2008年10月02日

キノコの蒸し焼きナムル

08091613.jpg


 9月16日の食育提案メニューは、「キノコの蒸し焼きナムル」でした。

 蒸して調理することで、キノコなどのお野菜の栄養を損なうことなくおいしく頂けるお料理です。

 それでは、当日の食育活動を振り返ってみたいと思います。今回は、いつもとは違って、本店を中心に近いお店をまわってみました。


08091605.jpg

 最初にまわったのが、高洲店。

 旬の秋刀魚をメインに、食卓をイメージしたディスプレイがされています。


08091604.jpg

 今回のメニューは、キノコで有名なホクトさんの発案によるものです。ホクトさんのパッケージには、色々なキノコがキャラクターとして印刷されています。

 当日は、どのお店でも、このキャラクター達がディスプレイされ、活躍していました。小さなお子様にも、キノコに親しんでいただくためには、こういったキャラクターが必要だと思います。


08091603.jpg

 高洲店は、小さなお子様が多くご来店されます。そのため、ナムルの味付けを薄味にしたそうです。

 ご自身にも小さなお子さんがいらっしゃるから、そういった配慮が出来るのだと思います。ディスプレイにこだわるのも大切ですが、こういった心遣いは中々マニュアルで出来るものではありません。


08091601.jpg

 続いては、リニューアルオープン後、初めての食育活動となる浦安弁天店に行きました。

 本物の栗がディスプレイされていてびっくり。食育コミニュケーターさんが、ご自宅?からお持ち頂いたそうです。こういう栗が自分の庭でとれたら嬉しいですね。栗ごはんが毎日食べられます。(笑)


08091602.jpg

 食事バランスガイドのバランスコマを首から下げて、お客様にご試食をおすすめしていた食育コミニュケーターさんです。とても自然にお客様とお話されているのが印象的でした。


08091607.jpg

 今回は、旬の食材をサイドメニュー提案されているお店が多くありました。旬の食材の一つは、さつまいもです。

 弁天店では、さつまいものスイートポテトがディスプレイされていました。


08091628.jpg

 こちらが、スイートポテトのアップの写真です。

 売場でみたときは、どこかで買ってきたものだと思いました。でも食育コミニュケーターさんが、ご自宅で作ってこられたそうです。特別に1つ頂きました。

 「さつまいも」そのものの味が口に広がって、どこか懐かしい味がする美味しいスイートポテトでした。ご馳走様でした。


08091616.jpg

 続いては、南行徳店のディスプレイです。きのこご飯に、ハンバーグにもきのこのソテーが添えられていて、きのこ尽くしです。きのこは、1袋の中に結構な量が入っていますので、一つのメニューだけだと中々、使いきれません。このように上手く活かせると無駄が無くなりますね。


08091622.jpg

 そして、キノコのキャラクター達のディスプレイです。南行徳店では、エリンギくん、ブナピーちゃんといった感じで、名前のご紹介をしていました。


08091633.jpg

 この写真は何でしょうか?

 実は、前日の9月15日に瑞江店の店長から、「是非、お昼の12時に来て下さい。」と電話がありました。

 食育レポートは、次回に続きます。
posted by ワイズマン at 09:00| 千葉 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 食育 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック