2008年07月02日

今年も「朝もぎとうもろこし」の時期がやってきました!

corn06.jpg

 昼夜の気温差が育てた甘い「とうもろこし」。

 新鮮なほど甘い「とうもろこし」を、7月5日(土)から、数量限定で販売致します。

 今年の「とうもろこし」が、どのように育ってきたか、その様子を少しだけご紹介致します。


corn01.jpg

 上の写真は、とうもろこし畑です。
赤丸で囲まれた部分が雄花で、黄色の丸で囲まれている部分が雌花です。


corn02.jpg

 こちらが雄花のアップの写真です。


corn03.jpg

 そして、こちらが雌花です。
とうもろこしの実になる部分が雌花なんですね。

 雄花から花粉が飛んでトウモロコシの実の先に出ているひげに付くと実がふくらみます。
ひげの1本1本が、とうもろこしの一粒一粒になるそうです。
僕も初めて知りました。


corn04.jpg

 そして、このひげが茶色くなった頃が食べ頃となります。


corn05.jpg

 7月5日(土)が1回目の販売日です。

 今年は、全部で5回の「朝もぎとうもろこし」の販売が予定されております。
それぞれの販売日に合わせて、一番おいしく、甘くなるように農家の皆様が考えて栽培して下さっています。


corn07.jpg

 当日の朝に収穫することから、出荷量も限定されてしまいますが、是非、この甘くておいしい「とうもろこし」を召し上がって下さいませ。


corn08.jpg

 当日収穫の為、お店によっては、入荷の時間が11時頃になる場合がございます。
posted by ワイズマン at 22:44| 千葉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | バイヤーのこだわり | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック