2009年02月02日

2009年恵方巻 今年のこだわりは?

 いよいよ明日、2月3日は節分です。

 「節分=恵方巻」というぐらい、恵方巻もメジャーになってきたと思います。今年の恵方は、東北東。明日の夜は、この方角を見ながら、僕も食べようと思っています。(笑)

 恵方巻は、今では、スーパー、コンビニ、百貨店、お弁当屋さんなど、ほんと、色々なところで新たな商品開発や、アイデアを盛り込んで、皆さんが力を注いでいます。ワイズマートも、今年の恵方巻には、幾つかのチャレンジがあります。

 今日は、そのこだわりについてご紹介したいと思います。


海苔.jpg

 お寿司にとって海苔は命とも言えます。それだけに海苔選びは、とても重要で苦労が多いそうです。

 色々な産地のものを食べ比べする時も、巻いた直後、時間が経過してからなど、色、つや、味の比較を寿司のスタッフ全員の意見を確認して決めます。

 今年の恵方巻は、千葉県木更津産の海苔が選ばれました。江戸前寿司でも珍重された海苔の食感を是非、実感して下さい。


多彩巻菜の花.jpg

 そして、今年の一番のこだわりが、「菜の花」を入れた恵方巻です。上の説明にも書かれていますが、昨年3月から、菜の花入り太巻を販売しました。お客様からのご意見も参考にさせて頂きながら、改良を加え完成したのが、今年の「多彩太巻」です。(中巻サイズの「多彩恵方巻」と太巻サイズの「多彩太巻」は、同じ食材の恵方巻です。玉子の使い方が太巻の大きさに合わせて変えています。)

 房総の一足早い春の恵みを受けた菜の花。ふんわり赤玉玉子焼きの甘さとのバランスが絶妙でとても美味しい太巻になっております。

 その他、豪華な海鮮具材が人気の「海鮮太巻」、ふんわりした食感が女性に人気の「サラダ太巻」に加え、今年は「えびカツ太巻」が新登場します。


えびカツ太巻.jpg

 こちらが、「えびカツ太巻」の断面写真です。「サラダ太巻」の食感をえびカツと玉子サラダにアレンジした一品です。

 実は、昨日、新しい太巻の試食をしました。でも、これは明日販売されません。来年の恵方巻用に新しく開発したものと聞いて、一つの商品開発には、膨大な時間と、多くの苦労があることが分かりました。

 「えびカツ太巻」もいつから、開発されたのか気になります。

 
 また、中巻は、定番人気の「ねぎとろ」「ねぎとろサーモン」「いか納豆」「いか明太子」「あなごきゅうり」に加え「ずわいカニほぐし身」が新登場します。


ずわいカニほぐし身中巻.jpg

 こちらが「ずわいカニほぐし身」中巻の断面写真です。

 人気のアイテムはそのままに、新たなアイテムの登場がありますので、恵方巻本来の風習には反しますが、色々な種類を切り分けて、ご家族で食べ比べてみると面白いと思います。

 もしかすると、お客様のご感想や、ご意見から、新たなオリジナル恵方巻が誕生するかもしれませんので、是非、色々なご感想をお寄せ下さい。お待ちしております。

 
 ワイズマートの恵方巻は、お寿司の取扱いのない店舗でも、「多彩太巻」は、市川南店を除く各店で販売致します。詳しくは、2月3日のチラシをご覧下さいませ。
posted by ワイズマン at 20:46| 千葉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | バイヤーのこだわり | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック