2008年02月04日

恵方巻は召し上がられましたか?

 2月3日は節分の日。昨日は、僕も弁天店で恵方巻を販売しておりました。雪の中、お客様がいらして下さるのか不安でしたが、お買場にたっていると、たくさんのお客様とお話できて1日が楽しく過ぎました。

 「おすすめはどれ?」といったものから、恵方巻という習慣に関するご質問をたくさんいただきました。また、「準備が大変なのに。あいにくの雪で残念ねぇ〜。」お気遣い下さったお客様。

 どのお客様も恵方巻について熱心にご質問され、お買い求めいただいた後に「ありがとう。」とお言葉をかけて下さりました。雪の降る中、お買物に来てくださったのに、こちらこそ、ありがとうございますと感謝の気持ちで一杯です。


 話は少し脱線してしまいましたが、阪急ニッショーストア 名谷店様の食育レポートの続きです。

 フジッコ様のセミナーですので、「ふじっ子のおまめさん」や「純とろ」を食材にしたお料理の試食会が始まりました。


nissho13.jpg


 これは、クラッカーに甘いクリームをのせ、お豆をひとつトッピングしたオードブルです。クラッカーのしょっぱさ加減と甘さのマッチングがよく、本当においしかったです。

 その他、純とろをいれたお吸い物、じゃことお豆、コーンときゅうりをいれた小鉢。それとメインの太巻きの4品でした。


nissho12.jpg


 この太巻。お豆が入っていることも少し変わっているのですが、その他、フジッコ様の「いわしうま煮」など、栄養的にも考えられた具材が入っています。ひとつは、普通に海苔で巻いたバージョン。もう一つは、「純とろ」で巻いたバージョンです。


nissho11.jpg


 阪急ニッショーストア のコミニュケーターの皆さんもご試食されています。気づきについては、直ぐにメモされたり、感想を話し合ったり、次回の食育に向けてのアイデアを吸収されているオーラに満ち溢れています。

 ここまでで、塩路先生のお話、豆に関してのレクチャー(紙芝居)、お豆を使ったご試食と盛りだくさんでしたが、まだまだ終わりません。メインの太巻の作り方の実演が始まりました。


nissho15.jpg


 ラップの上に豆ごはんを平らにしいて、太巻の芯になる具材をのせていきます。


nissho16.jpg


 くるくるっ と巻いていくのですが、最初から丸く巻くことを意識せずに、後から形をきれいにするように意識するのがコツとのことでした。


nissho14.jpg


 次に、海苔の代わりとなる「純とろ」広げます。ラップを取り外した丸まった具材と豆ご飯の芯を「純とろ」にのせ、くるくるっ と巻いたら完成です。

 これで1時間のセミナーも時間一杯。でも、まだまだ続きがありました。
posted by ワイズマン at 15:47| 千葉 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 食育 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック