2011年12月22日

秋のオードブル&サンドウィッチ教室 その1

11112601.jpg

 2011年11月26日に株式会社ナガノトマト様による「秋のオードブル&サンドウィッチ教室」が開催されました。今年最後の親子料理教室の様子をレポート致します。


11112608.jpg

 全体の流れは、トマトに関しての授業、子供達だけのお買い物、調理実習、ご試食の順に行われました。


11112610.jpg

 最初の授業では、トマトに関するクイズがあったり。


11112611.jpg

 トマトのルーツが紹介されました。発祥は、アンデス山脈なんですね。アステカ、スペイン、ポルトガルと伝わった後、イタリアで食用と花開き、その後はあっという間に世界に拡がっていったそうです。


11112612.jpg

 また、生食用のトマトとジュース用トマトの違いを学びました。

 ちょっと写真が小さくて分かり難いですが、左が生食用のトマトの栽培方法です。垣根のように縦に育てる為、収穫量が多い反面、場所によってお日様のあたり方に差がでてきます。

 一方、右側の生食用トマトは、地面に這わせるように育てます。面積あたりの収穫量は減りますが、満遍なくお日様の光を受けることが出来ます。


11112613.jpg

 そして、ナガノトマトさんが開発されたトマト「愛果(まなか)」が、ご紹介されました。収穫後、直ぐに工場に運ばれ商品に加工されます。


11112614.jpg

 トマトジュースの作り方です。もっと色々と混ぜていると思っていたのですが、実は、トマトをそのまま搾って、缶に充填しているだけだったんですね。

 他に混ぜないから、トマトそのものの美味しさを追求することが重要で、そのために「愛果(まなか)」が作られたことが、このフロー図を見るとよく分かりました。


11112615.jpg

 そして、ここでトマトジュースのティスティングとなりました。通常のトマトジュースと、完全に食塩無添加でトマトだけのジュース、それと他社のトマトジュースの3種類をティスティングすることになりました。


11112616.jpg

 「どれがおいしかった?」「これかなぁ」そんな会話が所々で行き交っていました。


11112617.jpg

 トマトジュースのティスティングですが、においの違いもあるかもしれません。まるでワインのティスティングですね。


11112618.jpg

 ティスティングしながら、1つ1つの味わいや感想を、お母さんにお話されているお子様もいらっしゃいました。


11112606.jpg

 トマトジュースのティスティングに続いては、トマトケチャップのティスティングが始まりました。

 ジュースはともかく、トマトケチャップのティスティングをされたのは、初めてでしょう。食事ではなく、トマトケチャップそのものだけを、ティスティングします。


11112620.jpg

 しかし、これが予想外でした。お子様だけでなく、親御様達も「おいしい!」を連呼されています。あちこちでトマトケチャップのおかわりが始まりました。

 これには、ナガノトマトさんのスタッフの皆さんも思わず笑顔。予想外の展開でした。ナガノトマトさんのトマトケチャップは、正直、他社の商品と比べると高いと思います。でも、色々なお野菜がじっくり煮込まれて入っていて、なんともいえない甘みやおいしさを感じます。ご試食されたお客様も、同じ感想を持たれたみたいです。

 次回に続きます。
posted by ワイズマン at 17:21| 千葉 | Comment(0) | TrackBack(0) | 親子料理教室 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック