜と感じると共に、味だけでない、ぬくもりみたいなものを感じられているような気がします。お味噌汁を一口飲まれた時の、ほっこり笑顔が沢山あったからです。


2017091918.jpg

 また、東砂店の食育コミュニケーターさんは、人数は少ないですが、凄く丁寧に上手くまとめられていることに、毎回、感心させられています。


2017091912.jpg

 お二人で準備されている中、漫才のような掛け合いも楽しく拝見させて頂いております。新しい仲間が増えるといいですね。


2017091915.jpg

 また、来年、お店にお邪魔させて頂いたときに、どう進化しているのか、今から楽しみです。
ラベル:お味噌 発酵食品
posted by ワイズマン at 15:37| 千葉 ☀| Comment(0) | 食育 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月26日

夏休み親子料理教室『親子もんじゃ焼』料理教室 その2

17082437.jpg

 2017年8月24日にブルドックソース株式会社様により開催されました「親子もんじゃ焼 料理教室」午後の部のレポートになります。


17082438.jpg

 内容的には、午前の部と同じとなります。


17082405.jpg

 もんじゃ焼について色々と学び、クイズで復習して・・・。


17082440.jpg

 続いて、お子様達だけでお買い物。


17082443.jpg

 お買い物を終えてキャベツを切って・・・。


17082448.jpg

 美味しいもんじゃ焼の作り方を教わり・・・。


17082455.jpg

 みんなで実際にもんじゃ焼きを作って召し上がりました。


17082441.jpg

 という訳で、午後の部のお写真とアンケートから一部ご紹介致します。

・もう少し募集人数や回数を増やして欲しいです。夏休みだけではなく、冬休み、春休みもあったら良いと思います。

・初めて親子料理教室に参加したので、色々もんじゃ焼の知識が知れて楽しかったです。もんじゃ焼きも初めてだったので、面白かったです。


17082442.jpg

・初めて、もんじゃを作って食べたので良かったです。

・自分たちでトッピングすることが出来て良かったです。

・おいしく出来たので、良かったです。


17082444.jpg

・娘と楽しい時間を過ごさせて頂きました。スタッフの皆様、本当にありがとうございました!

・初めての体験でしたが、楽しく出来ました。ありがとうございました。家でもやってみたいです。

・もんじゃ焼が家でも作れることが分かり、とても良かったです。


17082446.jpg

・とてもおいしかったです。ありがとうございました。ソースの塩分が少なめで酢が入っていてヘルシーだということが分かったので、もっと気軽に作ろうと思いました。

・つくるのが楽しかったです。もんじゃ焼を家で作ったことが無かったので、作り方など知れて良かったです。とてもおいしかったです。

・お餅入りが、とても美味しかったです。


17082458.jpg

・料理を作るだけではなく、お話やクイズ、お買い物などもあって、とても楽しかったです。

・とても美味しく、手軽に作れることが分かり、勉強になりました。早速、土曜日の夕方はもんじゃ焼にします!! 大変楽しかったです。ありがとうございました。


17082449.jpg

・2種類のメニューで味の違いも分かり、とても楽しかったです。

・子供が選んだトッピングメニューも良いと思います。

・トロフィーや修了証書まで頂いて、子供がとても喜んでいました。夏休みの良い記念になりました。


17082439.jpg

・とても楽しい時間を過ごさせて頂きました。今まで参加したお料理教室で1番楽しかったようです。

・修了式までして頂き、本当にありがとうございました。家で待つ家族に作ってあげることを決めたそうです。


17082463.jpg

・子供が凄く喜んでいました。とても美味しかったです。ありがとうございました。

・ラムネも、もんじゃ焼きと合っていて美味しかったです。


17082457.jpg

 アンケートの内容はここで終わりですが、当日のお写真を何点か追加でアップさせて頂いて、今回のレポートを終わりとさせて頂きます。


17082450.jpg


17082447.jpg


17082456.jpg


17082453.jpg


17082454.jpg


17082459.jpg


17082461.jpg


17082452.jpg


17082462.jpg


17082460.jpg


17082464.jpg


posted by ワイズマン at 20:33| 千葉 ☀| Comment(0) | 親子料理教室 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月23日

夏休み親子料理教室『親子もんじゃ焼』料理教室 その1

17082401.jpg

 ちょっと間が空いてしまいましたが・・・

 2017年8月24日にブルドックソース株式会社様による「親子もんじゃ焼 料理教室」が開催されました。

 それでは、当日の様子をレポート致します。


17082402.jpg

 この親子もんじゃ焼教室も、とても人気が高く、今年は、午前と午後の2回開催致しました。今回のレポートは午前の部となります。

 内容的には、もう確立されていまして、まず、「もんじゃ焼」の歴史やおいしい食べ方などを学び、続いて食材のお買い物体験、先生による焼き方のデモストレーション、最後に実際に焼きながらあつあつを食べるという流れとなります。


17082407.jpg

 お買い物は、その日知り合ったばかりのお友達だと店内を探し回ります。また、会計係さんは、表示されている金額の合計が幾らになるかを電卓を使って確認します。写真は、レジに表示される値段と、電卓の合計金額が合っているかを確認しているところです。僕も見たのですが、1円まで合っていました。(^。^)


17082408.jpg

 今日、知り合ったばかりのお友達ですが、1つの目標に向かって一緒に頑張っているうちに直ぐに仲良くなります。性別や年齢に関わらず、グループの中で主導権を握るお子さんがいたりして、見ていると楽しいです。


17082409.jpg

 小さなお子様たちがお買い物されている様子は、レジスタッフだけでなく、偶然、その場に居合わせた一般のお客様も笑顔にしてくれます。まるで、自分のお孫さんに接するように話しかけられたり、手を差し伸べて誘導されたり、いいなぁ〜と思います。


17082412.jpg

 お買い物も終わり、会場に戻ってきた時の写真です。男の子が、とても優しそうに何かを話していますね。包丁の扱い方でしょうか?


17082413.jpg

 やっぱり、キャベツの千切りを教えているみたいですね。


17082414.jpg

 初めて包丁を持つのか、とても嬉しそうにしています。お兄ちゃんの指導の成果はどうだったのか気になります。


17082415.jpg

 さて、場面は変わりまして、もんじゃ焼の焼き方のコツを、先生が伝授しています。ぐるっと囲まれてやり辛そうですが、先生はプロなので、大丈夫です!


17082416.jpg

 もんじゃ焼き用のミックス粉を水でよく溶き、次に月島もんじゃソースを加え、さらによくかきまぜて生地を作ります。


17082417.jpg

 生地にキャベツ、あげ玉、小エビ、 切りイカ(よくほぐしてください)を順番にのせていきます。


17082418.jpg

 こんな感じです。


17082419.jpg

 ホットプレートを温め(230〜250℃程度)、油(小さじ1程度)を薄く引きます。油は、引きすぎないように注意してください。どんぶりから具材だけをホットプレートに取り出して炒めます。(※生地は流さないようにします)


17082420.jpg

 具材が、しんなりしたらドーナツ型に“土手”を作ります。


17082421.jpg

 生地を“土手”の中央に2回に分けて流し込みます。


17082423.jpg

 生地が透明になり、グツグツと粘りが出てきたら、全体をまぜ合わせます。


17082424.jpg

 ホットプレートに薄く大きく広げ、生地の底が少し焦げて“おこげ”(通称せんべい)ができるまで2〜3分待ち、せんべいができたらできあがりです。


17082425.jpg

 いい匂いがしてきて、お腹も空いていることもあり、本当は食べたくて仕方ないのを我慢しているのが、この写真です。


17082427.jpg

 先生から美味しい作り方を教わり、各テーブルで焼いて食べることとなりました。


17082426.jpg

 1枚目は、通常パターンのもんじゃ焼を作りました。


17082428.jpg

 また同時並行で、ブルドックソースのスタッフの方が、お手製の焼そばを作って下さいました。こちらも、皆さんに召し上がって頂きました。


17082429.jpg

 2枚目は、アレンジのもんじゃ焼です。沢山ある具材の中からトッピングをお友達と相談しながら決めました。


17082432.jpg

 美味しいおこげも出来たみたいですね。


17082435.jpg

 ご試食が終わり、最後は、もんじゃ焼の達人の認定証授与式となりました。


17082436.jpg

 小さな可愛いトロフィーも手渡され、宝物のようにされているお子様が沢山いらっしゃいました。


17082403.jpg

 それでは、当日のお客様アンケートから、一部をご紹介致します。

・今後も、こういう企画を宜しくお願い致します。

・担当の方を含め、スタッフの方がとても親切で子供は楽しかったようです。

・2回もんじゃ焼を作りましたが、2回目はトッピングが選べたりして、とても楽しく作ることが出来ました。


17082406.jpg

・とても楽しかったです。また参加させていただきたいです。ありがとうございました。

・自分たちでいちから買い物をして、材料を切って、焼いて、とても楽しかったです。来年も参加したいです。ありがとうございました。


17082431.jpg

・担当の方に、沢山声をかけてもらったり、お話してくれたり、とても楽しく調理実習を出来ました。今後は、ソースはブルドックしか買いません。

・親子とも楽しい時間を過ごすことが出来ました。ありがとうございます。


17082433.jpg

・抽選だと参加出来ないときもあるので、本社などで常設して欲しいと思う内容でした。子供は、初のもんじゃ焼を完食し、良い食育の勉強になりました。ありがとうございました。

・社員の方の素晴らしいサポートで安心して作ることが出来ました。ワイズマート&ブルドックソースを今後も応援します!! 是非、今後も続けて下さいね。


17082434.jpg

・子供は、初めてのもんじゃ焼を食べましたが、喜んでいました。

・買い物も自分たちで出来たのが楽しかったようです。

・今回初めて親子料理教室があるのを知り参加したが、また、是非、参加したいと思う。


17082411.jpg

・スタッフの方が丁寧に教えて下さり、楽しく料理が出来ました。

・買い物やクイズ、調理、賞状など、1日楽しかったです。

・トッピングを自分で選べたのも良かったです。

 レポートは、午後の部に続きます。
posted by ワイズマン at 18:08| 千葉 ☁| Comment(0) | 親子料理教室 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月10日

夏休み親子料理教室 「親子で楽しむチーズ工場見学&料理教室」

17082301.jpg

 2017年8月23日(水)に雪印メグミルク株式会社様による『親子で楽しむチーズ工場見学&料理教室』が開催されました。

 毎年、ワイズマート浦安本社にて夏休み親子料理教室を開催して頂いていたのですが、今回は、茨城県にある阿見工場に舞台を移しました。実は、今回一番人気の教室でした。早速、レポート致します。


17082302.jpg

 雪印メグミルク阿見工場は、プロセスチーズやマーガリンを製造する乳製品工場として2014年より稼動し、約200種類の商品を製造しています。また、阿見総合物流センターを併設しており、雪印メグミルク最大の工場です。


17082307.jpg

 横3面の大スクリーンによる工場概要や製造工程の映像を放映出来る設備や・・・


17082339.jpg

 VR(バーチャルリアリティ)によるリアルなチーズ製造の視覚体験や、工場の様子の見学が出来ます。


17082304.jpg

 当日は、毎年、ワイズマート浦安本社で開催された時にも、お世話になった皆さんが、勢揃いしてお迎え下さいました。あれっ? 牛子さんがいません。


17082305.jpg

 続いてご紹介頂いたのが、阿見工場のスタッフの皆様。


17082306.jpg

 そして、真打、牛子さんの登場です。やはり、牛子さんがいないとねぇ〜と1年振りの再会と思っていたのですが、どこか違う。その違いについては、後ほど、分かりました。


17082312.jpg

 まずは、雪印メグミルク株式会社の成り立ちや、チーズの歴史について紹介されました。スクリーンが大きいので、何だかテーマパークに来たみたいな気分になりました。


17082308.jpg

 皆さん真剣にスクリーンを見ています。


17082311.jpg

 動画のカリキュラムは、チーズやマーガリンについての内容へと移り、途中、クイズなども出題されます。


17082309.jpg

 1つの空間を共有しているからでしょうか。特に自己紹介などしていないのに、お隣り同士になったお友達が、仲良さそうにご相談しながらクイズに答えていました。


17082314.jpg

 ビデオが終わり、次に料理教室となりました。


17082334.jpg

 調理したのは、ロールパンの二品。

 1品目は、パスタのミートソースをロールパンに塗り、茹でたブロッコリーを挟んで、その中心にとろけるスライスチーズをくるくるっと丸めて挟んだもの。

 2品目は、シーチキンとコーンをよく混ぜ合わせ、マヨネーズを追加。これをロールパンに塗り、その中心に6Pチーズを半分にカットしたものを挟みます。

 両方とも、アルミホイルで包んでから、トースターで温めます。


17082324.jpg

 もう一品は、クラッカーの上にクリームチーズをのせ、フルーツソースをかけたデザート。


17082323.jpg

 ラストは、ヨーグルトに果汁飲料を混ぜて作るラッシーでした。


17082327.jpg

 調理が終わり、みんな揃っての「いただきます」の挨拶でご試食が始まりました。


17082328.jpg

 お腹が空いていたし、自分で作ったお昼ごはんは、美味しいね。


17082332.jpg

 チーズは焼いてトロッとしたところが美味しいと思います。1つ目のロールパンが焼け食べ終わった頃に、2つ目のロールパンが運ばれてきました。


17082335.jpg

 美味しい食事も終わり、今度は、「ごちそうさま」の挨拶です。


17082337.jpg

 お食事が終わり、トイレ休憩が終わったら、いよいよ、工場見学となりました。


17082340.jpg

 係りのお姉さんに連れられていくと、本当にテーマパークのようです。


17082320.jpg

 一番最初に登場したのが、上の写真に写っている牛子さんの格好についての説明でした。


17082341.jpg

 雪印メグミルク様の工場では、異物等が混入しないように徹底的な対策がなされています。例えば、牛子も着用していた作業衣は、手首、足首は、ゴムできっちり隙間がない状態となっています。また、工場内に物を持ち込めないようにポケットはありません。


17082342.jpg

 頭部においても、マスクは勿論のこと、帽子も徹底的に、髪の毛などの異物が混入しないように考えられています。


17082344.jpg

 マスクの下の帽子は首元で終わっているのではなくて、胸の方まで覆われている作りとなっており、その上から作業衣を着用する徹底振りです。


17082345.jpg

 また、工場に入る前には、写真のような掃除機を使って、異物を吸い取ります。吸引口には、生地を叩くローラーがついています。


17082346.jpg

 その先には、ジェットでゴミを飛ばす装置があり、実際に体験することが出来ました。

 工場の中は、生産ラインと、梱包ラインに分かれており、特に生産ラインは、更に厳密に衛生管理がされているとのことです。


17082343.jpg

 ここから先は、撮影禁止ということで、言葉だけでの解説となりますが、ゴーグルを装着して製造過程が映像で流れるVR体験がありました。製造過程の映像が流れるのですが、興味ある方向にゴーグルを向けるとそこが見えるものです。

 そのVR体験を通して、次に実際の工場の製造ラインを上から、ガラス越しに見学出来ました。9月に新発売されるチーズも生産ラインを流れていて、とてもリアルに感じることが出来ました。

 また、製造ラインから、パッケージ化された商品が、運送用の箱にセットされ出荷されていく途中も見学することが出来ました。


17082347.jpg

 そして最後。最初にいた部屋に戻ってきて、牛乳についてのお話が始まりました。


17082357.jpg

 色々な飲み物に、カルシウムがどれだけ含まれているかを確認するクイズがあったり。


17082359.jpg

 予想は最初からついていましたが、牛乳が一番だということは分かっていても・・・。


17082360.jpg

 まさか、こんなことになろうとは・・・と思ったり。


17082353.jpg

 牛乳から、色々な製品が出来ていることを学び。


17082354.jpg

 とても重要なことですが、牛乳を作る乳牛は、いつでもお乳が出るのではなくて、牛乳が必要な子牛がいるお母さん牛しか出せないことを教えて頂きました。

 お母さん牛は、人間のために牛乳を作っている訳ではありません。赤ちゃん牛のために作っている命のめぐみを、人間は分けて頂いているんですよ。だから、牛乳なんて嫌いとか、残しちゃおうなんてことでは駄目なんですとお話下さいました。


17082350.jpg

 人の骨は、死ぬまで破壊と再生を繰り返しています。だから、年齢を重ねてもカルシウムを摂取し続けなければならないのです。そのことは、僕の知識の中にもありましたが、今回、初めて知ったのは、上の写真です。

 赤丸で囲まれた部分をご覧下さい。

 16歳になって、やっと完成する骨の部位があるなんて。

 小学生高学年ぐらいで、骨は完成すると勘違いしていました。


17082321.jpg

 大体の流れは、こんな感じでした。とても盛り沢山で、全てをご紹介しきれませんが、当日のお写真とお客様アンケートから、ご紹介させて頂けたらと思います。


17082303.jpg

・楽しく体験させて頂きました。ありがとうございます。

・工場もゆっくり見学ができ、とても楽しかったです。


17082315.jpg

・子供にも出来る料理だったので親子で楽しめました。

・料理は手軽で美味しかったです。


17082318.jpg

・内容が盛りだくさんでしたが、子供も料理を作ったり、見学したりと飽きない内容で楽しく過ごせました。

・心のこもった企画をありがとうございました。


17082325.jpg

・楽しかったです。いい思い出になりました。

・また参加したいです。


17082348.jpg

・料理教室と工場見学が一緒で、とても充実した時間を過ごせました。

・家庭でも是非、作ってみたいレシピでした。


17082358.jpg

・楽しく参加させて頂きました。ありがとうございました。

・レシピは、子供でも簡単に出来てよかったです。


17082349.jpg

・うちでも作れそうなレシピで良かったです。

・温かいチーズのパン料理は、とても美味しかったです。


17082326.jpg

・スタッフの皆様の説明が楽しく、分かりやすかったです。

・オレンジジュースとヨーグルトの飲み物が少し酸っぱかったです。


17082368.jpg

・カルシウムについてのお話がとても良かったです。

・また、次回も参加したいです。


17082366.jpg

 内容がとても盛りだくさんで、時間配分や進行の計画など、大変だったと思います。親子料理教室は、各メーカー様のご協力のお陰で成り立っているのですが、お子様達の笑顔が、その成果だと思います。

 返り際に、この案内を見つけて、細やかなお気遣いに頭が下がる思いでした。ありがとうございます。
posted by ワイズマン at 18:07| 千葉 ☀| Comment(0) | 親子料理教室 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月08日

夏休み親子料理教室「親子で学ぶ! 楽しむ! コーヒーセミナー」

17082202.jpg

 2017年8月22日(火)にUCC上島珈琲株式会社による『親子で学ぶ! 楽しむ! コーヒーセミナー』が開催されました。それでは、当日の様子をご紹介致します。


17082201.jpg

 今回の内容は、昨年に引き続き2回目となります。

 会場である東京都港区新橋にあるUCCコーヒーアカデミー東京校は、講義室、ショールーム、ティスティングカウンター、ロースティングルームからなり、各種セミナーや、本格的にコーヒーを学びたい方へのカリキュラムが実践されています。


17082208.jpg

 今年も講師は、UCCコーヒーアドバイザーの中平さんにご担当頂きました。


17082204.jpg

 UCCコーヒーアドバイザーは、社内資格ですが、合格率は数%という超難関。生産地の知識から抽出技術までを学んだ、コーヒーを通じてお客様の最大満足を作り出す人材を育てるための資格で、社内のみならず世界標準の資格になるものを、と考えて設計されているそうです。


17082214.jpg

 教室を見渡すと、色々なコーヒー器具や設備の他に、コーヒーの木もありました。


17082206.jpg

 教室のカリキュラムは、コーヒーについて学び、続いて美味しいコーヒーの淹れ方、アレンジレシピの実践でした。


17082205.jpg

 教室の内容は、昨年と同様でしたので、こちらをご覧下さい。

 コーヒーの知識を学ぶDVDでは、コーヒーを育てる環境や工夫、収穫したコーヒー豆をチェックするコーヒー鑑定士、そして日本の工場に届いてコーヒー豆が焼かれて(焙煎)し、コーヒーの美味しい淹れ方を学ぶところまでが、UCCコーヒーアドバイザーの方も、学ばれているところです。


17082209.jpg

 コーヒーについての学びが終わり、いよいよ楽しみのコーヒーの美味しい淹れ方を学ぶ時間となりました。お子様のご参加ということもあり、カフェインレスコーヒーを使いました。


17082216.jpg

 インスタントタイプに幾つか種類がありますが、まず、最初に実演して頂いたのが、ドリップタイプ(一杯抽出型)のコーヒーの淹れ方です。

 コーヒーカップの上にセットして、お湯を注ぐだけで簡単にドリップコーヒーが楽しめるのですが、コーヒーカップの上にセットされている場合と、写真のように抽出されたコーヒーに浸かっている状態で淹れるのでは、味わいに差が出るそうです。

 ドリップバックが浸かることで深みやアロマが出やすい淹れ方が出来ます。お湯に浸けて抽出するということではなく、お湯に浸かっている状態の時間があるだけで、一般的な抽出時間では、雑味などの成分は抽出されません。


17082217.jpg

◆美味しいコーヒーの淹れ方◆

 コーヒー1杯分 (コーヒー粉 約12g、お湯 160cc)

 @お湯20ccを、中心から静かに注ぎ20秒蒸らします。

 A続いて1回目は、お湯80ccを「の」の字を描くように静かに注ぎます。

 B2回目は、お湯40cc、3回目はお湯20ccと注いだお湯がドリップされたら、「の」の字を描くように注ぎます。合計160ccのお湯が注がれたら完成です。


17082221.jpg

 ペーパーフィルターをドリッパーにセットする場合も、コーヒーの美味しい淹れ方は同じです。


17082224.jpg

 今回は、美味しいコーヒーの淹れ方を実践したほか、コーヒーをデコレーションするアレンジ(ホイップクリームを入れたり)も楽しみました。


17082225.jpg

 こちらは、お客様が、ホイップクリームとチョコレートでデコレーションされたものです。


17082227.jpg

 次に実践したのが、缶コーヒーを使ったアレンジレシピにです。1つの缶コーヒーを、3回に分けて3種類の楽しみ方を教えて頂きました。


17082229.jpg

 1品目は、ミルクを注いだコップに氷を入れて、氷にかかるように静かにコーヒーを注ぐというもの。ミルクコーヒーですが、氷を通して注ぐことで、冷やされ、また、比重が異なるため、静かに注ぐと2種類の色に分離されて美しいです。飲むときは、攪拌してから頂きます。


17082231.jpg

 2品目は、無糖紅茶とコーヒーを混ぜるというものです。僕も実際に飲んだのですが、複雑な味わいで正直無いかなぁ〜と思いましたが、毎日飲んでいると美味しく感じるかもしれません。今までに飲んだことがない味わいなので、不思議な味でした。


17082233.jpg

 そしてラストの3品目は、「簡単シェカラート」です。

 UCC BLACK無糖 リキャップ缶375gの半分ぐらいが残った状態に、クラッシュした氷を直接入れて、今回は黒糖を入れました。作り方は、簡単。材料をいれてキャップをしめたら20秒ぐらい良く振るだけです。


17082232.jpg

 バーテンダーみたいでカッコいいですね。お子様達も楽しそうにシェイクしていました。


17082236.jpg

 全てのアレンジコーヒーを楽しんだ後に、商談中のギャラリーを皆さんと見学しました。この日は、ちょうど検定試験の最中で、タイムウォッチ、監視官?が数名という状況でピリピリした空気の中、真剣に受験されている様子も拝見させて頂きました。

 それでは、当日のお写真と、お客様のレポートをご紹介致します。


17082219.jpg

・おいしいコーヒーのいれ方を教えて頂きありがとうございました。

・家族でおいしいコーヒーを作ってあげようと思います。


17082238.jpg

・また機会があれば参加したいです。

・丁寧なご説明をありがとうございました。ショールームの見学も大変良かったです。


17082235.jpg

・色々なものでアレンジすると、また違う味わい方が出来て良かったです。

・色々な体験や勉強が出来て、とても参考になりました。ありがとうございました。


17082226.jpg

・開始時間を14時ぐらいにして頂けると嬉しいです。

・色々な種類のものを混ぜてアレンジコーヒーを作るのが楽しかったです。


17082240.jpg

・コーヒーと紅茶をミックスしたのが美味しかったです。

・とても楽しく、美味しく頂きました。


17082241.jpg

 コーヒーについて学び、最後に美味しいコーヒーの淹れ方まで実践し、とても充実した時間だったと思います。最後に、お土産として、当日、焙煎したコーヒーのお土産も頂きました。
posted by ワイズマン at 18:15| 千葉 ☁| Comment(0) | 親子料理教室 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月22日

夏休み親子料理教室『親子で楽しむコーヒー教室』

2017081901.jpg

 2017年8月19日(土)に味の素AGF株式会社様による『親子で楽しむコーヒー教室』が開催されました。早速、当日の様子を振り返りたいと思います。


2017081902.jpg

 当日は、以下の流れで進行しました。

 1.コーヒークイズ

 2.ハンドドリップしてみよう!(コーヒーの美味しい淹れ方)

 3.つくって、食べてみよう(カルボナーラ)


2017081907.jpg

 まずは、コーヒーに対しての知識を学びながら、クイズを実施しました。


2017081908.jpg

 クイズの難問は、お父さんとご相談。

 クイズを終えた流れで、二番目の『ハンドドリップ』へと授業は移りました。


2017081910.jpg

 『ハンドドリップ』とはその文字の通り、手を使ってお湯を注いでコーヒーを淹れる方法です。


2017081927.jpg

 美味しいコーヒーを作るには、全ての工程でベストを尽くさないといけません。コーヒーの味を変える要素としては・・・。

 ・品質の良い豆であること

 ・焙煎(コーヒー豆を焼くこと)が上手に出来ていること

 ・焙煎した豆を用途に合わせた正しい挽き方(粉にすること)

 ・コーヒーを淹れる器具

 ・お湯の温度

 ・お湯の量

 ・お湯を入れるスピード

 などなど、美味しいコーヒーを淹れるといっても、色々な要素を成功させないといけません。


2017081913.jpg

 先生からは、器具についての説明や、ペーパーのセットの仕方、コーヒーを蒸らしてから、更にお湯を注ぐやり方などを教えて頂きました。


2017081911.jpg

 四苦八苦しながら、美味しいコーヒーの淹れ方に挑戦しました。普段、ご家庭で飲むコーヒーとの味の違いはどうだったでしょうか?


2017081932.jpg
 最後にカルボナーラ作りを行いました。コーヒー教室で何でお料理なの?と、ここで疑問が湧いてきたのですが、生クリーム無しで、美味しいカルボナーラを作ります。その時に登場したアイテムが『マリーム』です。


2017081946.jpg

簡単に作り方をご説明致します。

 @パスタ(200g)を茹でる

 Aベーコン(50g)を1cm幅にカットし、卵黄(1個分)と顆粒コンソメ(小さじ1)と混ぜておきます。

 Bフライパンにオリーブオイルを弱火で熱し、Aのベーコンを炒めます。香りがたってきたら火を止めます。

 CBのフライパンに牛乳(100cc)とマリーム(大さじ4)を入れ、余熱でマリームを溶かすように混ぜます。


2017081944.jpg

 こんな感じです。



2017081940.jpg

 D茹でたパスタとパルメザンチーズ(大さじ4)を加えて混ぜます。

 E器に盛り付けて温泉卵を割りいれて、ブラックペッパーを振りかけて完成です。


2017081936.jpg

 予想外だったパスタ作りも終わり、みんなでご試食の時間となりました。

 それでは、当日の様子を写したお写真と、お客様レポートの中から一部をご紹介致します。


2017081904.jpg

・とても美味しかった。楽しかったです。

・ティラミスがとても美味しかったです。(こちらは、スタッフが作り、ご試食としてお出ししました。)

・ためになる内容でした。お湯を使うので、子供が大丈夫が少し心配でしたが、集中していたので良かったです。


2017081924.jpg

・ハンドドリップは難しいと思っていましたが、思ったより出来ました。家でも、淹れたてのコーヒーは雑味もなく、美味しかったです。

・火を使う時間が短いので、子供も調理し易かったと思います。家でも作ってみたいそうです。


2017081912.jpg

・普段は、コーヒーには牛乳派なので、マリームなどは余りがちでした。今回、料理など、色々と使えることが分かり良かったです。

・初めは、コーヒー教室ということで、食事を作るとは思わなかったので驚きました。子供は、普段、コーヒーもパスタも食べないので、ちょっと心配していましたが、両方美味しいと食べていました。貴重な体験をありがとうございました。


2017081917.jpg

・コーヒーだけではなく、ランチ、デザートまで頂けるとは思いませんでした。是非、また参加したいです。

・マリームで簡単にカルボナーラが作れてビックリでした。友達にも話したいと思います。

・コーヒーの淹れ方も覚えられて、楽しい時間になりました。ありがとう御座いました。


2017081923.jpg

・子供と一緒にコーヒーを淹れたのが楽しかった。

・カルボナーラにマリームを使うと、少し軽めになって食べやすかった。

・コーヒーが苦手な娘につきあってもらって大好きなコーヒー教室に参加できて母は、満足です。


2017081935.jpg

・カルボナーラが食べられるなんで思っていなかったので、良かったです。

・カルボナーラは、とても簡単でしたので、これを機に娘が作ってくれたらと思います。


2017081933.jpg

・カルボナーラの完成度が高かったです。

・ティラミスも、とても美味しかったです。

・カルボナーラが簡単に作れてとても参考になりました。家でも作ってみようと思います。


2017081947.jpg

・コーヒーだけでなく、料理まで作れてとても楽しい時間を過ごすことが出来ました。

・コーヒー教室と思って来ましたが、料理教室もあり、親子で楽しめました。

・親子で夏休みの良い思い出になりました。来年もまた参加したいです。ありがとうございました。

 アンケートは、ここまでで終わりですが、お写真を沢山はって終わります!


2017081939.jpg


2017081931.jpg


2017081926.jpg


2017081922.jpg


2017081920.jpg


2017081919.jpg


2017081914.jpg


2017081929.jpg


2017081915.jpg


2017081916.jpg


2017081925.jpg


2017081918.jpg


2017081921.jpg


2017081928.jpg


2017081949.jpg


2017081905.jpg


2017081909.jpg


2017081950.jpg
posted by ワイズマン at 19:28| 千葉 ☁| Comment(0) | 親子料理教室 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月18日

夏休み親子料理教室『お家で簡単パスタ料理教室』

2017080401.jpg

 2017年8月4日(金)に日本製粉株式会社様による『お家で簡単パスタ料理教室』が開催されました。

 それでは、当日の様子をレポート致します。


2017080402.jpg

 まず、最初にパスタに関するお勉強と、パスタがどのように製造されているかをDVDを観て学びました。色々なパスタが、金型の口を変えるだけで、作られている様子など、楽しかったです。


2017080403.jpg

 パスタのお勉強でご紹介されたのが、材料の小麦粉についてです。

 小麦粉は、でんぷん、たんぱく質などの成分を含んでいます。中でもグルテンというたんぱく質は、小麦独自のものです。

 小麦粉に水を加えてこねると粘りと弾力性が出てくるのは、このグルテンのためです。グルテンの量が多く、質の強いものから順に強力粉、中力粉、薄力粉となっています。パンや麺などのいろいろな食品がグルテンの性質を利用してつくられています。

 ちょっと難しい内容も含まれていましたが、材料がどのように運ばれてきて、工場で管理され、どのようにパスタが製造されるか、また、梱包され出荷されるまでの流れを解説して頂きました。


2017080405.jpg

 お勉強も終わり、いよいよお子様達によるお買物体験の時間となりました。


2017080408.jpg

 他のお友達とグループ毎にお買い物をします。


2017080406.jpg

 今回、一番、お買い物で苦労していたのが「海老」でした。冷凍の海老を買うのか、生のお刺身用を買うのか、どちらでしょうか。「頭がついている方がかっこいいよ」 「煮たら冷凍海老だって赤くなるんだから大丈夫」といったような意見交換がなされていました。グループによって購入した海老も違っていました。


2017080410.jpg

 親子料理教室で、初めて会場で出会ったお子様同士が、距離が縮まるイベント?が、このお買い物です。皆さんの様子を眺めていると、自然にリーダーとなるお子様、慎重にお買い物が間違えないか確認しているお子様、まわりの空気を盛り上げようとするお子様など、色々な個性が見えて楽しいです。5分前までお話をしたこともないお子様同士が、お買い物をしただけで仲良くなっているのは、素敵です。


2017080413.jpg

 お買い物は、あっという間に楽しく終わりました。


2017080414.jpg

 お買い物も終わり、いよいよ調理の時間となりました。


2017080419.jpg

 最初にデザートのプリンを作りました。冷蔵庫で冷やすためです。


2017080426.jpg

 二品目は、パエリアのお米をパスタに変えた料理です。お米の代わりにパスタを手で折って使います。

 最初にパエリアの素になるソースをフライパンで沸騰させ、沸騰したら、折ったパスタの上に、具材を並べていきます。フライパンの蓋をして、中火にしてあさりの口が開いたら、パスタが柔らかくなるまで加熱し、蓋を外して水分を飛ばしたら完成です。


2017080431.jpg

 三品目は、お野菜たっぷりのペンネです。

 野菜を茹でてから、ペンネも加えて茹で、茹で終わったら、水分を切って、オリーブオイル、塩、こしょうで味を整え、粉チーズをふって完成です。

 このような感じで調理も終わり、ご試食をしました。

 それでは、当日のお写真とお客様アンケートから一部をご紹介致します。


2017080404.jpg

・楽しく1日を過ごさせていただき、ありがとうございます。参考になりました。

・包丁が怖がりながらも、注意深く切りました。


2017080411.jpg

・品数が思った以上にあって良かったです。

・子供たちがお買い物出来るのが良かったです。


2017080420.jpg

・子供には、プリンのカラメルが苦かったです。

・エプロンとコック帽、コックコートが格好良かったです。


2017080427.jpg

・プリンのカラメルソースが苦かったです。

・もうちょっと美味しく出来るコツを教えて頂きたかったです。


2017080430.jpg

・実際に工場を見学したいと思いました。

・ひとつずつ、作り方を見てから、直ぐに作るところが、子供にも分かり易くて良かったです。


2017080415.jpg

・普段、あまり食べない子供が完食していました!

・ドレッシングも試せて良かったです。


2017080435.jpg

・すぐ家でも作れそうなメニューでしたので、子供と思い出しながら、作ってみようと思います。

・塩、オリーブオイルの量で味が変わるので、事前に計量してあると良かったと思います。


2017080432.jpg

・参加出来て良かったです。ありがとうございました。

・お料理の先生が明るい方で楽しかったです。


2017080423.jpg

・味はとても良かったです。子供には量が多かったようです。

・初めての参加でしたが、とても楽しく参加出来ました。ありがとうございました。


2017080418.jpg

・色々な型で、キティーちゃんのマカロニやパスタが作れるなんて知りませんでした。

・みんなと作れて楽しかったです。


2017080428.jpg

・パスタでパエリア風にする料理を作ったのは初めてで、美味しかったです。こういうレシピもあるんだと感心しました。

・とても楽しかったです。プリンのソースがとても苦かったです。


2017080434.jpg

・小学校1年には、量が少し多かったです。

・パエリアがもう少し早めに食べたかったです。パスタがのびていた気がします。

・楽しいスタッフさんのお話が良かったです。


2017080429.jpg

 どうしても、調理の時間にグループ毎に差が出てきますので、パスタのように茹で具合が大切な食材は、食べ時が難しかったようです。例えば、全員のお客様の下準備が終わった時点から、講師の方の号令で一斉に茹で始めるとか、そういったことを検討しても良いのかもしれません。

 今回頂戴したご意見につきましては、次回以降に活かしていけるようにご協力下さった食品メーカー様とも共有していきます。
posted by ワイズマン at 20:27| 千葉 ☁| Comment(0) | 親子料理教室 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする