2008年07月28日

自然の恵み・オリーブオイル

08070202.jpg

 オリーブオイルセミナーが、7月2日に開催されました。それでは、大変人気の高かったセミナー内容につきましてレポートさせて頂きます。


08070211.jpg

 講師は、日清オイリオの中島さんでした。写真を撮ることがご趣味だそうです。イタリアやスペインなど、現地でご自身が撮影されたお写真を使われての講義は、ユニークな語り口と合わせてお客様からもご好評でした。


08070201.jpg

 それでは、具体的な内容に移ります。

 1.オリーブオイルのトリビア と 日本のオリーブ

 ・オリーブオイルは平和と知恵のシンボルとしてよく用いられます。国連旗では、世界地図を囲むようにオリーブの葉が描かれていますし、古代オリンピックでは、オリーブの冠がメダルの代わりでした。

 ・日本へ渡来したのは、安土桃山時代のこと。ポルトガルの宣教師により持ち込まれました。その後、明治末の試験栽培で小豆島のみで成功し、現在に至ります。小豆島では、42ヘクタールで93万トン生産されています。(平成13年のデータ)小豆島が地中海式気候だからこそ、可能としているのですが、生産量が増えません。これは、オリーブの木に実がなるためには、20年かかりますが、小豆島に10年に1度ぐらいの間隔で大きな台風がやってくるため、育たないからです。


08070205.jpg

 オリーブの代表的な産地は、スペインとイタリアです。この2つの産地の違いは以下の通りです。

・スペイン
 出来るだけ遅く収穫して、実を熟させる
 苦味や辛味は一般的に弱い
 栽培地域が限定されるため、栽培品種も幅が狭い

・イタリア
 出来るだけ早く摘んで、特殊なオイルを作る
 風味のバリエーションが多彩で幅広い
 苦味や辛味は強めだが幅が広い
 南北に長い国土のため地域によって様々な品種のオリーブが栽培されており、風味の多彩さに繋がっている


08070213.jpg

 また、オリーブオイルには幾つかの種類があります。

 オリーブは収穫されると...

 水洗い
  ↓
 すり潰し、練り込み
  ↓
 油と水を分離
  ↓
 ろ過
  ↓
 バージンオリーブオイル

 といった順序でつくられます。
 オリーブの実が収穫されてから、直ぐに絞るか、時間をおいてしまうかでオリーブオイルのレベル?が違ってきます。時間が空いてしまうと酸度が大きく(=痛んでいる)なってしまいます。

 バージンオリーブオイルは酸度の大きさによって次のように分類されます。

 エキストラバージョン(酸度 0.8以下)←新鮮!
 バージン(同 2.0以下)
 オーディナリー(同 3.3以下)
 ランパンテ(同 3.3以上)

 エキストラバージョン(は、オリーブ果実が持つ、フルーティな風味や辛味などが強く、使用したオリーブの品種や、産地の違いがはっきりしています。パンにつけたり、肉料理や魚料理の仕上げにさっとかけたり、野菜と和えたり、「生」で使い、風味を楽しむためのオリーブオイルです。

 また、バージンオリーブオイルを精製して、味や香りを無くしたオリーブオイルにエキストラバージンオリーブオイルを加え、風味付けしたオイルをピュアオイルと言います。風味はほのかに感じられますが、軽いの手軽に使えます。炒め物などの普段の調理にも手軽に使えるのが特徴です。

 また、色々な品種のオリーブを混ぜて造ることで、味わいの深いオリーブオイルが造られます。

 次回は、オリーブオイルのティスティングや、お料理についてレポート致します。
posted by ワイズマン at 09:00| 千葉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 各種セミナー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック