2010年01月05日

新年明けましておめでとうございます

100105.jpg

 新年明けましておめでとうございます。今年も、昨年同様ワイズマートを宜しくお願い致します。

 さて、ワイズフォーラムでは、これまでに食育活動のご報告やお客様イベントのレポートをさせて頂きました。今年もレポートは継続しながら、少し、新しいこと「食に関係する歳時記的なこと」をご紹介出来たらと思いました。

 最初のテーマは、「春の七草」です。

 それは、2年前のことです。高洲店にいたころ、1月7日の夕方に「七草はありますか?」とあるお客様からご質問がありました。その時の八百屋さんに確認したところ「七草粥は、1月7日の朝に食べるものですよ。」とのお返事がありました。

 というわけで、今日は、「春の七草」についてご案内したいと思います。


 【春の七草】

 緑の乏しい寒中にとって食べ、邪気を払い、縁起を祝った中国の古い風習が日本にも伝えられ、春の七草になったといわれます。

 七草叩きといって、唱えごとをしながら七草を包丁でたたき、粥を炊き込みます。7日の朝、歳神様に供えてから家族で食べると万病を払うとされていました。正月のごちそうで弱り気味の胃を休めるという知恵から始まったという説もあります。

 現在では、鎌倉時代の『河海抄(かかいしょう)※注1』の歌に詠み込まれている7種類が春の七草とされています。

 この七草をいまの植物名に当てはめると、

 芹=セリ(セリ科)、
 なづな=ナズナ(アブラナ科)、
 御行=ハハコグサ(キク科)、
 はくべら=ハコベ(ナデシコ科)、
 仏座=コオニタビラコ(キク科)、
 すずな=カブ(アブラナ科)、
 すずしろ=ダイコン(アブラナ科)となります。

 ※注1 河海抄(かかいしょう)とは、室町時代初期に成立した源氏物語の注釈書です。「芹(セリ) なづな 御行(ゴギョウ) は こべら 仏座(ホトケノザ) すずな すずしろ これぞ七種」と詠まれています。

 ワイズマート各店では、七草セットを販売致します。是非、7日の朝にお召し上がり下さい。
posted by ワイズマン at 13:37| 千葉 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 歳時記的なこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック