2013年11月17日

青森のりんご産地視察に行って参りました

13102324.jpg

 10月23日は、青森にりんごの産地視察に行って参りました。その1週間前の16日は、台風のため、長野のりんご産地視察が中止となっていたこともあり、とても楽しみにしていました。

 それでは、当日の様子をレポート致します。


13102308.jpg

 まず最初にJA津軽みらいの平賀選果場にお邪魔致しました。


13102302.jpg

 選果場とは、農家さんから収穫されてきた果物の品質や形、色などを見極めて、等級毎に分けて出荷するところです。この日も、入口のところで、発泡の箱に入った「とき」りんごの出荷準備中でした。この「とき」は外国に出荷されるそうです。日本の果物は、特に品質が高くて美味しいと人気があり、益々、出荷量が増えていくことが予想されます。これは、りんごに限らず、他の産地の果物も同様です。


13102303.jpg

 奥に進むと分厚いビニールのカーテンがあり、その先には、美しいりんごが貯蔵用の箱に詰められてありました。マスクをしていても、りんごの甘い良い香りがしてきます。

 同行されていた卸し業者の方が、「マスクしていると勿体無いよ」と教えて下さったので、外してみると、とても幸せな香りで包まれました。まるで、りんごを食べているような気分です。


13102304.jpg

 こちらは、この部屋の様子です。人の大きさと比べると、貯蔵されているりんごの量がお分かりになると思います。こちらは一時貯蔵の部屋ですので、室温は低く設定されています。


13102309.jpg

 そして、上の写真は、併設されている、年越しして来年春以降に出荷するための、本当の貯蔵りんごの部屋です。写真では分かりづらいと思うのですが、この部屋全体に窒素で満たされています。簡単に言うと、りんごを冬眠させることでその品質を保っており、出荷する際にこの部屋から取り出します。

 但し、この方法には欠点があります。りんごを出荷するためには、部屋の扉を開けないといけません。ですが、そうなると全てのりんごを出荷しなくては、なりません。そこで、この倉庫には最新の設備が導入されました。お陰で、出荷したりんごの数量をコンピューターに指示すると、必要な量だけを取り出すことが出来るようになりました。


13102307.jpg

 次に実際にりんごを選別している作業場を見せて頂きました。


13102305.jpg

 まず、人の目で外見に問題ないかチェックして、問題ないりんごをレーンの上に乗せます。レーンの流れる先には、光センサーがあり、りんごの糖度や状態などを瞬時に選別します。


13102306.jpg

 光センサーを通過したりんごは、等級毎に自動で振り分けられ出荷されていきます。


13102310.jpg

 施設のご案内が終り、3種類の珍しいりんごをご紹介頂きました。それまで、沢山のりんごを眺めるだけでしたので、みんな大喜びでした。

 最初のご紹介されたのが、「千雪(ちゆき)」です。果肉をすり下ろしても色が変わりにくいという面白い特徴を持ちます。とてもジューシーで、香りもよく、甘味が強いおいしいりんごでした。貯蔵性があまり良くないので、収穫される10月中旬から年内ぐらいまでの時期のりんごとのことです。


13102311.jpg

 2つ目が「おいらせ」です。こちらは、幻のりんごだそうで、以前は、県内でごく少量生産される超貴重品種でした。今では人気品種の一つになり、県内ではもちろん、県外でも有名になりつつあるとのことでしたが、初めて見るりんごでした。蜜が細かく入って、甘味も強く、香りも食味も大変良いりんごでした。


13102312.jpg

 3つ目が、名前が可愛い「星の金貨」です。同じ青りんごに「金星」というりんごがありますが、青系りんごには、星をイメージするロマンチックな名前のものが多いですね。

 青りんごというと「王林」のように甘いりんごをイメージされるかもしれませんが、この「星の金貨」は、甘いだけでなく、酸味も適度にある大変、美味しいりんごです。果物は、りんごに限らず、糖度と酸味のバランスが良いものが、コクのある美味しさだと僕は思っているのですが、この「星の金貨」の美味しさは別物でした。


13102316.jpg

 ただ、珍しくて、美味しいりんごを試食させて頂いても、ワイズマートのお客様にその美味しさをお伝えすることは出来ません。これまでも、「しなのスイート」や「はれひめ」といった、その時期にしか食べることの出来ない美味しい果物が、沢山のお客様からご支持頂いてきているのです。そこで、ワイズマートのお店にて、販売したい美味しいりんごは何かありませんか?と尋ねたところ、それでは!とご案内いただいたのが、「名月(めいげつ)」というりんごでした。


13102314.jpg

 そこで、園地を見せて頂くことになりました。「名月」の園地は、この日、2箇所をご案内頂きました。最初に訪れた園地は、とても美しく管理された園地でした。地面の緑、りんごが柱に高く凛となっている光景は、ほれぼれするものがありました。


13102313.jpg

 写真からも、この園地の美しさが伝わってくると思います。


13102315.jpg

 「名月(めいげつ)」は、青系のりんごですが、ほんのり一部が紅に染まっています。「あかぎ」と「ふじ」の交配種として生まれたりんごで、あの「ふじりんご」以上といわれるほどの美味しいりんごです。元々は、群馬県でわずかだけ作られたことから、その存在は幻とも言われ、「群馬名月」の愛称で親しまれてきました。あれっ?やはり、星に関係する名前がついていますね。「月」ですから。


13102317.jpg

 「名月」は、びっくりするほど甘く、香りも素晴らしく美味しいりんごです。青りんごなのに、紅がさしているところが、見た目も珍しいです。


13102318.jpg

 みんな、この「名月」を食べる気満々でした。出荷1ヶ月前ですが、試食させて頂いたところ、本当においしい! 既に、色々なりんごを試食させて頂いたので、お腹もいっぱいだったにも関わらず、丸ごと1個完食です。


13102319.jpg

 「ふじ」を親にもつりんごのためか、蜜も入っています。青りんごで蜜が入っているなんて、それだけでびっくりです。みんな無口になって食べました。蜜は、全ての「名月」に入るわけではないとのご説明でしたが、この園地で頂いた「名月」には、全て蜜が入っていましたので、期待して良いかもしれません。

 こんなに美味しい「名月」は、是非、ワイズマートでも販売させて頂きたいと思いました。


13102320.jpg

 この「名月」の美味しさを再確認するために、もう1つ別の園地にお邪魔しました。こちらでは、りんご農家さんがいらして、貴重なお時間をさいて、色々と教えて下さいました。りんごを見る目が、まるで自分の子供たちを見るような優しいまなざしをされていたのが印象的でした。


13102321.jpg

 ご好意で、「名月」を試食させて頂いたのですが、その美味しさは確信へと変わりました。その後、色々と交渉した結果、ワイズマート全店にて、11月23日(土)から「名月」を販売させて頂くことが決まりました。是非、ご賞味下さいね。


13102323.jpg

 同じ園地には、「名月」だけでなく、「サンふじ」もありました。太陽の光を受けて、キラキラと輝くりんごは、本当に美しかったです。果物というよりも、何かのアートを見ているような気分でした。


13102325.jpg

 そして、試食。本当にお腹いっぱいなのに、美味しいから不思議です。天候にも恵まれ、大きな被害もなかったとのことです。以前、ご紹介させて頂いたつる割れも少なく、今年は、とてもよい状況とのことでした。


13102327.jpg

 そして、この園地でも、「星の金貨」を発見。農家さんのお話によると、「名月」よりも栽培がとても難しい品種だそうで、中々、一般には出すことが出来ないとのことでした。

 ご好意で、「星の金貨」も試食させて頂きました。そうしたらどうでしょう。当日、色々とご案内下さったJA津軽みらいの鳴海さんには、申し訳ないのですが、この園地の「星の金貨」は、農協で頂いた「星の金貨」よりも数段おいしい! 園地の空気がより美味しく感じさせてくれているのか、それとも・・・。

「星の金貨」についても、ワイズマートで販売出来ないか、バイヤーが頑張って交渉させて頂いているのですが、生産量が少ないということもあり、チラシ掲載は厳しそうです。でも、少量だけ、お店に並ぶかもしれません。その時は、ほど良い酸味もある青りんごは珍しいですし、個人的には、「名月」の上をいくと思いました。偶然出会えたら、是非、ご賞味下さいませ。


13102328.jpg

 最後に。

 青森の園地が、過去20回も農林水産大臣賞を受賞されたそうです。その記念の看板を撮影していると、まわりで遊んでいたお子さんたちがやってきました。「チラシに掲載するかもしれない写真を撮っているのだけど、どう、一緒に写る?」と尋ねると、各々が思いのポーズをとり満面の笑顔。最後に「ありがとうございました。」と、帽子をとって深々と一礼して下さいました。こちらこそ、「ありがとう」と。とても清清しい気持ちになったのは、共選所で作業されていた皆さん、鳴海さん、園地の農家さん、皆さんが、大変、気さくに話しかけて下さって、その温かさが伝わったこともあるのですが、こういう風土で育つりんごが、おいしくない筈はないと確信したのは、子供達の笑顔に出会えたことだと思います。本当にありがとうございました。

 当日のりんご視察の様子を、スマートフォンでかざすと動画でご覧頂ける予定です。是非、楽しみにお待ち下さい。
posted by ワイズマン at 20:17| 千葉 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 産地視察 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック