2012年07月03日

2012年6月の食育「仙台麩でふわふわボリュームゴーヤチャンプル」

120619001.jpg

 2012年6月の食育レシピは、「仙台麩でふわふわボリューム ゴーヤチャンプル」でした。

 食育があった6月19日は、会津に有機野菜の産地視察に出かけていたため、お店の様子が分かりません。そこで、お店からのレポートと写真をもとに、東船橋店、船橋法典店、西小中台店の3店舗について、ご紹介致します。

 それでは、東船橋店からです。


120619002.jpg

 上の写真は、レシピメニューのディスプレイです。

 今回の工夫ポイントは、ゴーヤの苦味を緩和する為に、わたの部分をスプーンで根こそぎ?取り除き、水にさらしました。


120619004.jpg

 「ゴーヤ」というだけで、「いや!」という方がいらっしゃいましたが、完成した2品は苦味をあまり感じられないものになったので、食べていただきたいと思いました。

 おばぁの味(ゴーヤチャンプルの素)は我が家でも試してみたいです。ゴーヤの嫌いな者が家族にいるので、この方法で作ってみたいと思います。

 実際のレシピですが、小さなお子様がサンプル品を見つめていたので「食べてみる?」とチヂミを渡したら、キレイに召し上がって下さりました。他のお客様からも、チヂミにゴーヤが入っているのがわからないくらいとのご意見を頂きました。


120619005.jpg

 ゴーヤの苦手なお客様も召し上がって下さいました。

 中には、「夕食を変更して、今日はこちらを作ります。」と仰って下さったお客様もいらっしゃいました。


120619003.jpg

 「ゴーヤ」というと、どうしても苦味をイメージしてしまいますが、東船橋店では、その苦味を消す工夫に注力して成功したみたいです。チヂミのタレにもハチミツを加えるなどして、まろやかな味を目指したようです。小さなお子様にもご好評だった理由が分かります。


120619008.jpg

 続いては、船橋法典店のレポートです。

 ゴーヤの下処理に気を遣いました。(風味があってあまり苦くないようにワタ部分を取る事と、薄くスライスしました。)先入観で苦手という方もいましたが、普段自分から食べない食材を使ってのメニュー提案は良い事だと思いました。


120619007.jpg

 仙台麩を入れているところを強調して新しいゴーヤチャンプルーの提案が出来たと思います。仙台麩を初めて召し上がられたお客様からもご好評を頂きました。


120619006.jpg

 船橋法典店でも、ゴーヤの苦味をどう取り除くかということに注力されたみたいです。ゴーヤは、種とわたの白い部分を取り除くと、苦味も和らぎます。


120619010.jpg

 最後のレポートは、西小中台店です。

 工夫ポイントは、ゴーヤの苦味を少しでも無くしたかったので、わたをよく取り除きました。また、ゴーヤのを使ったチップもご紹介しました。そして、ヨーグルトを使い簡単に出来るアイスも作りました。


120619009.jpg

 ゴーヤは好き嫌いがはっきりしているので、あまり手を出して頂けないかと思っていましたが、意外に試食され美味しい仰って下さったので良かったです。

 ゴーヤをメインにチャンプルー、チヂミ、チップスを紹介させて頂いたので、「こういう食べ方も出来るのね。」とご感想を頂きました。1つの食材でたくさんのレシピの紹介はとても良いなと感じました。


120619011.jpg

 お客様からは、「家で作ったゴーヤチャンプルよりも苦くない。」とのご感想を頂きました。わたをよく取ると苦味が和らぐことをお伝えしました。
 
 小さい子供も何人かはゴーヤを召し上がって下さり、親御様も驚いていました。お子供が召し上がれば、の食卓にも選択の幅が広がるのではないかと思います。ゴーヤチップスは従業員にも好評でした。


120619012.jpg

 今回ご紹介させて頂いた3店舗では、いずれもゴーヤの苦味を消すことに力点が置かれたみたいです。でも、その工夫がお客様にもご支持頂けて、特に小さなお子様達に召し上がって頂けたことが、食育コミュニケーターさん達の自信にも繋がった回だったと思いました。
posted by ワイズマン at 15:22| 千葉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 食育 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック