2008年04月08日

ケチャップを作ろう!

08040517.jpg

 「トマト料理教室」のレポート2回目です。

 いよいよメインのケチャップ作りです。最初に コンノ先生が実演されました。


08040519.jpg

 各チームが買ってきたトマトは、8個。8個のトマトから、一体どれぐらいのトマトケチャップが出来るのでしょう?


08040523.jpg

 まず、包丁の持ち方。包丁を持って歩く時の注意点。包丁の置き場所など、こと細かく説明がありました。

 続いてトマトを包丁で切る実演。


08040524.jpg

 子供達に分かり易い言葉を選んで、丁寧に説明が続きます。


08040526.jpg

 では、ここからは、トマトケチャップの作り方を少しだけご紹介します。

 手順1:細かくされたトマトを鍋に入れ、つぶしながら、2/3ぐらいの量になるまで煮詰めます。


08040525.jpg

 こんな感じでドロドロになります。


08040529.jpg

 手順2:煮詰めたトマトをうらごしします。


08040527.jpg

 熱いので、十分注意して行います。

 ここまでの実演が終わった段階で、一旦、チビッコ達は料理を始めました。


08040533.jpg

 この女の子は、自分のペースを持った子でした。ゆっくり、焦らず、慎重に。

 カットされたトマトをみていたら、僕はそのまま食べたいなぁ〜と思いました。見守っていたお母さんも、同意見。


08040534.jpg

 こちらは、男の子チーム。1人2個のトマトをカットしました。
最初は、少し戸惑っていましたが、2個目は、簡単にカット、直ぐに慣れました。


08040535.jpg

 トマトのカットが終わったら、いよいよガスコンロに火をつけます。包丁と同じぐらい火の扱いには注意が必要です。

 コンノ先生の説明を真剣に聞いています。


08040538.jpg

 「火は無事についたかしら。」コンセントをひねりながら、火元を確認します。


08040536.jpg

 トマトを煮詰めたら、うらごしします。湯気が出ていて熱そうですね。


08040537.jpg

 どのチームも8個のトマトをカットした筈なのに、うらごしされずに残ったトマトの量が違います。


08040520.jpg

 続いて、ケチャップ作りの材料となる香酢(こうず)の説明となりました。ここで、再度、実演の説明となります。 

 香酢は、お酢に数々のスパイスを入れてつくります。


08040522.jpg

 こんなに多くの香辛料を入れるんですね。


08040521.jpg

 先生:「みんなお酢ってどんな味がするか知っている? 飲んでみたい人はいますか?」

チビッコ達は、苦笑いをします。

先生:「はい、遠慮しないで、飲んでみましょう。何事も経験です。」

チビッコ達は、お酢に指を入れて舐めました。

先生:「すっぱいと感じたら、正しい味覚ですよ。」


08040530.jpg

 手順3:お酢にスパイスを入れ沸騰させないように煮ると香酢の出来上がりです。

 手順4:今回は時間の都合で先生が用意されていましたが、もう一つスパイス液を作ります。スパイス液は、たまねぎ、にんにく、とうがらしと水を入れて煮たものです。


08040528.jpg

 手順2〜4の材料を鍋に合わせて、砂糖、塩をくわえて、とろとろになるまで煮詰めます。


08040531.jpg

 これが出来上がったトマトケチャップです。随分と少なくなってしまいました。

 みんな出来上がったトマトケチャップを舐めた途端、「おいしい!」と声が漏れます。


08040557.jpg

 出来たトマトケチャップは、鍋ごと冷やしてから、タッパに小分けにしました。

 少しになってしまった貴重なトマトケチャップ。こぼさないように慎重に入れます。均等に4等分することも忘れずに。

 次回は、カラフル白玉、くるくるドッグのレポートをします。



posted by ワイズマン at 10:00| 千葉 ☔| Comment(2) | TrackBack(0) | 親子料理教室 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
石原奈津子@日本食育コミュニケーション協会です。

ブログの写真もとっても素敵ですネ!!
子どもたちの笑顔と一生懸命な姿は、何回見ても、いつ見てもいいものですね〜。

Y’sマートの食育コミュニケーターの皆さんが、地域に住むお客様の「食の相談相手」として今後ますます、活躍されることを期待しています!!

『ワイズマン』も“グリーンマン”だけではなく、“ブルーマン”や“レッドマン”の登場を楽しみにしています。

Posted by 石原奈津子 at 2008年04月08日 17:11
石原様、コメントありがとうございます。

子供達の笑顔は、本当に癒されます。
ご協力頂いたメーカー担当者の方々も、「今までで一番楽しいお仕事でした。」と嬉しそうなお顔をされています。

食のご相談相手というのは、畏れ多いですが、色々なメーカー様とコラボしながら、アイデアも出し合って、反省点をクリアして進んでいけたら、それがワイズマートの目指している姿勢だと思います。

僕は、ワイズ イエローの候補ですが、あの格好で巡回していたら、補導されてしまいそうで心配です。(^_^;)
Posted by ワイズマン at 2008年04月08日 19:30
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック