2009年02月02日

菜彩鶏のつくねと白菜の鶏塩鍋 その2

09012016.jpg

 「菜彩鶏のつくねと白菜の鶏塩鍋」の食育レポート その2です。

 3番目は、三ノ輪店でした。ご試食時間のお知らせが商品ケース上に貼られています。


09012017.jpg

 この写真のように、最初の通路のお野菜売場は、ずっと貼られていました。

 残念ながら、ご試食の時間では無かったので、その様子を見ることは出来なかったのですが...。


09012019.jpg

 三ノ輪店は、いつも決まった場所で開催されているので、ご提案コーナーを迷わずに探すことが出来ます。

 今回は、節分が近いということもあって、「恵方巻」や鬼のお面、お豆などが飾られていました。


09012018.jpg

 メニュー案内も、豆巻きのイラストです。


09012020.jpg

 こちらは、デザート。以前、ご紹介させて頂いた「豆腐のレアチーズ風ケーキ」のアレンジですね。旬のイチゴを使ったソースをかけるだけで、彩りもきれいだと思います。


09012021.jpg

 そして圧巻だったのが、豆巻きの様子を描いた立体?ポスターです。遠くからでは眺めただけでは良く分からないのですが...。


09012022.jpg

 椿や南天の造花や...


09012023.jpg

 豆まきする子供達の切り絵が飾られています。

 豆まきの掛け声は、「鬼は外!福は内!」。豆をまくのは、節分の夜ですのでお間違えなく。


09012024.jpg

 豆まきの先には、逃げている鬼の姿があります。こちらも切り絵です。


09012025.jpg

 本物の豆が、セロテープで貼られていて、妙にリアルで笑ってしまいました。

 しかし、どうして鬼は悪役なんでしょうね。子供の頃、「泣いた赤鬼」というお話を読んで、鬼がとても可哀想に思えるようになり、それ以来、豆まきはしなくなりました。(笑) おいしいのに、勿体無いという本音もありますけど。

 三ノ輪店も、いつかご試食時間に見たいと思っています。


09012029.jpg

 そして、この日最後が瑞江店でした。

 今回は、途中、秋葉原の電気屋さんで探し物があった為、あまり多くのお店をまわれなかったのですが、そういえば、どのお店でも試食しておりませんでした。

 瑞江店に到着した時、辺りは真っ暗でした。この湯気をみたら、試食を勧められるまま、自ら喜んで頂きました。


09012028.jpg

 寒い日のお鍋は、美味しいなぁ〜。でも、この隠し味は何だろう。直ぐに気が付いたのですが、手作りつくねにゆずが入っていました。食育レシピも、食育コミニュケーターさんのアレンジといいますか、家庭の味が入ってくるから、面白いです。


09012027.jpg

 具沢山のお鍋も完成しました。


09012030.jpg

 瑞江店でも、レタスは、食育コーナーで入れて煮たところで、ご試食をお勧めしておりました。

 ご試食が始まる前から、楽しみに待っている女の子もいたりして。子供の頃って、お買物についていくだけで何かワクワクしたことを思い出しました。

 ワイズマートの食育提案が、そういった懐かしい思い出の一つになってくれると嬉しいです。
posted by ワイズマン at 12:28| 千葉 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 食育 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック