2016年10月06日

2016年3月食育レシピ『甘酒といちごのババロア』

2016031501.jpg

 食育のレポートが滞っておりました。申し訳御座いません。次回食育(10月18日)では、今まで食育活動をしていなかった店舗も実施するとのことですので、それまでに、出来るだけ食育レポートを更新したいと思います。

 という訳で、2016年3月の食育レポートです。

 食育レシピは、「甘酒といちごのババロア」と、「彩り花ちらし寿司」でした。


2016031502.jpg

 1店舗目は、葛西店です。

 今回のメインは、甘酒で作るババロアです。

 酒粕から作られる甘酒は、アルコール0%ですので、お子様にも安心してお召し上がり頂けます。いちごをミキサーでつぶして、甘酒、牛乳、生クリームを鍋に入れ、沸騰直前に火を止め、ゼラチンを入れて固めます。


2016031505.jpg

 こちらは、冷蔵庫で冷やしておいたババロアを、取り分けているところです。ミキサーで潰したいちごの種がババロアにしたときに見た目が気になったので、こして取り除かれたそうです。


2016031504.jpg

 トッピング用のいちごをスライスして。


2016031506.jpg

 取り分けたババロアの上にのせたら完成です。


2016031503.jpg

 もう一品の「彩り花ちらし寿司」は、炊き上がった十六穀ごはんに寿司酢を混ぜ、スライスチーズやハムを花形に切り抜き、錦糸卵で彩りよくしたものです。ご試食し易いように小さなおにぎりにして、ラップで包みました。


2016031507.jpg

 今回のレシピは、デザートも、お食事も彩りが綺麗でお花見にぴったりでした。

 それでは、葛西店のレポートから一部をご紹介致します。


2016031509.jpg

 ちらし寿司がとっても美味しくて。ラップのおにぎりもかわいくお花見弁当にも鮮やかでアイデイアが良かったと思います。

 おにぎりがとってもかわいくて大好評でした。「子供のお弁当やお花見にもいいし 参考にします。」
とのお声も頂きました。


2016031510.jpg

 甘酒が身体によいというのは、ほとんどのお客様もご存知でしたので、アレンジせずにそのままご試飲頂いても良かったと思います。

 2つのレシピとも、お客様にご好評頂いておりました。


2016031511.jpg

 続きましては、中葛西店です。


2016031512.jpg

 こちらは、お花見スタイルでディスプレイされていました。

 同じ「彩り花ちらし寿司」でも、2色に棲み分けすると綺麗ですね。


2016031516.jpg

 それでは、中葛西店のレポートからご紹介致します。

 ババロアは、生クリームを多くしてコクを出しました。ババロアの下のほうにいちごの種がかたまってしまいまったで、上の綺麗な部分を使いました。(皆さん、見た目が気になるようです。ババロアの色がほんのりピンクなので、いちごの種が目立ってしまうのかもしれません。)

 チラシ寿司はかわいいと評判でした。ババロアが「さっぱりしておいしいです。」とのご感想を頂きました。


2016031515.jpg

 今回は写真でも掲載しましたがお子様がおいしくババロアを召し上がって下さいました。あのような笑顔を見るとほっとしうれしい気持ちになります。(写真が見つかりませんでした。ごめんなさい。)


2016031517.jpg

 最後にご紹介するのは、瑞江店です。瑞江店では、毎回、店内に写真のようなPOPが並びます。


2016031518.jpg

 瑞江店は、ご試食の開始時間をわざと遅くして、夕飯のお買い物にご来店されたお客様にオススメしています。

 それでは、早速、瑞江店のレポートをご紹介します。


2016031520.jpg

 生鮮の岸チーフも手伝ってくれ全体で盛り上げられたことが良かったです。ちらし寿司は食べやすいミニおにぎりサイズにしました。

 前回同様、ご試食が好評。いちごババロアが特に好評でした。

 彩りちらしはご試食をお持ち帰るお客様も多かったです。

 ババロアは、お子様からも好評で笑顔で召し上がられていました。甘酒でつくる意外なところからお客様が興味を持って下さいました。


2016031519.jpg

 店長からは、次の様な感想がありました。

 個人個人の力量が高く役割りができています。阿久津チーフも率先してお客様へ薦めて試食を行っていました。丁寧な姿勢がお客様目線で見ているととてもよいと感じました。17時からのアルバイトも自然と活動に参加してくれています。お子様連れの方が立ち止まる事が多く会話も多い。全般的しっかりと定着しているのが分かります。これからも食の良さをしっかりアピールできるお店でありたいと思います。

 ご試食の時間が遅いため、昼間のパートさんではなくて、夕方からのアルバイトさんが食育活動に参加することになります。調理は、昼間のパートさん、ご試食はアルバイトさんと役割分担もしっかり出来ていて、また、お客様との会話が苦手だったアルバイトさんも、お客様の笑顔や、「ありがとう」「美味しかったわ」というお言葉に支えられて、自然にお話出来るようになったみたいです。店長の話すとおり、いつまでも、この一体感を守って欲しいと思います。
posted by ワイズマン at 16:16| 千葉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 食育 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月07日

2016年4月食育レシピ『新玉ねぎのスープ』

2016041901.jpg

 2016年4月の食育レシピは、『新玉ねぎのスープ』でした。

 春に市場に出回っている新玉ねぎは、収穫後すぐに出荷されるため、皮も薄く、実の水分が多くて柔らかいのが特徴です。今回、レポートするのは、西小中台店です。まるで新玉ねぎのように初々しい今年の新入社員が、初の食育参加の回となりました。

 今回は、新玉ねぎを、トマトソース、と固形スープの素、ベーコンと一緒に柔らかくなるまで煮込んだレシピでした。


2016041907.jpg

 売場をみると、同じように玉ねぎを煮込んだ商品がありました。こちらは、トマト味。


2016041908.jpg

 もう一品は、コンソメ味です。商品化されるほど、人気なんですね。


2016041903.jpg

 今回の食育レシピもう一品は、『新玉ねぎの梅かつお味噌和え』です。
新玉ねぎときゅうりを薄くスライスして、梅かつお味噌と合えただけの簡単レシピです。


2016041902.jpg

 二つの食育レシピ以外にも、今回の食材で作るレシピを紹介されていました。こちらは、「新玉ねぎの浅漬け」です。


2016041909.jpg

 もう1つは、「梅かつお味噌」を、白飯だけの焼きおにぎりと一緒にご紹介されていました。

 そして気になるもう一品は、『ほったらかしチャーシュー』です。


2016041912.jpg

 作り方は、こちらをご覧下さい。字が小さくてごめんなさい。

 要約すると、お肉と塩こうじ、醤油、しょうが、にんにく等をビニール袋の中に入れ、炊飯器の中に沸かしたお湯と一緒に入れて保温状態で放置するというもの。保温時間は、5〜6時間とのことです。


2016041904.jpg

 どこか懐かしいお子様ランチに出てくるような車の器にディスプレイされていました。


2016041906.jpg

 新入社員にとっては、初めてお客様と接する機会となった食育の日。緊張mしながらも、積極的にお声がけをしていました。


2016041905.jpg

 一方、店内はどうなっているのか覗いてみると、大盛況となっていました。食育コミュニケーターさんも、いつもより大勢の仲間と一緒に、活気があって良かったとレポートに報告されています。


2016041914.jpg

 最後にみんなで記念撮影。

 ワイズマンも新入社員の教官として同行していました。


2016041913.jpg
posted by ワイズマン at 09:00| 千葉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 食育 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年5月食育レシピ 『パパッとパンでのり巻』

2016051707.jpg

 2016年5月の食育レシピは、『パパッとパンでのり巻』でした。

 ごはんのかわりにパンで包んだのり巻です。すし飯と違い、パパッと出来ました。


2016051705.jpg

 ご試食用にのり巻をカットしました。断面もアスパラガスの緑とゆで卵の黄色の組み合わせが綺麗です。


2016051701.jpg

 もう一品は、『緑黄色野菜のゆず風味胡麻和え』でした。アスパラガスとほうれん草を茹で、ミニトマトと胡麻和えの素で和えるだけの簡単レシピです。


2016051706.jpg

 ご試食用に取り分けました。今回のレシピは、二品とも彩りが綺麗です。


2016051708.jpg

 見本用のディスプレイも終わり、いよいよご試食の開始となりました。


2016051710.jpg

 この日は、お天気が悪く雨でした。中々、ご試食をオススメしても、お客様がとって下さらない状況でした。


2016051711.jpg

 しかし、パンののり巻は珍しいこともあって、ご興味をお持ち下さるもいらっしゃいました。

 それでは、お店のレポートから、お客様のご感想をご紹介致します。


2016051712.jpg

 「見た目は普通ののり巻なのに、パンは珍しいですね!」

 「胡麻和え、ゆず風味もおいしいですね!」


2016051702.jpg

 今回、胡麻和えに使ったのはこちら。ゆず風味でさっぱりしています。

 すりごまなどの販売で有名な「真誠」さまの商品です。「真誠」さまと、子育て中のママたちが、協働で開発された商品です。ママたちの「家族にもっと野菜を食べて健康になって欲しい」「家族みんながおいしく食べられる味が欲しい」という二つの願いを叶えるべく開発されました。


2016051704.jpg

 一緒に配布されていたアレンジレシピ。ここにも「真誠」さまと、子育て中のママたちの想いが込められています。


2016051709.jpg

 今回のレシピ二品とも、本当に美味しくて、雨が降っていなければ、もっと多くのお客様がご試食されたのに・・・と少し残念な気持ちになりました。

 でも、食育コミュニケーターさん達の想いは、きちんとお客様にも伝わっていると感じました。

 それは、ご試食が終わり店舗を出たときのことです。


2016051713.jpg

 入口にあったイーゼルボードには、近隣の小中学校4校の名前がありました。


2016051714.jpg

 それは、学校給食の献立表でした。

 晩ご飯は何を作ろうか?悩まれたときに、こういったものがあると参考になります。17日は、アスパラのベーコン巻なんですね。(^.^)

 献立表を見ているだけでも楽しいです。

 ちょっとしたことなんですけど、入口にどうして設置したのか考えたときに、食育コミュニケーターさん達の優しさを知りました。
posted by ワイズマン at 17:05| 千葉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 食育 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月08日

2016年6月食育レシピ 『トマトと牛肉の焼肉サンド』

2016062101.jpg

 2016年6月の食育レシピは、『トマトと牛肉の焼肉サンド』でした。

 今回は、東砂店の様子をレポート致します。

 牛肉を、エバラ黄金の味を絡めて焼き、千切りキャベツとスライストマトをロールパンに挟んで食べるだけの簡単レシピです。


2016062103.jpg

 メインのレシピ以外にも、ミニトマトを使ったコンポートも登場。

 暑い夏を意識して、涼しさの演出です。


2016062104.jpg

 こちらは、アレンジレシピのミートボールとコーンのひまわり弁当です。黄金の味とトマトでご飯をリゾット風にしました。


2016062105.jpg

 ソーセージとコーンのひまわり弁当などのアレンジレシピもディスプレイされていました。


2016062102.jpg

 こちらは、もう1つの食育レシピ『ふわふわたまごのトマトスープ』です。


2016062111.jpg

 とても華やかなディスプレイが完成しました。


2016062115.jpg

 レシピだけではなく、食材のうんちPOPも丁寧に飾られていました。


2016062109.jpg

 実際のご試食は、このようにカットした形となりました。


2016062117.jpg

 スープのごも準備が終わり、いよいよ、ご試食の時間となりました。


2016062114.jpg

 それでは、店舗レポートから、一部をご紹介致します。

 当日の気温は高くはなかったですが、蒸し暑かったのでスープはぬるめでご提供しました。

 試食してくださったお客様のほとんどがスープを選ばれ、焼肉サンドをお勧めしてもなぜかご試食してもらえませんでした。食べにくそうに見えたのか、量の問題だったのでしょうか?


2016062108.jpg

 確かに食べ辛そうに見えたのかもしれませんね。

 ただ、ご試食いただいたお客様からは、次のようなご感想を頂きました。


2016062113.jpg

 「味はテリヤキバーガーみたいで、意外にパンに合っておいしいですね」とおっしゃっていました。


2016062118.jpg

 東砂店は、食育コミュニケーターさんが退社されて代わられても、食育の活動がきちんと継承されています。


2016062119.jpg

 準備も大変だと思いますが、本社で決めたレシピ以外にも、お客様が楽しまれるシーンをイメージして、飾りつけや、レシピのバリエーションを作られています。


2016062120.jpg

 この頑張りの原動力は何だろう? そんな疑問がふとよぎったのですが、
常連のお客様との会話を横で拝見していて、なるほど!と納得しました。

 でも、本当に今年は、雨の日が多いですね。食育コミュニケーターさんの報告書にも、本音がポツリとありました。

 「雨だと来店客数が極端に減ってしまうので、寂しいです。」

 僕も、そう思います。素敵な売場は、沢山のお客様にご覧頂きたいです。
posted by ワイズマン at 10:00| 千葉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 食育 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月13日

ワインセミナー「イタリア トスカーナ州 モンタルチーノの魅力」

2016100801.jpg

 2016年10月8日(土)にワインセミナー「イタリア トスカーナ州 モンタルチーノの魅力」が開催されました。

 久しぶりのワインセミナー、しかも、生産者の来日セミナーということもあり、直ぐに定員枠を超え、定員数を増やしての開催となりました。


2016100804.jpg

 まず、今回の生産者「バンフィ社」について、簡単にご紹介させて頂きます。

 アメリカでイタリアワイン輸入販売に行っていたマリアーニ家が、モンタルチーノ地区に大きな将来性を感じ1978年に設立されたのがバンフィ社です。ポッジョ・アッレ・ムーラの畑でワイン生産が始まった一方で、翌年は近郊のワイン生産者や大地主から土地を購入し、醸造所は温度や衛生管理を重視した設計で1984年に完成しました。

 バンフィ社では、ブルネッロ・ディ・モンタルチーノに使用されるブドウを一般的な『ブルネッロ』という呼び方ではなく、『サンジョヴェーゼ』としています。


2016100802.jpg

 バンフィ社の特徴は、絶え間ない研究精神にあります。

 @土壌分析
  所有地の細かな土壌分析とミクロクリマ(微気候)の統計をしています。自社畑が、29種類の土壌構成であることを発見し、さらに151に区分して、モンタルチーノのテロワールとブドウ品種の相性を確認しながら、ブドウ造りに取り組んでいます。

 Aクローン選抜
  推定180種類のクローンから、サンジョヴェーゼ種の特性をよく表現できる15のクローンを選別し、さらに自社畑のテロワールに最も適している3種類を選別。(JANUS(ヤヌス)10、JANUS(ヤヌス)50、BF30)この3種類を組み合わせて植樹しました。各クローンがもたらす特徴・個性を組み合わせることで、ワインにより一層の複雑さやバランスといった品質向上を目指しています。

 BHorizonシステムの導入
  容器自体である発酵槽の表面のオーク材からの微量の酸素とタンニンがワインによい影響を与える、という点に着目し、近年のステンレスタンク使用で利点とされる、プレス後の果皮や種の排除方法、温度管理、ルモンタージュなどをオーク製発酵槽でも実現すべく発酵槽の側面はオーク材、同槽の上下部面にはステンレスを導入しました。

 モンタルチーノは約400万年前、海底が隆起して形成された丘陵地帯で、70万年前まで活動していたアミアータ山の影響で、粘土石灰質、火山性岩石が組み合わさり、土壌はミネラルが豊富です。サンジョヴェーゼはこの土地に非常に適しているため、複雑さ、香り、威厳のあるしっかりとした骨格を持つワインとなります。


2016100803.jpg

 それでは、当日の様子を、お客様アンケートからご紹介致します。沢山のお客様にご参加頂いたため、アンケートを全て記載することは出来ません。そこで、ワインのティスティングに関わる内容を中心にご紹介させて頂きます。

・自分のブルネロへの疑問など、スッキリと味で理解出来ました。

・バンフィ・ブリュットは、もともとスパークリングワインが好きなこともあって、飲みやすく食事に合いました。

・ゆったりとした気分で試飲ができて、優雅な気分を味わえました。非現実的な時間で嬉しかったです。

・こんなにワインに味の違いがあるとは知りませんでした。

・とても勉強になりました。好みはアマローネですが、ブルネッロは男性的な印象でした。

・初めて参加しましたが、良いワインを試飲出来たことが、とても幸せでした。ありがとうございました。

・サンジョヴェーゼは苦手なイメージでしたけど、カベルネとのブレンドは、面白いと思いました。


2016100805.jpg

・もっと色々なワイナリーの言葉を聞きたいと思いました。

・後から出てきたサプライズのスムス トスカーナ 素晴らしかったです。おいしいいいいいいい!!

・イタリアの白は、あまり飲まないので、気軽な白も楽しませていただきました。

・好きなイタリアでしたので、大変興味深く、身近に感じました。本当にありがとうございました。

・色々な種類のティスティングが出来て楽しかったです。

・ロッソ・ディ・モンタルチーノは、軽いわりには余韻が残る好みのワインでした。

 また、こういったワインセミナーも開催したいと思います。
posted by ワイズマン at 16:39| 千葉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ワインセミナー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月24日

ワイズマート・伊藤ハム様 共同企画 『てぶらでBBQ(バーベキュー)』が開催されました

てぶら002.jpg

 ワイズマート・伊藤ハム共同企画てぶらでバーベキューが、10月15日(土)の大変お天気が良い日に開催されました。今年の夏から秋にかけては、すっきりとしたお天気の日が殆どありませんでしたが、この日は、お天気もとてもよく半袖でも良いくらのポカポカ陽気。

 まさにバーベキュー日和でした。


てぶら003.jpg


 遅れてくる方もなく定刻11時にスタートできました。

 挨拶もおわりバーベキュースタート。

 初めてバーベキューされるお子様もおり興味津々で網にお肉をのせていました。

 お父様はここぞとばかりにお肉を焼きます。やはり男は炭好きです。


てぶら004.jpg


 皆さんにお肉の特徴などを説明してまわりました。
 
 「いつも○○店を利用してまーす!」とお客様からお声がけ頂いたりもして、ご参加下さった皆さまが、ワイズマートヘビーユーザーとの事でうれしい限りです。中には、「ワイズマートが主婦の店の時から使ってるよ」とのお声も頂きました。ありがとうございます。


てぶら005.jpg


 バーベキューのお品書きは、
 ・アルトポーク豚バラ肉
 ・穀物牛のカイノミ
 ・ニュージーランドラムもも肉
 ・イベリコ肩ロース
 ・えび
 ・イカ
 ・野菜
 ・焼そば
 と盛りだくさんでした。
 お肉はワイズマートで買えるものをチョイス。


てぶら006.jpg


 ラム肉を食べたことの無い方もおり柔らかさと美味しさにおどろいていました。お店でもお買上げ下さるそうです♪

 焼そば用の鉄板が出てきた頃には皆さんかなりの満腹感。

 皆さんおなかいっぱいになり大変満足されてました。


てぶら001.jpg


 また、ご参加頂きましたお客様から、お礼のお手紙を頂戴しました。
 少しだけご紹介させて頂きます。

 まずは、お母様から
 
 「家族で楽しいひとときを過ごせました。御礼申し上げます。ラム肉おいしかったです。ふだん食べないので、よい機会をくださって感謝します。」

 お子さまから

 「おいしく、たのしくBBQを体験できました。ありがとうございました。」

 もう一人のお子さまから

 「10月15日のBBQのときは、おせわになりました。はじめてのBBQだったので、きんちょうしましたが、しょくざいがとてもおいしくて、元気がでました。中でも、とてもおいしかったのは、ふだんたべていない羊の肉のラムです。はじめて、しおこしょうでたべたし、炭火でやいたのはすごくおいしかったです。これからもよろしくおねがいします。」


てぶら007.jpg


 とてもご満足頂けたようで、僕たちも嬉しいです。また、このような機会をもてたらと考えておりますので、その時は、今回ご参加頂けなかったお友だちも、是非、ご参加して下さい。


てぶら008.jpg
posted by ワイズマン at 20:09| 千葉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月29日

ワインフェスタ2016秋 & 北海道フェア 開催中です

2016102922.jpg

 ワイズマート浦安本社5階多目的ルームにて『ワインフェスタ2016秋 & 北海道フェア』を、本日午後7時まで開催しております。

 開催前にちょこっと撮影して、会場の雰囲気をご紹介させて頂きます。早く、会場に行かないといけないので、簡単なご紹介となります。


2016102923.jpg

 ワインフェスタですから、ワインが中心なのですが、いつもブログ記事では、あまり深くご紹介しておりません。

 という訳で、今回は少しだけご紹介します。

 こちらは、ワイズマートブース いちおしワインです。コノスルという自然環境を意識したワイナリーのわずか3000本しか生産されなかったプレミアムワイン。しかもファースト ヴィンテージ。

 普段、コノスルのワインを飲まれている方でしたら、これはゲットするしかないかも。


2016102921.jpg

 こちらは、ハロウィンやクリスマスにぴったりのスパークリング。JPシェネは、少し曲がったボトルの形が特徴的なのですが、スパークリングの場合は、まっすぐなんですね。


2016102924.jpg

 こちらは、イタリアのレモンを使ったリキュール。とても綺麗。


2016102925.jpg

 そして、こちら。個人的に一番気になったのが、ラ・キュベ・ミティーク<赤>のスペシャルエディション。まさにハロウィンパーティー仕様のワインです。


2016102926.jpg

 右のオリジナルボトルと比べると、ラベルデザインだけでなく、コルクも変わっていることが分かります。手で開閉できるコルク(ヘリックスコルク)を使用し、コルクの持つワインらしさと、手で開けられる手軽さで、日頃のワインになじみのない方にも、お気軽にお楽しみ頂けるようになっています。このスペシャルエディションは、プレゼントにも最適だと思います。


2016102920.jpg

 という訳で、続いて、北海道フェアのご紹介に写ります。

 まずは、北海道フェアで毎回人気の「味噌量り売り」販売。寒くなってきたこの時期に、北海道のお味噌で作ったお味噌汁を是非、お召し上がり下さい。


2016102917.jpg

 こちらは、ワイン飲みにはたまらない、チーズのお試しセット。少しずつ6種類のチーズが愉しめます。会場のみで発表の衝撃価格ですから、売り切れ御免でお願い致します。


2016102907.jpg

 こちらも北海道フェア恒例の「西山ラーメン」。


2016102906.jpg

 茹でたてラーメンのご試食もございます。ちびっこにも大人気。


2016102908.jpg

 他にも、このようなおつまみの販売もございます。


2016102911.jpg

 こちらは、何でしょう? とても大きくてびっくり。

 ピザかなぁ〜と思って近づいてみたら、パリッとしたチーズなんです。試食させて頂いたのですが、とても濃厚なチーズの味が口の中いっぱいにひろがって美味しい。ワインにも合うと思いますが、お子さまも大好きです。


2016102909.jpg

 こちらは、くるみなどをコーティングしたお菓子。美味しいです。


2016102918.jpg

 その他、一見、北海道と関係あるのかなぁ〜と思ったホットケーキミックスには、北海道のかぼちゃを使ったチーズクリームグラタンがセットになっていたり。


2016102919.jpg

 しかし、北海道フェアに関係ない食材も発見!(笑)

 にんにく仕立てのすっぱい旨辛やみつきソースです。今、アメリカで大人気のソースだそうです。


2016102912.jpg

 こちらも、北海道フェアとは関係ない?

 ドルチェグストの宇治抹茶。昨年発売されて大人気。リクエストに応えて10月より期間限定販売となっています。


2016102901.jpg

 おっと、いい加減、北海道フェアに戻ります。

 こちらも、毎回大人気。北海道の即席らーめんです。本当に沢山の種類があってびっくり。観光地のみでの限定販売の商品もありますので、好みをスタッフの方に聞いてチョイスして下さい。8個買うと、おまけがつくみたいですよ。


2016102902.jpg

 毎回買えないので、今回は、休憩時間に買いたいと思います。


2016102903.jpg

 こちらは、北海道の日高根昆布を丸ごと練りこんだ旨みの強い万能調味料。炊き込みご飯を作ったり、ちょい足しして使ったり、色々と便利で、美味しくなります。


2016102904.jpg

 会場では、湯豆腐にちょい足ししてご試食頂けます。


2016102905.jpg

 レシピも書いてあるカタログもございますので、是非、お買い求め下さい。うどんにも、おでんにも良し。これからの季節の必需品です。


2016102914.jpg

 最後は、ワイズマートベーカリーのコーナーです。


2016102915.jpg

 今回は、北海道のかぼちゃを使ったハロウィンのパンをご用意しております。


2016102916.jpg

 個人的にオススメなのが、こちらのパン。北海道のかぼちゃと、小豆を練りこんだパンというよりは、ケーキに近い、柔らかく、しっとりとしたパンです。試食もございますので、是非、お召し上がり下さい。

 さて、ワインフェスタ2016年秋 と 北海道フェアは、本日、午後7時まで、東西線浦安駅徒歩1分のワイズマート本社5階多目的ルームで開催中です。お近くのお客様は、是非、お越し下さいませ。


posted by ワイズマン at 15:44| 千葉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ご連絡 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月31日

2016年7月食育レシピ 『彩りあざやか!夏野菜でつくるキーマカレー』

2016071902.jpg

 2016年7月の食育は、『彩りあざやか!夏野菜でつくるキーマカレー』でした。

 夏野菜とは、夏が旬で収穫される野菜です。旬の野菜は新鮮でみずみずしく、栄養にも富んでいます。夏の季節に収穫できる夏野菜は、強い日差しの下でたくましく育つだけの力を持っています。だから、夏の暑い時期を健康に過ごすために必要な栄養を豊富に含んでいます。


2016071901.jpg

 7月の食育は、浦安本店のレポートからご紹介致します。

 この日は、気温が高かったため、スパイスの効いたカレーはお客様からもご支持を頂き、試食は、早いうちになくなったそうです。


2016071904.jpg

 写真を拝見していると、お客様との距離感が近いものが多かったです。食育だけでなく、普段のお買物から、お客様とスタッフがコミュニケーションをとらせて頂いていることが伺えます。


2016071905.jpg

 お子様から大人の方まで喜ばれていました。

 お客様からは、「夏野菜の旨みが出ていてとても美味しい。」「色もきれいなので早速今晩作ってみます。」といったご感想を頂きました。また、ブルーベリー黒酢のミルク割りも好評でした。

 店長からは、セッティングから調理、試食まで新入社員がしっかり関わっており、頼もしく感じたそうです。また、試食で大活躍の寿司部社員にも感謝の気持ちでいっぱいでとのこと。

 新入社員の彼女は、以前、研修期間中に宅配サービスの配達にドライバーさんと同行して頂いたことがあります。ドライバーさんのお仕事の邪魔になってはいけないからと、たった1時間、5軒ぐらいの配達だったのですが、戻って来た時の表情が今でも忘れられません。配達の際にお客様から頂いた感謝のお言葉や笑顔に感動したのです。彼女からは、喜びの言葉、感動が伝わってきました。

 食育活動は、準備含めてとても大変です。時に試食をお断りされることもあるでしょう。でも、そういったことに凹むこともなく、彼女は、頑張っていけると思います。
posted by ワイズマン at 19:03| 千葉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 食育 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする