2008年09月16日

お酢料理教室(お酢の違い)

m08082808.jpg

 8月28日に夏休み親子料理教室第4弾「夏に負けるな!お酢すめレシピ」が開催されました。


m08082820.jpg

 当日の進行及び、お料理の先生をして下さったのは、ミツカン株式会社のにしでさんです。

 面白おかしくお話しながら、子供達の興味を引き出されていました。お料理の説明途中では、逆にお子様達につっこまれる場面もありましたが、にしでさんも結構、楽しまれているようでした。


m08082810.jpg

 ワイズマートでは、親子料理教室に限らず、ワインセミナー、スパイスセミナー、紅茶セミナー・・・など、これまでにたくさんのイベントが開催されてきました。

 どの会社様も、内容の選定、資料作成、進行リハーサル、食材等の準備など、大変、苦心されています。殆どが手作りだからです。でも、ミツカン株式会社様のお酢料理教室は、過去に開催されたイベントの中でも、ベスト3に入ると思います。

 その理由は...。

 まず、先日開催された「もんじゃ焼教室」を実際に見学されて、進行の問題点、注意事項、会場の雰囲気などの状況を把握されていました。

 事前準備の企画書は何度も見直しされ、最終的に第4版になっていました。

 そして、実際に開催された内容も、お子様だけでなく、大人も興味を惹く実験的?なサプライズが盛り込まれており、随所に色々な楽しみが、ちりばめられていました。

 素敵な親子料理教室を開催して下さり、心から感謝しております。当日の完璧な進行を拝見していて、準備のご苦労が伝わってきました。また、レポートが遅くなってしまったことを、お詫び致します。

 上手くお伝え出来るか分かりませんが、当日の様子をこれからレポート致します。


m08082809.jpg

 まずは、「クイズで酢(す)」(お酢についてクイズ形式で学ぶ学習会)が始まりました。

 当日の問題(全7問)をご紹介しますので、解答をお考え下さい。
 (解答は、最後にまとめてあります)

 ●第1問
  「お酢は○○でできています・・・」

  1.やくひん
  2.くだものやお米

 ●第2問
 「穀物から作ったお酢は・・・?」
 
  1.米酢
  2.リンゴ酢

 ●第3問
 「お酢をペットボトルに入れると・・・」

  1.とけてしまいます
  2.とけません

 ●第4問
 「お酢の成分は・・・」

  1.クエン酸
  2.酢酸

 ●第5問
 「お酢の機能として間違っているのは・・・」

  1.疲れをとる
  2.体をやわらかくする

 ●第6問
 「1日にとるといいお酢の量は・・・」

 1.バケツ1杯
 2.大さじ1杯

 ●第7問
 「次のうちお酢を料理に使うといいのは?」

 1.肉をやわらかくする
 2.油っこさをやわらげる


 以上で出題は終わりです。

 それでは、解答編です。何問出来たでしょうか?


 ●第1問「お酢は○○でできています・・・」の解答
  2.くだものやお米
  
 ラベルを見て下さい。「醸造酢」と書いてあるのが、穀物や果実から作られたお酢です。醸造酢以外に「合成酢」(氷酢酸または酢酸の希釈液に、糖、酸味料、化学調味料、食塩などを加えて作られるもの)があります。


m08082813.jpg

 ●第2問「穀物から作ったお酢は・・・?」の解答
  1.米酢

 米酢は、お米の甘味と旨みが生きているまろやかな味わいのお酢です。お寿司を作る時に最適なお酢です。もちろん、酢の物、合わせ酢、ドレッシング、マリネなど、幅広くお使いいただけます。子供達のティスティングでもおいしいと人気がでした。

 穀物からできているお酢には米酢、黒酢などがあります。


m08082814.jpg

 

 国産玄米だけを豊富に使用した毎日続けれられる黒酢です。旨み成分を豊富に含んだ、まろやかな味わいです。独自の醸造技術により、さわやかな酸味を実現し、くせの原因となっている成分を抑えた、飲みやすくお料理にも使いやすい黒酢です。

 米酢の後にティスティングしたためか、子供達からは「スッパッ〜」と言われていました。


m08082812.jpg

 果物から出来ているお酢には、リンゴ酢、白ワインビネガーなどがあります。

 りんご酢は、りんご果汁を主原料にしたお酢です。フルーティーな香りとライトな味わいは、お飲み物やデザートに使っていただくのに最適です。ハチミツを加えたバーモントドリンクや、果実を漬け込んだサワードリンクにしてお召しあがりください。ゼリーやマリネにもお使いいただけます。子供達によるティスティングでは、米酢と人気が二分していました。予想では、りんご酢が圧倒的人気だと思っていたので、少し意外でした。

 ●第3問「お酢をペットボトルに入れると・・・」の解答
  2.とけません

 お酢をペットボトルに入れてもとけません。


 ●第4問「お酢の成分は・・・」の解答
  2.酢酸

 このあと、お話するのは、全て「酢酸」の機能です。


 ●第5問「お酢の機能として間違っているのは・・・」の解答
  2.体をやわらかくする

 お酢を飲んでも体は柔らかくなりません。でも、色々な機能があります。

 代表的な機能として...

 ・物を腐りにくくする
 ・食欲アップ
 ・カルシウムを補給
 ・疲労回復をサポート
 ・血圧との関係
 ・コレステロールとの関係


 ●第6問「1日にとるといいお酢の量は・・・」の解答
  2.大さじ1杯

 毎日大さじ1杯とるといいことがたくさんあります。(♪ワンスプーン、ワンスプーン、ららららららら〜♪というCMに聞覚えありませんか?)

 そして第7問「次のうちお酢を料理に使うといいのは?」の正解は?


m08082811.jpg

 何事にも熱心で、好奇心に満ち溢れていた彼の答えは、「1の肉をやわらかくする」でした。

 でも正解は

 1.肉をやわらかくする
 2.油っこさをやわらげる

 両方ともお酢の機能でした。オチではないですけど、この解答を聞いて、彼が椅子からズリ落ちていたのを見逃しませんでした。


 お酢には、この他にも...

 ・くさみを消す
 ・色をあざやかにする
 ・素材の色を白く仕上げる

 などがあります。


m08082815.jpg

 クイズが終わり、子供達だけ参加のお酢のティスティングが始まりました。テイスティングされたお酢は、「米酢」、「黒酢」、「リンゴ酢」の3種類です。

 色を見ただけで「黒酢」は分かってしまいますが...。


m08082816.jpg

 最初は恐る恐るティスティングしていた子供達も...。


m08082819.jpg

 みんな夢中になっていました。最初にティスティングされた「米酢」は、結構人気が高く、「おいしい」という子もいました。しかし、次の「黒酢」で「すっぱっ〜」と苦笑いしています。


m08082818.jpg

 みんなが、わいわい楽しいお酢のテイスティング途中でも、にしでさんが詳しい説明を始めると、その表情が一変しました。好奇心が貪欲なんですね。


m08082817.jpg

 「黒酢」に懲りてか、最後の「リンゴ酢」を慎重にティスティングする女の子。


m08082801.jpg

 「リンゴ酢はおいしいね」「いや米酢の方がおいしいよ」

 いつしか同じお酢のティスティングという作業を通じて、子供達は仲良くなっていました。

 次回は、お酢を使ったお料理その1を、お届け致します。
posted by ワイズマン at 09:00| 千葉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 親子料理教室 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック