2009年09月21日

親子でおいしい野菜スイーツ料理教室 その4

09082547.jpg

 親子でおいしい野菜スイーツ料理教室レポートその4です。

 お買物も終わり、いよいよ野菜スイーツ作りとなりました。


09082548.jpg

 バンドウ先生は、子供たちの心を鷲づかみにしていたので、お子さん達もノリノリです。


09082589.jpg

 一品目は、「野菜ムース」です。(レシピは、クリックすると拡大表示されます。)


09082549.jpg

 詳しい作り方は、レシピをご覧下さい。


09082550.jpg

 簡単にご説明すると、野菜ジュース(大さじ3)に粉ゼラチンを混ぜ、攪拌後、電子レンジで温めます。温め終わったら、残りの野菜ジュースとアイスを入れて良く混ぜ、冷やすだけで完成です。

 アイスだけでは、高カロリーですが、野菜ジュースを入れることでカロリーを抑え、さらに野菜もとれるスイーツです。


09082551.jpg

 レンジで温めている間にアイスを取り出します。


09082552.jpg

 結構、固くて苦労します。


09082553.jpg

 取り出した後は、潰して柔らかくします。


09082556.jpg

 そこにレンジで温めた野菜ジュースとゼラチンを混ぜたものを入れます。


09082554.jpg

 最初は、ゆるい状態なのですが...。


09082557.jpg

 ある程度、攪拌が済んだ後、容器に入れてそのまま見ていると...。


09082555.jpg

 冷やす前に、既に固まってきます。このままの状態で、傾けてみても、きちんと固まっていて流れませんでした。


09082562.jpg

 冷蔵庫で冷やし終わったら、アクセントにホイップクリームをデコレーションします。

 あまりホイップクリームをたくさんつけてしまうと、カロリーが高くなってしまうので、程々に。


09082582.jpg

 最後にミントを飾って完成。


09082563.jpg

 続いて二品目。「カラフル白玉」です。


09082588.jpg

 詳しいレシピは、この画像をクリックして下さい。拡大表示されます。


09082564.jpg

 白玉粉と野菜ジュースを混ぜて、ゆでるだけの簡単さです。


09082565.jpg

 白玉粉に野菜ジュースを少しずつ加え、耳たぶぐらいの固さになうように調整します。


09082566.jpg

 小さな玉を作り、平たくしてから、真ん中にくぼみをつけます。


09082567.jpg

 お湯に入れて、浮かんできたら30秒待ってから取り出し、冷水にいれます。


09082569.jpg

 小麦粉に入れる野菜ジュースを変えることで、カラフルな白玉を作ることが出来ます。


09082568.jpg

 今回は、各チーム毎に、全て違う野菜ジュースを使って頂きました。5つの色の白玉が完成します。


09082570.jpg

 最初は、パサパサとしているのですが、一度に野菜ジュースを入れてはいけません。少しずつ加えて耳たぶの固さにするのが成功の秘訣です。


09082571.jpg

 耳たぶを触りながら、もう一方の手でこねています。


09082572.jpg

 手のひら全体を使って、混ぜ合わせが終わったら...。


09082574.jpg

 白玉の形を作ります。


09082575.jpg

 混ぜた野菜ジュースの違いが、色の違いになっています。


09082576.jpg

 「まだかなぁ〜」

 白玉があがってくるのを待ちます。


09082577.jpg

 5つのチームが、作った5つの色の白玉。

 参加されたお客様で、全ての色を分配します。おやつの持つ役割。みんなで楽しく時間を過ごすこと。一人で全色作るのは大変ですが、みんな協力して作ることの喜び。野菜ジュースが違うと味はどう変わるのだろう、色は...と、色々な興味をお子さん達に与えてくれたようです。


09082578.jpg

 カラフルな白玉が綺麗で、嬉しくて仕方がないようです。バンドウ先生につきっきり。


09082579.jpg

 一方、男の子たちはどうしているのかな?と振り返ると、スタッフさんと談笑していました。

 お子さん達のテンションが高いのも、最初のバンドウ先生の掴みのお蔭です。


09082580.jpg

 5色のカラフル白玉粉。大きさも形も微妙に違いますが、そこが手作りの味。「この黄色は僕が作ったやつだよ。」そんな会話が聞こえてきます。


09082573.jpg

 「白玉にそえるメロン、バナナ、桃。これらのフルーツも僕たちが選んたものだよ。」

 シロップを入れて、カラフル白玉も完成です。


09082584.jpg

 いよいよ、ご試食となるのですが、バンドウ先生から、「いただきます」の意味についてのご説明がありました。

 今回使った、お野菜、果物など、全てが生きており、その尊い命を食べることで、私たちの命があること。お野菜や野菜を育て、収穫してくれた農家の方、お店まで運んでくれた人、綺麗に並べてくれたお店の人達、大勢の力があって食べられるのです。

 そうしたことに対して感謝の気持ちを込めて話す言葉。


09082585.jpg

 「いただきます。」の言葉の深さをかみしめながら、ご試食が始まりました。


09082586.jpg

 小さなお子さん達には、「カラフル白玉」がご好評のようでした。


09082587.jpg

 途中、普段、野菜ジュースを飲んだことのないお子さんが、自分から進んで、より大人向けの野菜ジュースにチャレンジして、最後まで美味しいと飲んでいました。


09082590.jpg

 また、洗い物は、お願いしていなかったのですが、「洗い物を手伝わせて下さい。」と志願されてきたお子さんもいらっしゃいました。

 普段からお手伝いしているのかなぁ〜と思っていたら、そうではないらしく、洗い方を教えながら僕も一緒にやりました。

 今回の親子料理教室は、ただ実習するだけでなく、色々とお子さん達に考えさせる何かがあったようです。


09082592.jpg

 「ごちそうさまでした。」の挨拶のあと、一人一人に修了証が手渡されました。


09082593.jpg

 男の子は、照れ隠しなのか、バンドウ先生とあまり目線を合わせないで、でも、嬉しそうに修了証を受け取っていました。それにしても、元気ですね。(笑)


09082591.jpg

 最後に、お客様アンケートから、一部をご紹介致します。

・パプリカを生で食べれたことが新鮮でした。パプリカの色の変化も良く分かりました。白玉も、色で味が違って面白かったです。家でも作りたいと思います。

・以前にワイズマートのお料理教室に参加したお友達にすすめられて子供の野菜嫌いを少しでも無くせたらと思い、参加しました。子供は、好き嫌いが激しく、特に野菜が嫌いなので、ミキサーにかけるなどしています。(お母様)

・楽しかった。おいしかったから。自分で作ったから。(お子様)


09082560.jpg

・野菜(なす、ピーマン)が苦手なので、一口でいいから食べなさいといつも言っています。でも、子供は、野菜ジュースが大好きで、私は苦手です。

・普段から脂質を減らすこと、いろいろ工夫しています。買物の時も脂質を必ずチェックします。野菜ジュースを使った蒸しパンなども食べてみたいです。

 ホットケーキ作りの際は、水かわりに野菜ジュースを使っていました。特に野菜生活は、ほぼ全種作りました。

・白玉をこねるのは難しかったけど、ゆでて色が綺麗でした。(お子様)

・食の細い子供と肉好きの主人、カロリーが気になる私。食事のバランスや品目を多くとることを心掛けています。野菜ジュースは手軽でいいですね。普段は、ただ飲むだけでした。先生も親切で分かり易く教えて下さり、ありがとうございました。(お母様)


09082561.jpg

・トマトや人参など赤の野菜は良く食べるが、緑の野菜は苦手です。ジュースを使ったお菓子レシピをたくさん知りたいです。また、このような企画があれば、是非、参加したいです。今日はとても楽しかったです。ありがとうございました。

・料理に興味を持ち始め、夕食などのお手伝いをしたがっているので、丁度、よい機会だと思ったので、応募しました。(お母様)

・お母さんがいなくても買物が出来たことに自身がつきました。ムースを作ることが楽しかったです。(お子様)


09082559.jpg

・今回のような教室で、商品の紹介をしてもらえたことで、今まで手にとらなかったものも知る事が出来ました。

・飲む以外の野菜ジュースの活用法が知りたかったので、参加しました。

posted by ワイズマン at 09:00| 千葉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 親子料理教室 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック