2008年02月26日

ひな祭りの演出

2月19日(火)に開催された食育のレポート2回目です。

 食育メニュー提案も回を重ねるにつれて、慣れてきました。他のお店の良い部分を取り込んで、さらに自分たちオリジナルのアイデアを盛り込むわけですから、どんどん進化してきます。

 今回の食育メニューは、「アボカドと黒米の彩りちらし寿司」でした。3月のひな祭りを意識したチラシ寿司のメニュー提案です。テーマは、「ひな祭り」。

 それでは、各お店がどのようにディスプレイしていたか見て行きましょう。


020819nishiko06.jpg

 前回もご紹介させて頂いた【西小中台店】のお雛様です。チラシ寿司のご飯でおにぎりを作って、玉子のクレープを羽織らせ、うずらの卵で顔を作った可愛いお雛様です。


020819nishiko08.jpg

 その他、「あさりの酒蒸し」や、デリカの副菜メニュー「きんぴらごぼう」が器に盛られていました。


020819nishiko07.jpg


020819nishiko10.jpg

 また、「アボカド」、「春きゃべつ」についてのご紹介や、食育活動全体をボードにはってご紹介しておりました。

020819nishiko11.jpg

 3月から予定されている「親子料理教室」のご案内(チラシの切り抜き)も貼られていました。食育は、親御様だけのお話ではありません。小さなときから、食べ物について興味、感心を持たれることが大切だと思います。西小中台店の食育パートナーの方も、そういった思いから、貼られていたのだと思います。

020819nishiko09.jpg


 もう一つ、食育コミニュケーターさん達の間で力を入れているのが、ご案内のポスターです。早いうちから、食育のご試食時間などをご案内することが目的です。西小中台では、可愛いイラストのポスターがありました。


080219hazama02.jpg

 【飯山満店】の場合も、食卓をイメージしたディスプレイがされていました。お雛人形は、紙で作ったものが飾られていました。大きな人形が目立っていたので、最初は気付かなかったのですが、ひっそりと置かれていたお雛様がありました。

080219hazama01.jpg

 食育コミニュケーターは、パートの方が多いのですが、女性の方はお人形さんが好きだったりするみたいですね。


080219higashifuna13.jpg

 【東船橋店】では、一緒に販売されていた甘酒のビンにお雛様の飾りつけをしていました。(甘酒は、一部のお店でのみ、取扱われておりました。)


080219higashifuna12.jpg

 黒米をかごに入れてありました。チラシ寿司の黒米だけでなく、炊かれる前の状態を展示するのも分かり易いと思いました。

 少し長くなりましたので、次回は、【実籾】【幕張本郷店】【宮本店】【夏見店】のディスプレイについてレポートさせて頂きます。


posted by ワイズマン at 10:00| 千葉 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 食育 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。