2010年10月07日

ワイズマート9月の食育メニュー「さんまのらっきょう酢煮」 その2

10092119.jpg

 ワイズマート9月の食育メニュー「さんまのらっきょう酢煮」 のレポートの続きです。

 上の写真は、西船本郷店のディスプレイです。もうすぐハロウインということで、かぼちゃのパウンドケーキもありました。


10092120.jpg

 お店をまわっていると食育コミュニケーターさんからよく尋ねられたのが、さんまのカットでした。事前に調理したときに、どのようにしたら一番美味しく出来るのか、色々と試されたようです。他のお店の状況が気になる様子でした。


10092121.jpg

 ちょっと駆け足ですが、続いては、北国分店です。

 メインのらっきょう酢レシピ以外に、きのこご飯と、デザートがありました。


10092122.jpg

 お月見の切り絵と一緒にディスプレイされています。

 デザートだけ頂いたのですが、キウイフルーツとヨーグルトの酸味がよくあっていて、さっぱりと美味しかったです。


10092126.jpg

 次のお店は、北方店です。ちょうど、ご試食の時間でした。


10092123.jpg

 北方店のディスプレイは、食卓イメージになっています。


10092124.jpg

 次のお店があったので、言えなかったのですが、このきのこ汁は食べてみたかったです。お肉、里芋など具沢山でとても美味しそうでした。


10092125.jpg

 そしてウインナーの飾り細工。実は、前回の会議で伊藤ハムさんが、ウインナーを使って動物や、お花を作る講習を開いて下さいました。今回の食育レシピとあわせることが難しく、あまり実践されているお店はありませんでしたが、北方店には、うさぎさんとハートマークがありました。来月以降、色々なお店でも登場すると思われます。


10092127.jpg

 ご試食時間帯の食育は、ライブ感があって賑やかです。


10092133.jpg

 そして最後は、原木店です。今回のレシピも、原木店の食育コミュニケーターさん考案によるものです。

 お店に到着するのが遅くなってしまい、ご試食時間は終わっていましたが、片付けないで待って下さっていました。


10092132.jpg

 十五夜をイメージし、季節感を出したディスプレイも素敵でした。お月見団子の台も日曜大工の手作りだそうです。


10092130.jpg

 らっきょう酢のさんま煮、いも煮は勿論のこと、圧巻だったのが、らっきょう酢で出来るレシピの多さでした。


10092129.jpg

写真中央にある「カラフルマリネ」を始めとして、「かぶの千枚漬」、「切干し大根のはりはり漬」、「さわやかおしんこ」、「長いも漬」、「新生姜漬」、「2色なま酢」の合計7品がディスプレイされていました。


10092131.jpg

 また、実際に頂いて美味しかったのが、この「てり焼きチキン」です。こちらもらっきょう酢を使い調理しております。らっきょう酢のポテンシャルの高さは勿論のこと、原木店の食育コミュニケーターさん達の発想にはびっくりしました。


10092135.jpg

 折角ですので、レシピをご紹介致します。味付けも、塩を除いては、らっきょう酢だけですから、簡単で、失敗することもありません。是非、ご家庭でもお試し下さい。


10092134.jpg

 このPOPに、原木店の自信を感じました。
posted by ワイズマン at 09:52| 千葉 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 食育 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック