2008年10月19日

旬の秋刀魚をペペロンチーニ

2008091056.jpg

 パスタ料理教室の四品目「旬の秋刀魚をペペロンチーニ」のご紹介です。

 ●材料(二人前)

 マ・マープレミアムブレンド 200g
 青の洞窟ペペロンチーニ    1人前x2袋
 秋刀魚               1尾
 絹さや               8枚
 イタリアンパセリ         適量
 唐辛子               2本
 ケッパー              適量
 松の実               適量
 白ワイン              大さじ1
 オリーブオイル          適量
 塩                  適量
 あらびき黒こしょう        適量
 小麦粉               適量


2008091015.jpg

 「青の洞窟」シリーズは、本場イタリアのおいしさを追求したコンセプトのパスタ&パスタソースブランドです。

 ぺペロンチーニは、香辛料を増やすことで、より複雑な味わいと、エクストラバージンオイルの香りが引き立つおいしさに仕上げられています。

 当日、会場には、パスタソースは全て手作りされているというお客様がいらっしゃいました。その方が、藤木先生に「どのようにしたら、おいしいぺペロンチーニソースが出来ますか?」という質問をされていました。

 ぺペロンチーニは、にんにくとオリーブオイル、肉厚で甘みがあり辛さの弱い唐辛子、そして茹で汁で作るソースとパスタを絡めた単純な料理です。材料が少なく、簡単に出来ますが、その分、素材の選別、下処理、火の通し方から仕上げに至るまでが難しく、料理人の力がストレートに出てしまう料理です。先の質問の藤木先生の回答は、「難しいことは言いません。青の洞窟ペペロンチーニを使って頂くのが一番おいしく作れると思います。」でした。


2008091051.jpg

 手順@ 秋刀魚は食べやすい大きさにカットし、塩、あらびき黒こしょうをかけ、小麦粉をまぶします。


2008091053.jpg

 こんな感じです。


2008091054.jpg

 手順A @の秋刀魚を、オリーブオイルで両面とも焼き目をつけます。(さんまは皮側から焼きます。)


2008091055.jpg

 手順B フライパンの油をよく切り、白ワインを大さじ1程度入れさらに炒めます。ワインのアルコールを飛ばします。

 手順C この中に、青の洞窟ペペロンチーニを加えてよくあえます。

 手順E 唐辛子を2本(種を抜いたもの)入れます。

 手順F ケッパーを10粒程度入れます。

 手順G ゆであがったスパゲティ、松の実、絹さやを入れ炒めます。

 手順H お皿に盛り付け、イタリアンパセリ、松の実で彩りよくし完成です。

 藤木先生がおっしゃるには、お料理は見た目も大切。ソースがお皿からはみ出ていたりするとかっこ悪いですけど、パセリや松の実は豪快に料理が活きているように盛り付けることが重要だそうです。

 パスタ料理教室のレシピのご紹介は、今回で終わりです。先生の実演の後、お客様がご試食されましたが、ここで終わりません。4チームで4種類のパスタを分担して作り、それをお客様全員で取り分けて食べました。

 その様子と、お客様がご自身で作られたパスタをご試食されている間に藤木先生が作られたデザートを、次回にご紹介致します。
posted by ワイズマン at 09:11| 千葉 | Comment(0) | TrackBack(0) | 各種セミナー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック