2016年12月14日

2016年10月食育レシピ 『あったかお鍋』

2016101801.jpg

 2016年10月の食育レポートです。

 今回のお題は、『あったかお鍋』でした。いつもは、食材を選定し、そこから複数のレシピを試作。そして会議で実際に試食してみてレシピを決定みたいな流れとなります。今回は、寒くなって来る季節に併せて、ワイズマートスタッフで選定した鍋1(ワン)グランプリのお鍋レシピから、ご紹介しようということになりました。

 また、いつもは、ご試食を実施していない店舗も、チャレンジしてみましょうということで、ご試食を初めて開催したワイズマート アトレ川崎店、赤羽アピレ店の様子を中心にレポート致します。

 ちなみに、上の写真は、アトレ川崎店のお鍋です。


2016101802.jpg

 最初は、アトレ川崎店のレポートです。

 初めての開催ということで、調理の方のお手伝いもさせて頂きました。予定通りにご試食開始となったのですが、お客様にどのようにお声がけしたら良いのか、照れがあったり、少し困惑しながらのスタートでした。写真の表情もちょっと不安気ですね。


2016101803.jpg

 緊張しながらも、懸命にお客様にお声がけをします。

 「ワイズマートの食育活動をしています。是非、お鍋のご試食をしておりますので、召し上がって下さい。」

 でも、中々、手にとっていただけません。


2016101805.jpg

 ところが、徐々に様子が変化していきました。

 「どうぞ、お召し上がり下さい。」

 「えっ? これ何なの?」

 「お鍋のオススメレシピです。温かくておいしいですから、是非、お召し上がり下さい。」

 「じゃあ、いただくとしようか。確かに美味しいね。これ売っているの?」

 「いえいえ、レシピのご紹介で、食材を販売させて頂いております。」

 「野菜とか切るのが大変なんだよね。この状態だあると嬉しいな。」

 そんな会話が聞こえてきました。

 表情が全然違っていることが分かります。


2016101806.jpg

 ご用意していたご試食の方も、どんどん無くなってきました。とても初めて開催した店舗とは思えません。


2016101807.jpg

 店長も、心配そうに様子を見ていましたが、ちょっと意外だったかもしれません。


2016101808.jpg

 店舗の報告書をご紹介します。

 今回初めての取り組みでしたが、50食分はほぼ全部お客様にご試食して頂きました。

 店長含めパート3名でお客様におすすめしましたが、自分もそうですが不慣れ感があり固かったですが、ご試食をすすめているうちに笑顔もでてきて初めての取り組みにしては手応えがあったように思います。
 初めはビール冷ケース横の鍋売場で試食を始めたがお客様が少なかったこともあり、なかなか試食が減らなかた為、場所をパン売場前に変更したことが良かったと思います。


2016101804.jpg

 報告書をみると、やはり同じ感覚でした。最初の緊張から、ご試食を召し上がって頂ける様になってからの笑顔は、全く違っていましたから。

 また、次回実施の際は、今回の反省点を見直して、更に良いものになると思います。


2016101809.jpg

 二店舗目です。

 この写真は、食育のディスプレイの様子です。


2016101810.jpg

 ディスプレイ全体の様子がこの写真。

 しっかり周りも、鍋食材で完璧にまとまっています。

 しかし、ご試食の様子の写真が・・・・

 ごめんなさい。

 アトレ川崎店での滞在時間がおしてしまったため、高田馬場店に到着した時は、もう、終わっていました。


2016101811.jpg

 お約束の時間に遅刻してしまい、申し訳ない気持ちで休憩室に行くと、お鍋が作られていました。

 「もう、終わっちゃいましたよ。盛況だったのに。」

 ただ、ひたすら申し訳ない気持ちで、12月にリベンジすることを約束して立ち去ることに。(笑)


2016101812.jpg

 流石にこれでは、レポートにならないので、高田馬場店の報告書をご紹介させて頂きます。

 休憩室で野菜をカットし、深めのホットプレートで調理。出来たものを休憩室にて小分けにし試食場所の風除室に持っていきました。水分が少なくなってしまうので、鍋つゆを1袋多く使用しました。

 試食用とディスプレイ用で食材の太さ・厚さを変えて切れば良かったです。(試食用だと細かったり、薄かったりで見栄えがしない)鍋だから簡単だと思い、作業開始時間を遅くしたが失敗。開始時間が遅れてしまった。通常通り10:00から始めることが反省点です。12時を超えてしまったため、昼食を購入されるサラリーマンのお客様のピークを逃してしまった。もっと段取り良く作業を出来るようにしなければなりません。

 お客様からは、「とってもおいしい!」「どの鍋でもクーポン券使えるの?」などなどお褒めの言葉多数。

 店長からは

 思ったより用意に時間が掛かってしまい、お客様のピークに間に合いませんでした。次回からはもう少し余裕を持って準備したいと思います。楽しそうに食育活動を行ってくれています。


 次回は、僕も遅刻しません。


2016101814.jpg

 3店舗目は、赤羽アトレ店です。こちらも、オープン以来、初の食育活動となりました。


2016101813.jpg

 調理は、全てデリカの作業場で実施しました。具財のカットは既に終わっていました。1回の調理で全部のご試食を作り切るのではなく、最初から2回に分けて調理するように準備されていました。


2016101815.jpg

 売場のディスプレイも完了しています。


2016101818.jpg

 しいたけの飾り切りもバッチリです。


2016101817.jpg

 鍋1グランプリのリーフレットもきちんと用意されていました。鍋1グランプリで1位をとったお鍋レシピのご試食ですよ〜!という点を、アピールします。


2016101819.jpg

 ここで1つ疑問が、ご試食中にもう1回分の調理をするということは、誰がご試食をオススメするの? 調理しながらは出来ないけど、どうするんでしょ? と思っていたら、ご試食開始と同時にパートの方がニコニコ笑顔で始められました。


2016101820.jpg

 赤羽アピレ店には、食育コミュニケーターのパートさんはいらっしゃらないのですが、お客様とのやりとりの様子を拝見しているとベテランの領域でビックリ。お一人では大変ですから、僕も、別のお客様にご試食をおすすめしたり、ご提案したりさせて頂きました。

 青果のパートさんだと分かったのですが、日頃から、お客様とこういう接客をされているんだろうなぁ〜と頼もしく思いました。実は、午前と僕が参加した午後の2回ご試食を開催したそうです。でも、午後の方が、お客様もおすすめした鍋つゆをお買上げ下さったみたいで、やはり、このパートさんの力を大きいなぁと思いました。


2016101821.jpg

 最後に記念写真を撮らせて頂こうとしたら、横顔しか見せてくれません。もう恥かしがり屋さんなんだから。(笑)

 代わりに調理担当の食育コミュニケーターである社員がピースしています。鍋つゆが良く売れた理由の1つに、彼が作ったお鍋が美味しかったことにもあると、一言、書いて今回のレポートを終了します。

 追伸:午前の部のお鍋の味が濃く感じた(煮込んでいるうちに濃くなる)ので、お湯を加えて調整したそうです。
ラベル:お鍋
posted by ワイズマン at 14:40| 千葉 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 食育 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック