2014年05月09日

夏休み親子料理教室 「色々なお酢を使おう親子料理教室」

13072705.jpg

 お久しぶりとなります。親子料理教室のレポートです。今年も、もうすぐ夏の親子料理教室の募集が始まる予定です。出来れば、その前に全部、レポートしたいのですが、ちょっと厳しそうです。出来るだけ、ペースアップしてレポートしていきますので、今年の申し込みの際のご参考になれれば嬉しいです。

 それでは、2013年7月27日に開催されましたミツカン様による「色々なお酢を使おう親子量教室」のレポートを致します。


13072701.jpg

 ミツカン様は、毎年、親子料理教室を開催して頂いております。講義部分は同じですが、毎年、違ったレシピをご紹介されており、そのバリエーションの多さには驚きです。


13072703.jpg

 まず、最初は、講義の時間です。「クイズで酢」という軽いダジャレで始まります。


13072706.jpg

 スタートはダジャレですが、内容はとても充実しています。大人でも知らないかもしれないラベルの見方とお酢の分類や特徴について学んだり。


13072707.jpg

 お酢を飲むと体が柔らかくなるの? ペットボトルに入れると容器は溶けちゃうの? みたいな疑問がクイズ形式で進行します。


13072708.jpg

 講義が終わると、利き酒ならぬ利き酢体験が始まります。

 お酢をそのまま飲むことに若干の抵抗と、興味が半分。色々な感情が、お子様の表情からも伝わってきます。


13072709.jpg

 撮影している側としては、このお子さんのような表情を狙っているのですが、お酢のおかわりをされるお子様もいらしたりして楽しいです。


13072713.jpg

 利き酢が終わったら、次は、お店で食材のお買いものです。この日、初めて出会ったお子さま同士が、みんなで協力してお買い物されている光景は、本当に微笑ましく思います。


13072714.jpg

 こちらは、お会計済の商品を袋に詰めているところですね。会話内容は分かりませんが、お子様達の中で何か話しながら、直接、商品に触れていないお子さんも、一緒の仲間として参加している様子が伺えます。


13072711.jpg

 お買い物が終わり、いよいよ調理実習のスタートです。当日、教えて頂いたのは、さとう先生です。


13072716.jpg

 料理実習を始めたばかりは、先生とお子様達の距離感は、これぐらいでした。


13072717.jpg

 ところが、時間が経過するにつれ、その距離はどんどんと近くなり、また、お子様たちの目の色が変わってきます。


13072719.jpg

 先生のご説明が終わり、各テーブル毎に調理が始まりましたが、写真のようにお友達と協力し合って臨みます。


13072725.jpg

 1つの調理だけでなく、色々な料理も、みんなお友達と一緒。全部僕たち、わたしたちで作ったんだよ〜!という声が聞こえてきそうです。


13072720.jpg

 他のお友達も、みんな協力して調理をしています。


13072731.jpg

 特にみんなが熱く燃えて頑張っていたのが、このお寿司です。


13072729.jpg

 ひっくり返したときに、外れやすいように、カップにラップを敷きます。次に錦糸卵を敷いて、酢飯ご飯や具材を重ねていきます。


13072730.jpg

 こんな感じです。


13072727.jpg

 ひっくり返したら、その上にトッピングするのですが、トッピングは、お子様達のセンスが活かされる場所です。どうしても、大人だと綺麗にまとめようとしてしまうのですが、お子様の頭の中は自由な発想に満ち溢れており、1つとして同じトッピングにはなりません。


13072735.jpg

 こちらのお子さんは、サーモンの握り寿司が好きなのかもしれませんね。たぶん、海老も大好きなのでしょう。手前に敷かれた錦糸卵は、波をイメージしたものでしょうか?


13072741.jpg

 こちらのお寿司は、少し高学年のお子さんが作られたのかもしれませんね。中央のサーモンは、薔薇の花を意識されているのでしょう。ブロッコリーは、葉をイメージして配置されています。また、撮影した時は気付かなかったのですが、写真を良く見ると、ミニトマトに、花のような切り込みが入っています。お花に対してのこだわりを強く感じます。


13072726.jpg

 今回、写真を振り返ってみて感じたことは、皆さんが本当に楽しそうにされていること。こういう楽しさや、幸せって、その空間の中に伝染していくものです。だから、写真にも、きちんと残っているのでしょう。これは、ミツカン様が、一生懸命、事前の準備をされ、また、どうしたら楽しく喜んでくれるだろうか?と、レシピ内容と工程を検討して下さったお陰だと思います。本当にありがとうございました。

 最後に、お客様のお写真とレポートの一部を振り返っていきたいと思います。


13072744.jpg

・初めて参加させて頂きましたが、親子共々楽しくクッキングが出来て本当に良かったです。どの料理もとってもおいしく、これからの暑い夏を乗り切るのにぴったりだと思いました。本当にありがとうございました。

・子供にも分かりやすく楽しかったです。


13072738.jpg

・ケーキのお寿司は、作るのも楽しく、見た目も豪華で楽しめました。

・お酢が体に良いことはわかっていますが、毎日とるのは難しいです。もっとレシピを教えて下さい。


13072739.jpg

・クイズ形式だったので、子供にも分かりやすい授業でした。

・火を使わないメニューで危なくなくてよかったです。

・お寿司は子供も大好きで、型抜きも楽しそうでした。


13072736.jpg

・とても美味しかったので、ケーキ寿司をお祝いの日に作ってみたいと思います。

・お酢から、簡単にチーズが出来てびっくりしました。全部の料理がおいしかったです。また参加したいです。

・こどもたちも楽しそうに作っていました。


13072740.jpg

・子供が苦手なお酢でしたが、少しでも好きになってくれたらいいなぁ〜と期待して参加しました。

・お酢を使ったドリンクバーは楽しかったです。飲むだけなら、健康に良いお酢も、毎日続けられそうです。

・もともとお酢は好きですが、より身近に感じられた教室でした。ありがとうございます。


13072737.jpg

・子供がすっぱいものが苦手で、家でもギョーザぐらいしか、お酢を使いませんでした。これからは、もう少し活用していきたいと思います。

・初めて参加させて頂きました。とても楽しかったです。おいしく、お買い物体験もさせて頂けて良い経験になりました。

・知らないことも、お友達と協力して出来ました。お酢のこともよく分かりました。


13072743.jpg

・子供もとても喜んで楽しい時間を過ごせました。お酢の試飲もありがたかったです。

・苦手な食材にチャレンジしてみたり、なじみのあまりない料理を教えてもらったり、いい機会となりました。今日、教えていただいたレシピを、早速作ってみようと思います。


13072722.jpg

・お酢の種類、使い方など知らないことがいっぱいありました。

・料理の実習は、1品毎に丁寧に説明して下さり、都度、すぐに調理に入ることが出来て良かったです。また、講師の方が優しく教えて下さり分かりやすかったです。

・びっくりするほど、どのお料理もおいしかったです。


13072742.jpg

・今までお酢の料理をまったく作ったことがなく、今日のような素敵なメニューを知ることが出来て良かったです。今日の帰りに黒酢を購入しようと思いました。

・牛乳割りや、チーズを自分でも作りたいと思います!今回、とても楽しくて勉強になりました。ありがとうございました。

・お姉ちゃんが、小学生のときに参加させて頂きました(5〜6年前?)が、続いていて良かったです。


13072732.jpg

・準備や片付けまでありがとうございました。

・牛乳とお酢でカッテージチーズを手軽に作ることが出来るのは初めて知りました。家でもやってみます。

・実際に買い物が出来たのが楽しかったようです。


13072715.jpg

・家では、あまりお酢を使うことがなかったのですが、意外に色々な料理に使えることが分かり勉強になりました。

・また、このような機会がありましたら、参加したいです。ありがとうございました。

・お酢と牛乳でチーズが出来るのを初めてみました。是非、こんど、家でも試してみたいと思いました。


13072746.jpg

・お寿司や酢のもの以外で、お酢を使った食べ物や飲み物のバリエーションが面白かったです。ケーキ寿司も、子供たちはデコレーションを楽しんでいました。

・お酢の効用と、1日の摂取量が分かりました。

・我が家では、いつも、ミツカン酢、ちらし寿司の素を使っています。


13072721.jpg

・親子で楽しく過ごせました。ありがとうございました。

・小さな子供が多かったので、あきるのでは?と思いましたが、みんな目を輝かせて楽しんでいて良かったです。


13072723.jpg

 最後のお客様アンケートの一文が、全てだと僕も思います。

 どんなに幼くても、興味関心を持ったことに対しての真摯な姿勢は、とても美しいものがあり、あの集中力は、見習うべきものだと敬意をもっています。自分たちだけの力で、売り場で探してきた食材を使い、お友達と協力して作った料理がおいしくない筈がありません。ですので、僕は、どんなに幼くてもあきるかもしれないという心配はしておりません。また、お子様達は、僕ら大人に対しても、壁を持たないでダイレクトに気持ちを伝えてこられるので、真剣にキャッチボールを楽しみます。

 まだ、参加されたことのないお客様は、知らないお友達ばかりで大丈夫でしょうか?といったご不安もあるかもしれません。そんな不安も、お子さんたちの輝く目に出会ったら、払拭される筈です。是非、今年の夏休みは、子供たちのキラキラ輝く目に出会って下さい。
posted by ワイズマン at 20:39| 千葉 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 親子料理教室 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック