2018年08月10日

夏休み親子料理教室「親子レモン教室」が開催されました。

2018080257.jpg

 2018年8月2日にポッカサッポロフード&ビバレッジ株式会社様による夏休み親子料理教室「親子レモン教室」が開催されました。

 それでは、当日の様子を簡単に振り返ってみたいと思います。


2018080203.jpg

 実は、この親子レモン教室は、大変人気でして、1度参加されたお客様が、翌年もご応募されるといった少し他の親子料理教室と違った流れが起きている企画です。勿論、幾つかその要因があります。例えばレモンじゃに再び会いたいとか、レモンを使ったお料理を学びたいとか・・・。でも、一番の理由は、レモンお兄さんとレモン博士という2人の存在なのではないか?と僕は確信しています。


17082563.jpg

 ↑ 昨年の親子レモン教室の写真より レモンお兄さんとレモン博士 無表情なのはわざと作っている顔です。

 何が凄いかと言いますと、登場するやいなや、テンションMAX! 普通は恥じらいとか、緊張とか色々とあると思うのですが、異次元の突き抜けた感じがお子様だけではなく、お母様方からも大うけで、本当にこれは親子料理教室なのだろうか?と疑問に思うほどでした。最後には、レモンじゃを抜きに記念撮影や、サインをねだられるぐらいの大人気。そろそろレモンお兄さんというのも厳しくなってきたなぁ〜と思っていたら、別の星にレモンを教えに旅立ってしまったとのこと。

 今年の親子レモン教室は大丈夫なのだろうか?という不安が、実はよぎっていました。


2018080208.jpg

 すると、今回は、2人だけでなく、色々な人物が登場して、途中寸劇があったり、恥じらいながらも頑張るイタリア人がいたり、昨年までのテンションとまでは行かないまでも、会場全体をみんなで盛り上げて頂きました。きっと来年は、更に一歩、抜き出た内容に進化すると予想されますので、是非、楽しみにお待ち下さい。


2018080212.jpg

 最初に始まったレモンのお勉強は、レモンについての豆知識の他、体にとってどのような効果があるのか、また、レモンの上手な使い方などを学びました。

 特にカルシウムを食べても、水になかなか溶けないけど、クエン酸(レモン果汁の成分のひとつ)の水溶液にカルシウムを入れるとしっかりと溶けることなどを、実験を通して学びました。


2018080210.jpg

 少し怪しいイタリア人さんが、「シェイク!、シェィク!」の掛け声でフリフリするとお子様たちも一生懸命フリフリシェイクしていました。


2018080211.jpg

 会場全体が「シェイク!シェィク!」の掛け声で楽しそうにしていました。


2018080213.jpg

 レモンについて学んだ後は、お子様たちで料理の材料の買出しに行きます。みんな、今日初めて会ったばかりのお友だち。お互いに自己紹介をして、お買物の役割分担を決めます。


2018080214.jpg

 お買物リストを渡されて、何を買うか、数量は?といったことを確認します。


2018080215.jpg

 本社ビルの1階、2階はお店になっていますので、そのまま下に下りてから、自転車に気をつけてお買物のスタートです。


2018080217.jpg

 売場に着いて鮮やかなトマトに目がいきます。その隣りにきゅうりが並べられているのですが、以外に気付かないものです。トマトをかごに入れたら、そのまま先に進むチームが結構ありました。


2018080219.jpg

 色々な苦労はありましたが、それも楽しかったみたい。レジでのお会計も、どこか得意気に映りました。


2018080220.jpg

 「重いものは、一番下に入れないと駄目なんだよ」とか言い合いながら、レジ袋に入れている様子を見ていると、各ご家庭の普段の様子がそのままそこに反映されているみたいで微笑ましかったです。


2018080222.jpg

 お買物が終わるといよいよ調理の時間です。優しい先生が料理の実習をして下さるのですが、包丁の使い方や、やってはいけないことなどを丁寧に教えて下さいました。


2018080224.jpg

 これだけの距離感だと少し先生も緊張しそうですが、真摯な眼差しに見つめられながら、会話のキャッチボールをしながら、実演は進みます。


2018080226.jpg

 こちらは、包丁の正しい持ち方のレクチャーの1シーンです。お子様たちのハートは既に鷲掴みにしていますので、パンと打てばポンとお返事が返ってくる状態です。僕も、撮影しながら、その返答の1つ1つに可愛いなぁ〜と思ったり、可笑しかったりして、クスクスしていると、先生も僕の方を毎回振り返りながら「可愛いですよね〜」って話しかけられるものですから、笑顔でお返事していました。


2018080234.jpg

 合計三品のレシピの実演が終わったら、いよいよ、各テーブルに分かれて調理のスタートです。


2018080235.jpg

 このような感じで親御様とお子様のペアで調理は進みます。


2018080237.jpg

 でも、お友だちの調理の様子も気になります。お子様同士は、勿論のこと、お母様同士もこの頃になるとご相談されたり、お手伝いしたりするような一体感が、会場全体に生まれています。


2018080247.jpg

 調理も凄く楽しそうですね。会場全体のムードが、こういった笑顔に繋がります。


2018080248.jpg

 デザートも料理も美味しそうに出来ました。


2018080250.jpg

 彼も出来栄えが満足だったみたいです。「美味しそう」と自画自賛されていました。


2018080254.jpg

 みんなの調理が終わってご試食タイム。途中からレモンじゃも登場して盛り上げていました。

 美味しいお食事も終わって無事終了しました。


2018080256.jpg

 こちらは、お土産に頂いた、世界で1つだけのオリジナルボトルです。


2018080209.jpg

 それでは、当日のお客様アンケートの中から一部をご紹介致します。

・夏休みの楽しい時間を作っていただいてありがとうございました。来年も参加できたら、とても嬉しいです。家では出来ない体験が出来て良かったです。

・普段、子供は豆腐が苦手ですが、豆腐が入ったスープが大変美味しくて、完食していました。

・レモン汁の使い方のバリエーションが少なかったのですが、今回教えて頂いたので、家でも是非活用したいと思います。


2018080227.jpg

・豆腐を使ったコーンスープがとても美味しかったです。

・お腹もいっぱいになって、栄養もあるので、とても良かったです。簡単なので、家でも子供が作りたいそうです。

・子供も楽しめる劇で、レモンを楽しく教えていただきとても良かったです。


2018080221.jpg

・レモンラッシーや、水分補給のドリンク作り、直ぐにやってみたいです。

・お酢をポッカレモンに替えて、もっとレモンで減塩して取り入れていきたいです。

・買い物が良い経験になりました。ドキドキしたそうです。


2018080216.jpg

・楽しくレモンについての勉強が出来ました。料理も美味しく出来ました。

・お土産がすごく良かった。

・レモンの色々な使い方を教えてもらえて良かったです。


2018080237.jpg

・とても楽しい企画でした。説明が分かりやすく、楽しみながら学びました。

・子供向けに、ほどよく下ごしらえしておいて頂き、とてもとてもやり易かったです。

・デザートが少し甘過ぎました。(子供は甘くておいしい!と申しておりましたが)


2018080239.jpg

・特性スポークドリンクを飲んでみたいので、試してみようと思います。

・先生が丁寧に教えてくれて分かりやすかったです。

・レモン味のご飯(お酢の替わりにレモン汁を使いました)が、予想外に美味しかったです。


2018080243.jpg

・レモンじゃが可愛かったです。

・レモンじゃが可愛かった。お土産嬉しいです。

・子供だけで買い物に行けてよい経験になりました。


2018080258.jpg

・料理教室がとても楽しかったので、もっと長くやりたかったです。(子供の意見)

・新しいレモン料理をチャレンジしたい。

・ラッシーやスポーツドリンクを作りたいです。


2018080251.jpg

・炒り卵が上手に出来ました。

・子供が野菜を沢山食べて良かったです。豆乳スープもチャレンジしたいです。

・お酢替わりのレモンの活用、試してみます。


2018080253.jpg

・昨年も美味しかったですが、今年の方が子供はよく食べていました。(昨年も親子レモン教室に参加されていたお客様より)


2018080204.jpg


 また、来年も開催されると思いますので、今回、残念ながら参加出来なかったお友だちも、是非、来年は参加して下さいね。
posted by ワイズマン at 15:48| 千葉 ☀| Comment(0) | 食育 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月26日

2018年6月食育レシピ『大根de和カレー』

2018061907.jpg

 2018年6月の食育レシピは、西小中台店の食育コミュニケーターさんのオリジナルレシピの他、幾つかご紹介させて頂きました。その中から、各店舗で厳選したレシピが食育のご試食として選定されました。

 6月19日(火)当日、訪問させて頂きましたアトレ川崎店では、食育コミュニケーターさんのオリジナルレシピである『大根de和カレー』が選ばれておりました。

 それでは、当日の様子を振り返ってみたいと思います。


2018061901.jpg

 店舗に到着すると、既に調理が始まっていました。鶏肉の脂身を丁寧に包丁で切り取っておられました。



2018061902.jpg

 本当に丁寧に取り除かれていました。「やはり、お客様も脂身は嫌われますから。」と仰りながら、調理されていたのですが、如何せん人手が少なく、野菜の角切りが進んで下りません。


2018061903.jpg

 そこで、僕もお手伝いすることに。大根や人参を小さなキューブに切っていきました。切っていたので、その過程の写真はありません。

 写真の水分が黄色っぽいのは、炒めるときにオリーブオイルを使ったためです。


2018061904.jpg

 鶏肉も入れて煮込んでいるのですが、灰汁がいつもより少ないと思いました。鶏肉の脂身を丁寧に削いだからだと思います。


2018061906.jpg

 カレーのルーは、ハウスさんのジャワカレー中辛を使い、煮込むときには、水とヤマキさんの割烹白だしを使っています。ちょっととろみもあって、お蕎麦屋さんのカレーといった感じに出来上がりました。大根が入っているのも、余計に和を感じます。


2018061909.jpg

 当日は、ご飯がご用意されていなかったので、カレーだけのご試食となってしまいましたが、出来たらご飯と一緒にお召し上がり頂きたかったなぁ~と思いました。


2018061910.jpg

 それでは、店舗のレポートからご紹介致します。

 50食分を作り(パワーサラダはディスプレのみ)、12時よりパンコーナー前で開始し40分くらいで50食分すべて食べて頂きました。

 お客様がおしゃっていたのは、「カレーに大根がよく合いますね!」「以外においしい!こんど家で試してみます」などお声を多数頂きました。今回の食育参加人数は3名+ワイズマン(僕のこと)と少ない人員でしたが、お客様が良く試食をしてくれたので楽しかったと参加したメンバーが言っていました。

 調理場もないため、毎回は厳しいですが年に数回は食育活動としてお客様に料理を提案できればと思います。


2018061912.jpg

 アトレ川崎店は、生鮮品のお取り扱いがないため、毎月の食育活動は実施しておりません。でも、年に1回はやりましょうねと店舗スタッフも張り切っております。

 毎月開催していないにも関わらず、多くのお客様がご試食下さったり、チラシに予告した時間に合わせてご来店下さったお客様がいらしたりして、スタッフもやりがいを感じていたようです。


2018061905.jpg

 僕も、また来年お邪魔させて頂いて、もう少し関与出来たらいいなぁと思います。
posted by ワイズマン at 13:53| 千葉 ☁| Comment(0) | 食育 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月28日

2018年5月食育レシピ『ごまパラ巻き』

2018051501.jpg

 2018年5月のワイズマート食育レシピは、アスパラガスを使ったレシピでした。

 冬の間に養分を蓄えた根から、春〜初夏にかけて伸び出してくる若い茎の野菜がアスパラガスです。

 アスパラガスは、江戸時代に観賞用としてもたされ、本格的に栽培が始まったのは大正に入ってからだそうです。また、欧米への輸出用缶詰に使うホワイトアスパラガスが始まりであり、今の緑色のアスパラガスが主流となったのは、昭和40年以降のこと。現在では、生のホワイトアスパラガスや、ミニアスパラガスなども店頭に並ぶようになりました。

 ホワイトアスパラガスは、種類の違いではなくて、日光を遮断するために土を被せて育てます。アスパラガスの成長に合わせて土を盛っていく方法や、廃トンネルを利用した栽培も行われているみたいです。

 今回は、アスパラガスのレシピを2品ご試食頂きました。

 それでは、当日の様子をレポート致します。今回は、辰巳店です。


2018051505.jpg


 こちらは、「ごまパラ巻き」です。茹でたアスパラガス、アーモンド、クリームチーズ、胡麻和えの素を芯として、春巻きの皮で包み、油で焼いたレシピです。


2018051502.jpg

 もう一品は、「アスパラふじっこサラダ」です。茹でたアスパラガスと塩昆布を和えるだけの簡単レシピ。


2018051506.jpg

 準備も終わりご試食の時間となりました。


2018051509.jpg

 当日は、青果さんが茎も太くて立派なアスパラガスを取り寄せて頂きました。見るからに美味しそう。


2018051507.jpg

 それでは、お店のレポートから一部ご紹介しますね。

 調理は、とても簡単でした。味付け、ゆで加減も丁度よく問題点はとくにありませんでした。


2018051511.jpg

 二品共に美味しく出来上がり、従業員からも好評でした。

 お子様達も多くご試食をして頂けました。

 特にごまパラはクリームチーズとの相性もよく好評でした。レシピをお持ちかえりになるお客様も多くいらっしゃいました。

 また、ご試食の後、アスパラガスの売場までお戻りになられてお買上げ下さるお客様も多数いらっしゃいました。

 辰巳店は、通路が狭く、ご試食の場所と、アルパラガスの売場が離れてしまっておりましたので、ご試食時間の間だけでも、近くに展開するなどの工夫が必要だと思います。(←これは、僕の意見です)


2018051503.jpg

 今回は、お客様も多く、大変盛況でした。デリカ部のパートさんも初参加され、積極的にお声がけ頂けたのが良かったと思います。


2018051510.jpg

 辰巳店では、青果チーフが美味しいアスパラガス、そして調理の準備についても、頑張って頂きました。食育コミュニケーターの方の調理が上手だったということもありますが、一度、通り過ぎた売場まで再び戻って下さった多くのお客様に感謝すると共に、やはり改善していかないといけないと思います。僕自身も、ご試食をおすすめすることばかりに気をとられ、その場で気付かなかったことを反省しております。
posted by ワイズマン at 17:14| 千葉 ☁| Comment(0) | 食育 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月05日

2018年4月食育レシピ『カリッとはんぺん焼き』

2018041704.jpg

 2018年4月の食育レシピは、いつものように食材ではなく、『春の行楽弁当』というテーマでレシピを提案させて頂きました。

 レポートは、ワイズディスカ瑞江店となります。


2018041702.jpg

 ご試食が12時から始まると伺っていたので、1時間前の11時に店舗に行きました。

 すると、調理場からいい匂いがしてきました。『十六茶で炊くタコ飯のおにぎり』の匂いでした。到着するなり、何のお手伝いもしていないのに、「ご試食されますか?」とお声がけ頂きましたので、お言葉に甘えさせて頂きました。

 いやぁ〜、この炊き込みご飯がびっくり。十六茶のお茶の味が強いのかと思えば、そんなことがなくて、普通にタコ飯になっていました。不思議なのが、もち米を使っていないのに、もっちり炊き上げられていたこと。食育コミュニケーターさんが一口サイズのおにぎりとして、ラップに包まれていたので、「何かお手伝いしましょうか?」ということになり、「はんぺん焼き」の成形作業をすることになりました。


2018041701.jpg

 こちらの「はんぺん焼き」は、はんぺん、ミックスベジタブル、マヨネーズ、ほんだし、片栗粉をよく混ぜ合わせたものを、サラダ油を敷いたフライパンで両面焼くだけの簡単レシピです。

 ただ、こちらも一口大の大きさにどんどん作らないといけないので、大変でした。


2018041710.jpg

 ほんのり焦げ目がつくと、スイーツみたいですね。


2018041713.jpg

 3つ目のレシピ「鶏肉のトマトチリソース」は、ディスプレイだけで、ご試食はしないとのことでした。全ての準備も終わり、ほぼオンタイムで店内の所定の場所に行くと。。。


2018041705.jpg

 物凄いことになっていました。

 何がもの凄いかと言いますと、既に食育の横では、「山形県産エゴマポーク」のご試食販売がされていましたし、そこに青果部の「フルーツトマト」のご試食も加わるというのです。


2018041709.jpg

 写真ではきれていますが、手前右で、「山形県産エゴマポーク」のご試食が実施されていました。そのご試食が凝っていて、刻んだ小ネギを沸騰した鍋の中で躍らせて、そこにエゴマポークを潜らせ、醤油、ゴマ油、ウーシャンファン(五香粉)、豆板醤、砂糖などを加えて作った特性だれをかけて、パクチーと一緒にお召し上がれって感じでした。彩りも美しく、男性の販売員の方が調理されていたのですが、凄すぎました。


2018041714.jpg

 こちらが、エゴマポークを使ったしゃぶしゃぶのご試食です。


2018041708.jpg

 更にその横では、青果チーフいちおしのフルーツトマト。

 ご試食が始まる前に、チーフが僕のところにいらして、是非、試食してみて下さいと仰りました。

 試食してみてびっくり。

 たぶん、今までの人生の中で一番、濃厚で美味しいトマトでした。みかん等の果物でも同じなのですが、ただ甘いだけでなく、酸味もあって味が深いんです。1個200円というお値段にもびっくりしましたが、確かにこの味なら仕方ないかも?と思いました。チーフ曰く、このトマトは、この瑞江店でしか売っていませんよとのこと。水を極力与えないようにストレスをかけることで、美味しいトマトが出来るそうで、実際に園地まで見に行って確かめているというから、凄いこだわりようだと思います。


2018041707.jpg

 そんな感じで、大変、賑やかな中で開催された食育は、どうだったのでしょうか。

 瑞江店の食育コミュニケーターさんのレポートを一部、ご紹介させて頂きます。


2018041712.jpg

 今回の工夫ポイントです。

・試食のタコは小さめにカット
・売場をこどもの日と連携※こいのぼりで演出
・お客様の御来店が多い11:30から12:30位での食育を実施しました(瑞江店は、これまで夕方5時ぐらいにご試食をやっていました)


2018041703.jpg

 反省点は、生鮮の試食もはじめ全て同じ場所で行なったためお客様の流れが悪くなってしまいました。各売場で行なうよう次回から注意します。


2018041706.jpg

 終えてみての感想は。。。

・おにぎりだと試食しやすくてあっという間に試食がなくなりました。
・はんぺん焼きはこれからゴールデンウイークの行楽や運動会などお弁当シーズンにピッタリだったのでお薦めし易かったです。
・はんぺん焼きが低カロリーでお薦めし易かったです。
・トマトチリソースはアレルギーを気にせず作れるのでオススメし易いです。

 お客様からのご感想は。。。

・おいしいの声を多数頂戴しました。
・十六茶だけで作ってるの?味にくせが無くびっくり!


2018041711.jpg

 石井店長からも次のような感想がありました。

 今日は青果おすすめのフルーツトマト、精肉オススメのえごま豚の試食も実施、鮮魚は蒸したこを大々的に販売し、食育の「たこ飯」のアピールに繋がりました。お店全体での取り組みをひとつひとつ増やしていき今後もお客様が喜ばれる活動を続けていこうと感じました。


2018041705.jpg

 瑞江店は、ワイズマートの中でも、とても小さな店舗ですが、店内の改装を終え、通路が少し広くなったこともあり、ベビーカーでのお客様も、以前より増えたそうです。

 店長の中には、食育活動に消極的な人もいますが、石井店長のように前向きに捉え、店全体の一体感を醸成し、更には、お客様に喜んで頂けたり、楽しみにして頂けるようになれば、ほんと、お仕事も楽しくなると思います。次回の訪問も楽しみです。
posted by ワイズマン at 10:00| 千葉 ☁| Comment(0) | 食育 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月04日

2018年3月食育レシピ『春キャベツde花シュウマイ』

2018032012.jpg

 レポートが遅くなり、誠に申し訳御座いません。

 2018年3月のワイズマート食育のレポートを致します。今回は、ワイズディスカ東砂店の食育活動のレポートとなります。


2018032013.jpg

 今年の冬は、天候による影響で、野菜全般が高騰しておりました。キャベツや白菜も大変なことになっていましたが、3月に入った頃から、徐々に価格も平年並みになってきました。

 そんな中で行われた食育フェアの食材は、春キャベツでした。瑞々しくてサラダにも向いている春キャベツです。


2018032007.jpg

 今回のレシピは、二品。一品目は、『春キャベツde花シュウマイ』です。

 しいたけ、たけのこ、キャベツを刻み、鶏挽肉とごま油、砂糖、塩胡椒、片栗粉を混ぜ合わせ、一口大にしたものを蒸して、SSKさんの「完熟オリーブと黒酢たまねぎドレッシング」をかけて完成というレシピでした。千切りにしたキャベツが、きれいに外周を覆って、まるでお花のようでした。桜えびは、トッピングです。


2018032008.jpg

 断面はこんな感じです。

 東砂店では、精肉部のチーフと相談して、鶏挽肉をむねとももの合い挽きにしたそうです。また、シュウマイを蒸すのは、デリカのスチームコンベクションオーブンを使ったそうです。


2018032009.jpg

 もう一品は、『春キャベツとあさりのクラムチャウダー』です。


2018032005.jpg

 こちらは、パスタにかければ、スープパスタに早がわりとなります。


2018032014.jpg

 当日は、寒くて、そして雨も降っていたので、とてもご試食して頂ける状況ではありませんでした。食育コミュニケーターさん達も、ご試食して頂きたいという気持ちと、雨の中お越し下さっていて、早くお買物を済ませたいでしょうにその邪魔をしてはいけないという気持ちの間に挟まれて困惑されているのが伝わってきます。


2018032011.jpg

 事前準備も大変だったし、温かいクラムチャウダーをご試食頂きたいと、準備していたのですが、ちょっと残念でしたね。でも、今回のように、無理にお引止めしなかったのは、良かったと思います。



2018032006.jpg

 ここで、店舗のレポートから一部を抜粋してご紹介させて頂きます。

・クラムチャウダーは、具材をカップに入れて、ご試食いただくときに温かいスープを入れました。

・温かいクラムチャウダーをご提供出来たのに、雨と気温の低さは、最悪の状況でした。足をとめてご試食して下さるお客様は、あまりいらっしゃいませんでした。

・シュウマイは、さっぱりして美味しいと言って下さる方と、ドレッシングがしょっぱいというご意見がございました。

・クラムチャウダーは、あさりの出汁が効いていて美味しいと仰って下さいました。


2018032015.jpg

 なかなか、天候だけはコントロール出来ませんから、今回のことにめげずに今まで通り頑張って頂きたいと思います。


2018032001.jpg

 最後に、本部レシピとは関係なく、東砂店独自で取り組んだレシピをご紹介致します。

 1つ目は、ホットケーキミックスを使った桜蒸しパンです。


2018032002.jpg

 二つ目は、シュウマイに使ったドレッシングで味付けして作った「洋風チラシ寿司」です。

 ドレッシングも、ただかけるだけでない、味付けの調味料として使う発想です。


2018032010.jpg

 食育コミュニケーターさん達の頑張りには、本当に頭が下がります。次回は沢山のお客様にご試食頂けるといいですね。
posted by ワイズマン at 15:12| 千葉 ☁| Comment(0) | 食育 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月20日

本日、2018年4月20日朝10時に、ワイズマートペリエ稲毛海岸店がオープンしました。

2018042033.jpg

 2017年12月31日にグローサリー部と鮮魚部の2部門で営業させて頂いておりましたが、一度、休業。約3ヶ月半のリニューアル工事を終えて、本日、2018年4月20日(金)朝10時にオープン致しました。


2018042035.jpg

 開店前に店舗スタッフが集合し、朝礼がございました。

 岡崎店長は、「笑顔溢れる店舗にしたい。10年、20年、そして50年とこの稲毛海岸のお客様に愛して頂ける店舗を目指し、みんなで力を合わせていきましょう。」と決意表明しました。


2018042037.jpg

 スタッフの皆さんも、新店オープンに際しての期待と不安を抱えながらも、いきいきとした表情で参加されていたのが印象的でした。


2018042032.jpg

 ペリエ稲毛海岸リニューアルオープンでは、ワイズマートの他に、「サンドッグイン神戸屋」様、「銀座コージーコーナー」様の2店舗も新たにオープン致しました。そこで、ペリエ稲毛海岸様による、オープンセレモニーが開催されました。



2018042031.jpg

 開店前から、多くのお客様がお越し下さいました。


2018042029.jpg

 開店直後の様子です。



2018042045.jpg

 こちらは、店内のフロア図となります。画像をクリックすると拡大表示されます。

 フロア図の右側が、駅の改札側となります。

 (以下に本当に簡単に生鮮を中心に売場をご案内させて頂きますが、ご紹介されていない商品につきましては、この店内フロア図をご確認下さいませ。)


2018042046.jpg

 早速、店内の様子をご紹介させて頂きます。少し低い位置から撮影したので、印象は違うかもしれませんが、こちらが、入口入って直ぐとなります。右側には、「銀座コージーコーナー」様があります。


2018042001.jpg

 少し進むと直ぐに青果売場となります。



2018042023.jpg

 果物コーナー&お野菜コーナーと続きます。


2018042002.jpg

 今日は、ブロッコリーが山積されていました。


2018042004.jpg

 続いては、鮮魚コーナーです。今日は、お刺身がお買い得!


2018042044.jpg

 金目鯛も美味しそう!


2018042043.jpg

 こちらは、大人気の赤海老。お刺身でもいただけます。


2018042042.jpg

 お刺身も綺麗で美味しそう。


2018042028.jpg

 鮮魚コーナーは、お客様からも大人気でした。


2018042039.jpg

続きましては、精肉コーナーです。


2018042038.jpg

 ワイズマートのお肉は、お客様からも大変ご好評を頂いております。


2018042040.jpg

 お値段と、品質のバランスが良いと個人的にも思います。


2018042018.jpg

 また、鮮魚コーナーの辺りから、内周は、日配コーナーとなっております。
卵、お漬物、お豆腐、納豆といった商品が並びます。


2018042027.jpg

 今日は、「ところ天」や「刺身こんにゃく」のご試食が行われていました。


2018042026.jpg

 それでは、順路を元に戻ります。精肉コーナーの先には、お惣菜コーナーがございます。お弁当の他、煮物、サラダ、天ぷら、揚げ物など。


2018042009.jpg

 また、お寿司コーナーも併設してあります。


2018042025.jpg

 握り寿司のほか、人気の海鮮丼、巻物、いなり寿司、おにぎりなど。


2018042007.jpg

 端午の節句も近いということで、柏餅が入った助六セットもございました。


2018042008.jpg

 フライ、天ぷらにつきましては、このようなケースで販売されております。


2018042022.jpg

 本日は、オープン初日ということもあり、沢山のお客様がご来店下さりました。ありがとうございます。

 また、レジで大変お待たせしてしまい、誠に申し訳御座いませんでした。



2018042016.jpg

 次に店内の備品をご紹介致します。こちらは、KIOSK端末です。

 KIOSK端末は、ワイズカードに貯まっているポイントの確認や、ワイズカードにはEdy機能がございますので、そちらにチャージすることも出来ます。


2018042014.jpg

 こちらは、下が製氷機、上がドライアイスとなります。(ドライアイスは、1回20円の有料サービスとなります)


2018042017.jpg

 製氷機は、もう1台ございます。こちらの製氷機の上には、電子レンジがございます。


2018042011.jpg

 レジを出て右側には、トイレがございます。手前にあるのが、多目的トイレです。


2018042013.jpg

 更に奥には、男子トイレと女子トイレがございます。


2018042099.jpg

 最後にワイズマートペリエ稲毛海岸店では、「ワイズカード」と「JRE POINTカード」の2枚がございます。ポイントの貯まり方が違います。また、ポイント倍デーも、それぞれどちらのカードに対して有効なのかということをご確認下さいませ。例えば、ワイズマートのポイント5倍デーは、ワイズカードのポイントだけが5倍でつきますよということです。

 更に、「ワイズカード」は、ワイズマート全店舗(アトレ川崎店、赤羽アピレ店を除く)で共通でお使い頂けますが、ポイントの付与率が異なります。詳しくは、上の画像をご確認下さい。(クリックすると拡大表示されます)


2018042021.jpg

 まだまだ、オープンしたばかりのワイズマートペリエ稲毛海岸店ですが、スタッフ一同、笑顔が耐えない店舗を目指して精進して参りますので、ご愛顧の程、宜しくお願い致します。
posted by ワイズマン at 20:35| 千葉 | Comment(0) | 食育 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月15日

2018年2月食育レシピ『和風ポテサラ』

2018022004.jpg

 2018年2月の食育レシピは、じゃがいもを使ったレシピでした。

 当日は、稲毛店のオープン前のミーティングがあり、店舗を巡回出来ませんでした。そこで、今回は、東船橋店と原木店のお写真とレポートから、ご紹介致します。

 まずは、東船橋店のレポートです。


2018022003.jpg


 じゃがいもは、力のある店長に潰してもらったので、とても滑らかなマッシュポテトが出来たみたいです。試食していただいたお客様からも、とても好評でした。

 ポテトサラダを試食していただいたお客様から「こんな使い方もあるのね。」とごま昆布煮をご購入頂きました。今回ご紹介のレシピ『和風ポテサラ』は、ポテトサラダにごま昆布煮を和えるという発想がユニークです。ポテトサラダの酸味の中にごま昆布煮の甘味が加わり、味が邪魔することもなく、マイルドになるのです。まだ、試されていない方は、是非、お試し下さい。念のためレシピも下にご紹介しますね。(レシピは、クリックで拡大表示されます)


201802A.jpg


2018022001.jpg

 続いては、原木店のレポートです。

 原木店では、きのこ&ベーコンポテト風は、春巻きの皮をワンタンの皮に変更しました。チーズ入りこんぶ焼きおにぎりもシンプルに、ごま昆布と、おかか昆布を混ぜただけの2種にし、ご試食してみたい方をお客様にお選び頂きました。

 昆布が、しょっぱくない点がメニューにもいかされお子さんから大人まで大好評でした。他社の商品が家にあるのでと仰っていたお客様が、ご試食後、お買い上げ下さいました。マルヤナギさんの昆布煮は、北海道産昆布・塩分ひかえめだったのでお薦めしやすく、おにぎりの試食で味を充分お伝え出来たのが良かったと思います。


2018022002.jpg


 また、お客様からは、次の様なお声を頂きました。

・ワンタンでパイ風は予想通り大人気!!簡単で嬉しいメニューです!!
・ポテトサラダを昆布で味付けに驚きの声。「レンジでポテトサラダができるんですね」
・「ポテトパイ風は子供にきのこ類を食べさせるのに良いアイデアメニューですね」
・全部美味しいです。フルーチェデザートは子供と作ります。

 (ひなまつり)をイメージしたディスプレイにしたかったのですが、ちょっと残念な結果に終わってしまったので、次回は、桜の開花もイメージして、季節感を出したディスプレイにしたいとのことでした。


2018022005.jpg


 さて、かなり簡単にご紹介させて頂きましたが、次回3月20日の食育では、必ず、店舗をまわりたいと思います。特に、東砂店は、新任店長のもと、どのような食育活動が開催されているのか、とても楽しみです。
posted by ワイズマン at 19:16| 千葉 | Comment(0) | 食育 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月02日

ワイズマート稲毛店が本日オープン致しました!

2018030220.jpg

 2018年3月2日(金)午前10時にワイズマート稲毛店がオープン致しました。

 簡単にですが、本日のオープンの様子をレポートさせて頂きます。


2018030218.jpg

 場所は、総武本線稲毛駅西口、千葉銀行様のお隣です。お天気にも大変恵まれまして、暖かな日差しが降り注ぐ中、本日より24時間営業となります。


2018030217.jpg

 ちょうど、西口ロータリーのバスの降車場の前となります。


2018030215.jpg

 開店前の奥野木店長の挨拶から抜粋します。

 「私は、ワイズマート稲毛店を笑顔で溢れるお店にしたいと思います。今回、パートの皆様、アルバイトの皆様の採用面接は、全ての皆様と面接させて頂きました。面接の際に重視していたのは一点です。一緒に笑顔溢れるお店をつくれる方がどうかという点です。スタッフ全員で笑顔が溢れるお店にし、10年、20年、そして50年と稲毛の地元の皆様に愛されるお店にしますので、皆さんの笑顔と力を貸してください。」(100%正確ではありません。ごめんなさい。)


2018030216.jpg


 僕がワイズマートに就職した時に、初めてのお店で一緒に働いた仲間が奥野木店長でした。強いリーダーシップと共に、夢が叶うことを僕も信じています。

 店舗スタッフの皆さんも、期待と緊張に包まれる中、いよいよ開店の時間となりました。


2018030225.jpg

 オープニングのテープカットのセレモニーの後、予定の10時より少し前のオープンとなりました。

 最初は、10数名ぐらいのお客様が並ばれていた感じでしたが・・・。


2018030226.jpg

 ご案内していた午前10時過ぎになると、とても多くのお客様が次から次へとご来店下さいました。


2018030223.jpg

 こちらは開店記念でお配りさせて頂いた紅白饅頭です。


2018030230.jpg

 ワイズマート稲毛店は、とてもコンパクトなお店です。あっという間に店内を買いまわりすることが出来ます。自社のことを次のように書くのも小恥ずかしいのですが、僕は、ワイズマートが好きなところは、このコンパクトで短時間でお買物が出来るところにあると思います。コンパクトなんだけど、商品の種類(SKUの数)はとても多く、1つの商品が大手スーパー様のように大量陳列されている訳ではないけど、ちょっと変わった商品や、新商品、珍しい商品など、まるで宝探ししているような感覚を味わえるのがワイズマートの良いところではないかと思うのです。


2018030209.jpg

 例えば、この刺身用、有頭赤海老。これだけ入ってこの価格は大変お買い得です。


2018030204.jpg

 また、ワイズマートのお肉も本当に美味しくて、お値段もリーズナブルです。色々なスーパー様でも、個人的には買い物しますが、お肉だけは、ワイズマートでしか買わなくなりました。


2018030206.jpg

 その精肉部が、品質と価格にこだわったプライベートブランド商品が3つあります。勿論、稲毛店以外でもお買い求め頂けますので、是非、チェックして下さいね。内容的には、「あらびきポークウインナー」、「特級ベーコン」、「和豚もち豚生ハム」の3種類です。(後日、ホームページでも特集を書きます。)


2018030207.jpg

 こちらは、お豆腐コーナーにあった「手造りのとっても硬い木綿豆腐」です。


2018030213.jpg

 バイヤーに確認したら、稲毛店だけでなく、他のお店でも販売しているとのことでした。買って食べたいと思います。


2018030201.jpg

 こちらは、「はるか」というみかんです。見た目はレモンのような色で酸っぱそうです。でも、食べると全く違います。しつこくない、爽やかな甘さが口に広がります。とても美味しいのですが、どうしても、レモンをイメージさせてしまうこと、販売期間が本当に短すぎて、お客様に認知して頂く迄にいたっていないのが、とても残念です。昨年、あるお店で初めて出会った時の衝撃が忘れられず、稲毛店の青果部チーフにお話したら、是非、販売してみましょうと準備して下さいました。もし、お店で見かけましたら、だまされたと思って買ってみて下さい。明日も応援に行きますので、もしも残っていたら、僕も買わせて頂こうと思います。


2018030211.jpg

 続いては、お魚屋さんのお寿司です。新鮮な魚屋さんで仕入れたお魚をネタに寿司を作ってみたらどうなるか始めたお寿司です。また、デリカ部の食材を巻物にしたお寿司も、稲毛店で始めました。


2018030214.jpg

 店内の照明のため、色は少し変になっていますが、このお寿司、本当に食べたいです。


2018030222.jpg

 また、こちらは、定番の鮭幕の内御膳です。このお弁当の一番のオススメポイントは、煮物です。店内の大きな鍋で煮込んだ煮物は、味の染みこみ方が全く違います。僕は一番好きなのは、厚揚げなのですが、大好きなので、一番最後までとっておいて、最後に食べて満足感を達成しています。


2018030232.jpg

 そして、デリカ部の揚げ物コーナー。天ぷらのさつまいもは、肉厚で大きいし、今回、オススメアイテムとして販売していたチキンカツも本当に人気商品です。


2018030205.jpg

 実は、午前中、このチキンカツの販売サポートをさせて頂きながら、お客様との会話を楽しんでいました。

 揚げ物は大変だから、スーパーをよくご利用されるというご意見や、好きな天ぷらの具材のお話。ほんとたわいもないお話なのですが、「ワイズマートのチキンカツは如何ですか〜?、チキンカツって言っていますけど、ビッグチキンカツですよ〜」みたいた掛け声をしていると、「あら、ほんと大きいわ」とか袋に包んでお渡しした際に「ほんと大きくて重いわね。ありがとう。」と仰って下さるお客様が多数。

 「どの子(チキンカツのこと)にしますか〜?」の問いに「じゃ、この子とあの子」みたいな会話があったり、「大きなのを探しますね〜」と選んでお渡しすると「ほんと、ありがとう。大変だけど頑張って下さいね。」と励ましのお言葉を頂戴したり。チキンカツを販売させて頂いているだけなのに、何だか温かい気持ちになって楽しくお仕事させて頂きました。


2018030229.jpg

 まだまだ、オープンしたばかりのワイズマート稲毛店ですが、スタッフ一同、笑顔が耐えない店舗を目指して精進して参りますので、ご愛顧の程、宜しくお願い致します。
posted by ワイズマン at 20:53| 千葉 | Comment(0) | 食育 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月22日

2018年1月食育レシピ『彩り野菜の豚しゃぶ鍋』

2018011610.jpg

 2018年1月の食育レシピは、「彩り野菜の豚しゃぶ鍋」でした。

 今年最初のレシピは、お鍋。今、野菜高騰が続く中でお鍋も大変だと思いますけど、レシピ通りでなくても、他の野菜で代用したり、巡回したシャポー市川店では、ある調理方法で対応したみたいです。

 それでは、当日の様子を振り返ってみましょう。


2018011601.jpg

 今回の調理方法のポイントは、野菜の切り方にありました。ピーラーを使ったそうです。ピーラーを使うことで、ボリュームも出るだけでなく、調理時間の短縮、そして味の染みこみも早かったように感じました。


2018011603.jpg

 お客様からのご感想も、上々でした。鍋つゆの素も、鰹だしが効いていて美味しく、香りも良いとのご意見でした。


2018011606.jpg

 シャポー市川店は、いつも食育の時に、野菜や果物の食べ比べなどを実施しています。今回は、じゃがいもの食べ比べでした。


2018011602.jpg

 今回は、「新じゃが」「北あかり」「男爵」の3種類。

 本当は、それぞれのじゃがいもの特徴に合った調理で食べ比べと違ったのかもしれませんが、今回は、ふかしただけでした。

 一応、それぞれのじゃがいもの特徴とオススメの食べ方をご紹介すると・・・

 「新じゃが」・・・皮が薄く、水分が多い。煮物や炒め物。

 「北あかり」・・・加熱調理するとホクホクした食感が味わえ、甘味が強い。じゃがバターやフライがオススメ。(煮崩れしやすいので煮物には不向き)

 「男爵」・・・加熱するとホクホクした食感が味わえる。ジャガバターでお馴染みのベークドポテトやフライドポテト、茹でて潰してポテトサラダやコロッケなどがオススメ。(基本は、「北あかり」と同じ性質です)


2018011605.jpg

 結果的には、「北あかり」が一番人気だったみたいです。やはり、甘味が強いからだと思います。

 反省点としては、3種類を食べ比べて頂くよりも、2種類に絞って、どちらが美味しいか選んで頂いた方が良かったかもしれないということでした。確かに3種類、じゃがいもを食べるのは大変ですね。


2018011613.jpg

 また、食育コミュニケーターさんの中にお寿司のスタッフがいるので、恵方巻のご試食も行われていました。この日、ご試食頂いていたのは、多彩巻ですね。2月3日の節分当日は、ご予約限定品も入れると全15種類にもございますが、食育フェアの開催した1月16日には、材料がありませんから、日頃から販売している定番の巻物を準備しましたとのことでした。


2018011607.jpg

 シャポー市川の食育活動がスゴイなぁ〜と思うことは、とても多くのスタッフが関与出来ていること。準備もそうですし、ご試食を配る人数も、全店で一番多い人数だと思います。


2018011609.jpg

 そして、とても多くのお客様が同時にご試食されている様子も圧巻です。他のお店と比べて広いスペースでご試食出来ているのもありますが、だからといってガランとすることありません。


2018011608.jpg

 これは、月に1回の活動ですが、定期的にやり続けていること、また、その都度、どうしたらお客様に楽しんで頂けるだろう?と食べ比べの食材を検討したり、みんなで準備したり、そういったことの全てが成果として現れているのだと思います。
posted by ワイズマン at 18:35| 千葉 ☔| Comment(0) | 食育 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月31日

2017年12月食育レシピ『ほんのり甘い みそドレッシング』

2017121901.jpg

 2017年12月のワイズマートの食育は『ほんのり甘い みそドレッシング』でした。

 今年最後となった食育では、クリスマスの食卓をイメージしたものとなります。この日は、他の仕事で巡回出来なかったため、原木店のレポートをご紹介致します。それでは、早速。


2017121907.jpg


 本部オリジナルレシピでは、ステーキでしたが、原木店ではご試食の時にお肉が固くなってしまうだろうということで、別のお肉に変更したそうです。


2017121903.jpg

 そして選ばれたのがこちら『サラダチキン』。ヘルシーで人気が高いですが、クリスマスにチキンというのもピッタリですね。原木店では、3種のサラダチキン(プレーン・ハーブ・スモーク)を準備しました。


2017121912.jpg

 チキンにかける味噌ドレッシングは玉ねぎの辛味が強かったので午後は少し水にさらしマイルドにされたそうです。


2017121902.jpg

 また、デザートのクラッシュゼリーは彩りに苺とキウイフルーツをトッピングしました。

 このクラッシュゼリー。大昔、僕が子供の頃は、ゼリー用の金型があって、冷蔵庫で冷やした記憶があります。同じように懐かしく感じた食育コミュニケーターさんが多かったのでしょう。原木店でも、事前の食育レシピ選定会のときにクラッシュゼリーに感動し、是非、お客様にも伝えたいと思われたみたいです。


2017121908.jpg

 お料理より先に、クラッシュゼリーをお薦めされてから、次にサラダチキンをご試食頂いたみたいです。


2017121909.jpg

 サラダチキンをご試食頂いたお客様の殆どは、普段からプレーンを召し上がられていて、特に『スモーク』は、召し上がられたことがないので、是非食べてみたいというお客様が多くいらしたとのことです。


2017121913.jpg

 そしてお正月を意識しての栗きんとんのご試食もご用意。


2017121915.jpg

 一番反応が良かったのは大人も子供もクラッシュゼリーでした。

 お客様のご感想は、懐かしい味がする。

 子供と一緒によく作ったけど、今度は孫と作ってみたい。

 見た目が可愛い・今流行のインスタ栄えする。

 簡単に作れていいと大好評でした。

 試食は結構ですと断ってたお客様が、やっぱり試食させて下さい(お孫さんと作るそうです)と召し上って下さいました。


2017121916.jpg

 サラダチキン一度も使ったことがないので試食してみたい(試食後お買い上げ下さいました。)

 ドレッシング美味しいです!どうやって作るんですか?売ってますか?など、反響が予想以上でした。


2017121910.jpg

 この日は、人員が少なかったみたいで、午前、午後のご試食の準備も大変だったみたいですが、お客様からもご好評を頂いたみたいで良かったですね。

 原木店の素晴らしいところは、本部のレシピを良い意味で無視して、場合によってはオリジナルに変更されるだけではなく、きちんと販売目標を設定されている点にあります。

 あまり、具体的な数量をあげるのは宜しくないかもしれないので、少し表現を濁しますが、この日のサラダチキンの売上は、プレーン、スモーク、ハーブがほぼ同数販売出来たそうで、普段あまり売れないスモークがプレーンと同数売れたのは驚異的でした。ちなみにプレーンもいつもの3倍以上売れました。

 食育活動には、お客様に色々、楽しくて、簡単で、美味しいレシピをご紹介することも目標の一つですが、原木店のようにその評価を、お客様からのお言葉や感想だけでなく、実際に美味しかったから、その関連食材をお買上げ下さったというところまで求めているのは、とても素敵だと思います。普段、お店では販売していない数量を注文して取り寄せ、お買上げ頂きたいという意識は、見習わせて頂きたいと思います。
posted by ワイズマン at 10:35| 千葉 ☁| Comment(0) | 食育 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする