2009年01月07日

はんぺんでつくる簡単伊達巻 その3

08121621.jpg

 12月の食育の日「はんぺんでつくる簡単伊達巻」レポートその3です。

 最後は、幕張本郷店です。

 幕張本郷店も、今回、どうしてもみてみたいお店の1つでした。

 その理由は、年末にワイズマート全店で展開された「年神様」のポスターや小冊子に登場するキャラクターのデザインをしてくれた女性が、食育コミニュケーターをしているお店だからです。

 また、昨年12月に全店で販売させて頂いた「とん吉」みかん、このみかんを最初に見つけた八百屋さんも、このお店にいるので、色々とお話を伺いたかったからです。

 前置きが長くなってしまいましたが、一番上の写真をご覧下さい。

 幕張本郷店の食育ディスプレイです。ピンクや、黄色のPOPがところ狭しと貼られていて、天井近くまで掲示されています。


08121623.jpg

 掲示されているPOPには、おせちのイラストと共に、各お料理に込められた意味が説明されています。


08121622.jpg

 正面だけで納まらないためか、横にも回り込んでPOPが掲示されています。


08121624.jpg

 これらのイラストPOPを作成しているのは、八百屋さんの女性です。彼女の考える年神様像は、天女のような神様だったんですね。(年末に展開されたポスターや小冊子では、おじいさんの年神様を描いてくれました)


08121625.jpg

 かまぼこの飾り切りは、うさぎの顔の形をしたお皿に盛り付けられていました。幕張本郷店は、いつも、可愛いお皿やカップに盛り付けられているので、毎回、楽しみにしています。


08121626.jpg

 お店に着いた時間が、ちょうど、午後のご試食の準備中でした。

 すると、実籾店と同じく、小さな伊達巻を発見しました。

 そこで、実籾店で感じた疑問を尋ねてみました。回等の前に...


 まず、「はんぺんでつくる簡単伊達巻」のレシピをご覧下さい。こちらになります。

 このお料理は、フライパン一つで調理出来るところがお手軽でポイントです。でも、レシピの手順C説明文の上の写真をご覧下さい。蒸し焼きした時に、どうしても中心と外側で焼きムラが出来てしまっています。それだったら、ムラにならないようにフライパンの温度が一定の中心部分だけ使って小さい伊達巻を作ったらいけるかも? そのように考えたそうです。

 また、量が多すぎるので、伊達巻を半分に切って、お客様にご試食いただくように本部からは説明されていたのですが、半分に切ってしまうと伊達巻らしくない、この問題も小さな伊達巻なら解決出来るという結論になったそうです。

 ワイズマートの食育コミニュケーターさん達の凄いところは、自分たちで色々と考え、思い付いたアイデアは、直ぐに実行に移す行動力にあると思います。しかも、相談したわけでもないのに、別のお店でも、同じことを考えていることです。本当に不思議です。


08121628.jpg

 こちらはオーブンで焼く前のアップルパイ。パイシートにスライスしたりんごをのせ、その上にみりんシロップとバターをのせてあります。


08121627.jpg

 そして、こちらが副菜の「かぼちゃ煮」です。幕張本郷店では、国産かぼちゃと外国産かぼちゃの2つを1つのカップに入れるこだわりでした。

 そして、この光景をみていて、誰かが、「りんごのかわりにかぼちゃをのせてみたら美味しいかも?」と言い出すと...。


08121629.jpg

 直ぐに実行に移されました。

 かぼちゃの煮物を、細かく刻みます。


08121630.jpg

 続いてパイシートにのせて焼いて完成。


08121631.jpg

 僕も頂いたのですが、焼き芋のように甘くてホクホクして美味しいパイでした。

 美味しかったので、午後のご試食メニューに追加決定!

 パイシートは、何にでも応用出来る優れものだと改めて実感しました。


08121632.jpg

 かぼちゃパイのお蔭もあってか、ご試食も大盛況でした。食育コミニュケーターさん達もフル稼働しています。


08121633.jpg

 また、食育コミニュケーターさん達が、自信を持ってご試食をお薦めしている姿を拝見していて、調理中の会話が思い出されました。

 それはこんな会話です。

 「やっぱり、午前もやっているから、反省点が見えてきて、それを午後に活かせるのよね。」

 ただ同じことを繰り返していても改善されませんが、より良いものを作ろうという姿勢が、小さな伊達巻や、かぼちゃパイを誕生させました。自分たちで考えた自信のお料理だからこそ、胸をはってお薦め出来てるんだなぁ〜と改めて感じました。

posted by ワイズマン at 10:00| 千葉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 食育 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック