2008年10月25日

10月26日は、駅弁を販売します!

200810駅弁4.jpg

 10月26日(日)朝9時より、ワイズマート各店で駅弁を販売致します。数量限定のため、売り切れご免です。お早めのご来店をお待ちしております。

 駅弁っていいですね。その土地の産物を使って、おいしく作られたお弁当。包み紙や、容器にもこだわりがあって、家族で幾つかの駅弁を買って、中身を交換しながら色々と食べ比べたものでした。幼い頃、広島の田舎に帰省する際に新幹線の窓から流れる景色をみながら、食べたのも良い思い出です。当日は、お茶のポットや、冷凍みかんなども一緒に売られていました。ペットボトルが普及してからは、お茶のポットも見られなくなりました。


200810駅弁2.jpg

 ちょっとお話が横道にそれてしまいましたので、本題に戻します。上の画像は、あるお店に飾られていた案内です。


200810駅弁3.jpg

 お店によって販売される駅弁が変わります。お取扱いの内容は、お店の担当者がチョイスしています。

 数多くの駅弁のうち、特におすすめのものをご紹介致します。


2008ekiben01.jpg

 まずは、駅弁界の西の横綱。富山県と言えば「ますのすし」と言われるほど有名です。


2008ekiben02.jpg

 続いては、ワイズマート初登場の「勝浦鰹のたたき漬け 炙り盛り」です。

 2007年秋にJR20周年記念駅弁の千葉駅版として登場。千葉産コシヒカリのごはんに、鰹のたたきを漬けにして炙って盛った駅弁です。付け合わせには佐原名産「いも茎佃煮」、館山名産「玉黄金らっきょう」が入っています。千葉県の美味しさが込められたイチオシの駅弁です。


2008ekiben03.jpg

 陶器の釜に入った秋の味覚がいっぱいの駅弁です。松茸、舞茸、甘エビなど盛りだくさんです。


2008ekiben04.jpg

 仙台を代表する有名駅弁となりました。それだけでなく、全国駅弁大会でも人気ベストテン上位に入っています。

 仙台名物の牛たんと麦飯のお弁当。紐を引くと「シュー」という音と同時に湯気が立ち込めます。この状態で7〜8分待てば、熱々弁当の出来上がりです。


2008ekiben05.jpg

 北海道のカニ三種(タラバ、毛ガニ、ズワイ)が一同に会した豪華な駅弁です。

 2005年10月1日に登場、翌年3月31日までの期間限定駅弁でした。以前は、一つの弁当箱の中に3種のカニが混ざって入っていましたが、リニューアルされて3つに仕切られるようになりました。どのカニが一番おいしいのか食べ比べしてみたのですが、どれも美味しく優劣がつけられませんでした。


2008ekiben06.jpg

 2本並んだ穴子が仲の良い夫婦のようです。

 厳選した穴子を秘伝のたれでやわらかく煮詰めた風味豊かな一品です。付け合せに、骨せんべいが入っています。ご自宅でお召し上がりになる際は、少しレンジアップするとふっくらおいしくいただけます。


2008ekiben07.jpg

 日本人の殆どの方が、一度は召し上がられているのではないでしょうか。目なしダルマを容器に形どり、スープで炊いた御飯の上に山菜を中心に、若鶏の照焼や芝エビの塩ゆでなどが並べられただるま弁当です。

 食べ終えた容器は、貯金箱になります。我が家にも1つ貯金箱として使っています。この容器が欲しくて購入しました。


 他にもたくさんの駅弁がお待ちしておりますので、朝9時にお越し下さいませ。
posted by ワイズマン at 15:43| 千葉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ご連絡 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック