2018年01月22日

2018年1月食育レシピ『彩り野菜の豚しゃぶ鍋』

2018011610.jpg

 2018年1月の食育レシピは、「彩り野菜の豚しゃぶ鍋」でした。

 今年最初のレシピは、お鍋。今、野菜高騰が続く中でお鍋も大変だと思いますけど、レシピ通りでなくても、他の野菜で代用したり、巡回したシャポー市川店では、ある調理方法で対応したみたいです。

 それでは、当日の様子を振り返ってみましょう。


2018011601.jpg

 今回の調理方法のポイントは、野菜の切り方にありました。ピーラーを使ったそうです。ピーラーを使うことで、ボリュームも出るだけでなく、調理時間の短縮、そして味の染みこみも早かったように感じました。


2018011603.jpg

 お客様からのご感想も、上々でした。鍋つゆの素も、鰹だしが効いていて美味しく、香りも良いとのご意見でした。


2018011606.jpg

 シャポー市川店は、いつも食育の時に、野菜や果物の食べ比べなどを実施しています。今回は、じゃがいもの食べ比べでした。


2018011602.jpg

 今回は、「新じゃが」「北あかり」「男爵」の3種類。

 本当は、それぞれのじゃがいもの特徴に合った調理で食べ比べと違ったのかもしれませんが、今回は、ふかしただけでした。

 一応、それぞれのじゃがいもの特徴とオススメの食べ方をご紹介すると・・・

 「新じゃが」・・・皮が薄く、水分が多い。煮物や炒め物。

 「北あかり」・・・加熱調理するとホクホクした食感が味わえ、甘味が強い。じゃがバターやフライがオススメ。(煮崩れしやすいので煮物には不向き)

 「男爵」・・・加熱するとホクホクした食感が味わえる。ジャガバターでお馴染みのベークドポテトやフライドポテト、茹でて潰してポテトサラダやコロッケなどがオススメ。(基本は、「北あかり」と同じ性質です)


2018011605.jpg

 結果的には、「北あかり」が一番人気だったみたいです。やはり、甘味が強いからだと思います。

 反省点としては、3種類を食べ比べて頂くよりも、2種類に絞って、どちらが美味しいか選んで頂いた方が良かったかもしれないということでした。確かに3種類、じゃがいもを食べるのは大変ですね。


2018011613.jpg

 また、食育コミュニケーターさんの中にお寿司のスタッフがいるので、恵方巻のご試食も行われていました。この日、ご試食頂いていたのは、多彩巻ですね。2月3日の節分当日は、ご予約限定品も入れると全15種類にもございますが、食育フェアの開催した1月16日には、材料がありませんから、日頃から販売している定番の巻物を準備しましたとのことでした。


2018011607.jpg

 シャポー市川の食育活動がスゴイなぁ〜と思うことは、とても多くのスタッフが関与出来ていること。準備もそうですし、ご試食を配る人数も、全店で一番多い人数だと思います。


2018011609.jpg

 そして、とても多くのお客様が同時にご試食されている様子も圧巻です。他のお店と比べて広いスペースでご試食出来ているのもありますが、だからといってガランとすることありません。


2018011608.jpg

 これは、月に1回の活動ですが、定期的にやり続けていること、また、その都度、どうしたらお客様に楽しんで頂けるだろう?と食べ比べの食材を検討したり、みんなで準備したり、そういったことの全てが成果として現れているのだと思います。
posted by ワイズマン at 18:35| 千葉 ☔| Comment(0) | 食育 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月31日

2017年12月食育レシピ『ほんのり甘い みそドレッシング』

2017121901.jpg

 2017年12月のワイズマートの食育は『ほんのり甘い みそドレッシング』でした。

 今年最後となった食育では、クリスマスの食卓をイメージしたものとなります。この日は、他の仕事で巡回出来なかったため、原木店のレポートをご紹介致します。それでは、早速。


2017121907.jpg


 本部オリジナルレシピでは、ステーキでしたが、原木店ではご試食の時にお肉が固くなってしまうだろうということで、別のお肉に変更したそうです。


2017121903.jpg

 そして選ばれたのがこちら『サラダチキン』。ヘルシーで人気が高いですが、クリスマスにチキンというのもピッタリですね。原木店では、3種のサラダチキン(プレーン・ハーブ・スモーク)を準備しました。


2017121912.jpg

 チキンにかける味噌ドレッシングは玉ねぎの辛味が強かったので午後は少し水にさらしマイルドにされたそうです。


2017121902.jpg

 また、デザートのクラッシュゼリーは彩りに苺とキウイフルーツをトッピングしました。

 このクラッシュゼリー。大昔、僕が子供の頃は、ゼリー用の金型があって、冷蔵庫で冷やした記憶があります。同じように懐かしく感じた食育コミュニケーターさんが多かったのでしょう。原木店でも、事前の食育レシピ選定会のときにクラッシュゼリーに感動し、是非、お客様にも伝えたいと思われたみたいです。


2017121908.jpg

 お料理より先に、クラッシュゼリーをお薦めされてから、次にサラダチキンをご試食頂いたみたいです。


2017121909.jpg

 サラダチキンをご試食頂いたお客様の殆どは、普段からプレーンを召し上がられていて、特に『スモーク』は、召し上がられたことがないので、是非食べてみたいというお客様が多くいらしたとのことです。


2017121913.jpg

 そしてお正月を意識しての栗きんとんのご試食もご用意。


2017121915.jpg

 一番反応が良かったのは大人も子供もクラッシュゼリーでした。

 お客様のご感想は、懐かしい味がする。

 子供と一緒によく作ったけど、今度は孫と作ってみたい。

 見た目が可愛い・今流行のインスタ栄えする。

 簡単に作れていいと大好評でした。

 試食は結構ですと断ってたお客様が、やっぱり試食させて下さい(お孫さんと作るそうです)と召し上って下さいました。


2017121916.jpg

 サラダチキン一度も使ったことがないので試食してみたい(試食後お買い上げ下さいました。)

 ドレッシング美味しいです!どうやって作るんですか?売ってますか?など、反響が予想以上でした。


2017121910.jpg

 この日は、人員が少なかったみたいで、午前、午後のご試食の準備も大変だったみたいですが、お客様からもご好評を頂いたみたいで良かったですね。

 原木店の素晴らしいところは、本部のレシピを良い意味で無視して、場合によってはオリジナルに変更されるだけではなく、きちんと販売目標を設定されている点にあります。

 あまり、具体的な数量をあげるのは宜しくないかもしれないので、少し表現を濁しますが、この日のサラダチキンの売上は、プレーン、スモーク、ハーブがほぼ同数販売出来たそうで、普段あまり売れないスモークがプレーンと同数売れたのは驚異的でした。ちなみにプレーンもいつもの3倍以上売れました。

 食育活動には、お客様に色々、楽しくて、簡単で、美味しいレシピをご紹介することも目標の一つですが、原木店のようにその評価を、お客様からのお言葉や感想だけでなく、実際に美味しかったから、その関連食材をお買上げ下さったというところまで求めているのは、とても素敵だと思います。普段、お店では販売していない数量を注文して取り寄せ、お買上げ頂きたいという意識は、見習わせて頂きたいと思います。
posted by ワイズマン at 10:35| 千葉 ☁| Comment(0) | 食育 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月07日

2017年11月食育レシピ『甘酒寄せ鍋』

2017112109.jpg

 2017年11月の食育レシピは、『甘酒寄せ鍋』でした。ワイズマート2017年鍋-1グランプリで堂々の1位を獲得したお鍋です。米糀を使用したお米の旨味たっぷりの甘酒をスープにした、後から優しい甘味を感じるお鍋です。


2017112117.jpg

 今回巡回した店舗は、船橋法典でした。船橋法典店は、年に2回の食育活動の参加ということもありますが、前回来たのが2012年6月のことでしたから、実に5年ぶりの巡回でした。

 それでは、当日の様子を振り返ってみます。


2017112101.jpg

 基本的にお鍋は、食材を準備して、鍋つゆと一緒に煮込むだけの簡単料理です。お店に到着した時は、既に具材がカットされていました。


2017112102.jpg


2017112105.jpg

 きのこ類の他、白菜や長ねぎなども用意されています。


2017112104.jpg


2017112106.jpg

 あっという間に準備も終わり、鍋つゆを入れて煮込み開始です。


2017112119.jpg

 煮込んでいる間に店内を見に行くと、鍋コーナーがありました。


2017112118.jpg

 こんなに沢山のお鍋があるんですね。どうしても単調になりがちなお鍋ですが、これだけ種類があると色々と楽しめます。


2017112120.jpg

 売場にあるポスターに、堂々1位に輝いているのが、今回のレシピ『甘酒寄せ鍋』です。


2017112108.jpg

 そうこういしているうちにお鍋が出来上がりました。いよいよ、ご試食の開始です。

 半年振りの食育活動でしたが、多くのお客様がご試食下さった印象です。寒いことも手伝ってのことだと思いますが、ご試食下さったお客様が、そのまま鍋つゆをお買い求め下さっていました。


2017112114.jpg

 以下、お店のレポートをご紹介しますね。

 焦げげやすいと聞いていたので注意しました。また、汁が煮詰まりすぎて、濃くならないように気をつけました。

 鍋の時はあたたかいまま提供できればと思いますが、売場の関係上難しいなと感じます。


2017112115.jpg

 甘酒と聞いて甘くないかと心配だったが食べやすい味でした。発酵食品なので今のニ−ズに合っていると思いました。

 お客様からも、食べやすいと仰って頂きました。甘酒と言われなければ分からないけど、意外性があっておいしいという声を頂きました。


2017112116.jpg

 皆様に美味しいと言って頂けました。マイクアナウンスをよく聞いていただけていたみたいで、「とても聞きやすかったです」と言って頂けました。また、お鍋の具材も買って頂けました。(鮭の切身)


2017112113.jpg

 食育コミュニケーターさんの人数や、場所の問題などもあって、毎月の開催が難しそうですが、年に2回の開催の時は、今回のように楽しく、元気に開催してくれると思います。
posted by ワイズマン at 15:06| 千葉 ☀| Comment(0) | 食育 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月24日

2017年10月食育レシピ 『じっくりコトコト きのこグラタン』

171017011.jpg

 ワイズマート2017年10月の食育レシピは、『じっくりコトコト きのこグラタン』でした。すっかりハロウィンの雰囲気です。

 当日は、新店のワイズマート八千代台アピア店の応援に行っていたため、食育活動の巡回は出来ておりません。そこで、瑞江店とシャポー市川店のレポートをご紹介致します。

 まずは、瑞江店から。


171017021.jpg

 こちらが『じっくりコトコト きのこグラタン』ですね。インスタントスープをグラタンにするアイデアレシピです。

 食育コミュニケーターさんのレポートによると、グラタンが固まりやすいので注意が必要、また、サラダは時間がたつと水分がでてしなっとなってしまうのでどちらも試食時は注意が必要だと感じられたそうです。

 お客様のご感想としては・・・

 ・子供が食べやすくていい。

 ・味がしっかりしているので男性にもいい。

  などグラタンに対する声が多く、他のスープの素でも試してみようと仰るお客様もいらしたとのことです。確かにレトルトスープを、お湯を注ぐだけでなく、今回のアレンジレシピのように使われた方は少ないと思いますので、他のフレーバーでも、何か出来るのでは?とアイデアは膨らむと思います。


171017031.jpg

 こちらは、先月、東砂店の食育でディスプレイされていたアイデアお菓子。可愛いので、全店レシピにも掲載し他のお店でも作ることになりました。

 食育コミュニケーターさん制作のマシュマロはお子様にも大人気でした。

 瑞江店は、スマホで撮影されているんですね。スマホでも十分、綺麗に撮れていると思います。


171017081.jpg

 続いては、シャポー市川店です。

 シャポー市川店では、食育レシピの他に旬の果物の食べ比べなどを実施しておりますが、今回何だったのでしょうか。それでは、早速レポート致します。


171017061.jpg

 瑞江店でも、ご試食の提供で反省点がありましたが、シャポー市川店では、次のように工夫して対応しました。

 ・グラタンは試食まで冷めないように、アルミホイルでくるみ、発砲スチロールの中に保存しておく。

 ・サラダは試食直前にドレッシングをかけたので水っぽくならずに、試食して頂きました。

 レポートを拝見していると全く別の場所で、同じ点について悩み、また解決策を見出しています。設備や備品の違いはありますが、アイデアで解決出来る部分もありますので、共有していけたらと思います。


171017091.jpg

 きのこのグラタンは手軽に出来て、味も美味しかったので、おすすめしやすかったそうです。お客様からは、グラタンは今回は食パンを使いましたが、パスタでもあうのでは?とのご提案を頂いたそうです。また、ハロウィンの時期にあうメニューでお勧めしやすかったそうです。


171017051.jpg

 そして、今回の食べ比べは、さつまいもでした。

 食べ比べは、果物以外はお客様の反応があまり良くないのですが、今回は旬のさつまいもということで、大盛況でした。


171017071.jpg

 3種類のさつまいも(「紅はるか」、「紅あずま」そして、新種の「シルクスイート」)の食べ比べを行いました。お客様からは、食べ比べると味の違い、食感の違いが良くわかりますとのご感想を頂きました。


171017041.jpg

 全体的には、新種のシルクスイートが人気という結果となりましたが、あまり差は開きませんでした。


171017101.jpg

 一般的に、さつまいもは、春に苗を植え付け、晩夏から秋にかけて収穫します。また、収穫してから寝かす(貯蔵する)ことで、さつまいものデンプン質が糖化して甘くて美味しくなります。焼き芋が美味しい季節は、これからやってきますので、楽しみですね。
posted by ワイズマン at 14:05| 千葉 ☁| Comment(0) | 食育 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月08日

2017年9月食育レシピ『鶏だんご入り具たっぷり味噌汁』

2017091911.jpg

 ワイズマート2017年9月の食育レシピは、『鶏だんご入り具たっぷり味噌汁』でした。

 「食育」とは、様々な経験を通じて「食」に関する知識と「食」を選択する力を習得し、健全な食生活を実践することができる人間を育てることである。

 うーん、何だか難しい。でも、食べた瞬間に、「これは体にいい、体が喜んでいる」そう思える瞬間があります。疲れた日に晩ご飯で食べたお味噌汁に、心がほっとしたことはないでしょうか。

 ワイズマートでは、そのような、体に良い食品の1つとして、「発酵食品」をオススメしております。
 詳しくは、こちらをご覧下さい。

 今回の食育レシピは、発酵食品の主人公とも言える「お味噌」を使ったレシピとなります。

 それでは、当日の様子をご紹介致します。(今回は、東砂店の食育の様子です)


2017091905.jpg

 お店に到着すると、ほぼ調理は完了していました。

 お味噌汁もぐつぐつ煮ている状態です。

 調理が終わっていたので、ディスプレイやご試食用の小分けのお手伝いをしました。お味噌汁が出来上がったとのことでしたので、ご試食するとゴボウが少し固かったので、他の具材と分けてもう少し煮ることにしました。


2017091907.jpg

 こちらは、出汁をとるときに使った鰹節。このだしがらに味付けをして、フライパンで炒め、おかかのふりかけを作りました。


2017091906.jpg

 ごはんと混ぜ合わせて、一口サイズのおにぎりを作り、お客様にご試食頂きました。


2017091904.jpg

 もうすぐ、十五夜のお月見ということあり、鶏団子と卵でイメージ。甘いお団子も美味しいですけど、これならおかずとなります。


2017091901.jpg

 そして、10月のイベントとして日本でも定着してきたハロウィンをイメージしたお菓子を使ったデコレーションもご用意。うさぎをイメージしているので、お月見にも使えます。


2017091914.jpg

 また、ご試食用はございませんでしたが、お味噌を使ったお料理ということで「さばの味噌煮」も準備しました。


2017091908.jpg

 こちらが、店内のディスプレイです。

 ディスプレイも終わり、いよいよ、ご試食の開始となりました。


2017091910.jpg

 食卓部分だけをクローズアップしてみると、鶏団子入り具たっぷり味噌汁、サバの味噌煮、ちくわぶと根菜の煮物、おひたし、お漬物ととても豪華になっています。根菜の煮物は、当社デリカ部で販売しているものです。お味噌汁の中にも入っていますが、根菜類を食べると腸内環境が綺麗になります。


2017091917.jpg

 ご試食頂いたお客様からは、「実家に帰ってきたみたいな味です。」と嬉しいお言葉を頂きました。温かいお味噌汁しかも、鶏団子の程よい甘さから、ぬくもりを感じられたのかもしれません。その若いお母様は、「自分の子供のためにも、是非作ります。」と仰って下さいました。


2017091909.jpg

 小さなお子様も、お味噌汁を完食。小さなお口なので、1回に食べられる量は、ほんの少しです。でも、時間をかけて、ゴボウも残すことなく召し上がって頂きました。他のお客様が横を通られるときに「ぼく、偉いねぇ〜。おいしい?」って笑顔で話しかけられながら、頭をいいこしていました。


2017091913.jpg

 また、他のお客様からは、「なかなかおいしいお味噌が見つからなかったけど、今日見つけられて良かったです。」とのお言葉をいただき、コミュニケーターさんも大喜びしていました。


2017091903.jpg

 食育コミュニケーターさんの反省点としては、ゴボウと里芋が少し硬く、別の鍋で煮ましたが、下茹でするか時間差で野菜を煮るべきだと思いましたとのことです。


2017091916.jpg

 今回のご試食は、多くのお客様からもご好評を頂いておりました。

 やはり、日本人ってお味噌汁が好きなんだなぁ〜と感じると共に、味だけでない、ぬくもりみたいなものを感じられているような気がします。お味噌汁を一口飲まれた時の、ほっこり笑顔が沢山あったからです。


2017091918.jpg

 また、東砂店の食育コミュニケーターさんは、人数は少ないですが、凄く丁寧に上手くまとめられていることに、毎回、感心させられています。


2017091912.jpg

 お二人で準備されている中、漫才のような掛け合いも楽しく拝見させて頂いております。新しい仲間が増えるといいですね。


2017091915.jpg

 また、来年、お店にお邪魔させて頂いたときに、どう進化しているのか、今から楽しみです。
ラベル:お味噌 発酵食品
posted by ワイズマン at 15:37| 千葉 ☀| Comment(0) | 食育 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月15日

2017年8月食育『いつもの素麺をおいしくアレンジ パリパリピザ』

2017081513.jpg

 2017年8月の食育レシピは、『いつもの素麺をおいしくアレンジ パリパリピザ』でした。本日終わったばかりの西船本郷店の様子をレポート致します。


2017081502.jpg

 西船本郷店の食育をレポートするのは、何年振りになるでしょうか。

 今、調べたところ、2011年9月以来でした。約6年も間が開いてしまいました。本当に申し訳御座いません。巡回の回数が店舗で偏っておりますので、もう少し考えてまわりたいと思います。出来れば1年に1回は訪問したいです。

 おっと、話を本論に戻します。


2017081503.jpg

 今回の食育レシピは、全部で3品ありました。

 一番のメインは、「いつもの素麺をおいしくアレンジ パリパリピザ」です。

 要約すると、素麺を焼いてピザのように食べよう!というコンセプトです。

 昔は、お中元、お歳暮などで素麺が大量に余っているというご家庭が多かったと思います。また、夏の暑い時期、食欲がおちた時に、「素麺でも食べましょうよ」となると思いますが、おつゆにつけて食べるだけでは、飽きてしまいます。そこで、素麺を全く違う調理で食べてみようというアレンジレシピとなりました。

 それでは、作り方を、実際の調理の写真でご紹介致します。


2017081505.jpg

 まず、茹でた素麺を水にさらし、軽く洗います。

 次にザルにあげた素麺をざく切りにします。(フライパンで焼くときに、丸く成形し易くするためです)

 準備が終わったら、フライパンにオリーブオイルを敷き、素麺をピザのように丸く平らに拡げます。


2017081506.jpg

 ピザ用チーズを、フライパンに敷いた素麺全体に散らしてから、火をつけます。


2017081508.jpg

 こんがり焼き色がついたらひっくり返します。


2017081509.jpg

 パスタソース(今回は、マ・マーさんの「トマトの果肉たっぷりのナポリタン」をぬります。


2017081510.jpg

 更に、その上にトマト、オクラ、ベーコン、ピザ用チーズなどをのせたら、蓋をして中火で3〜4分焼いて完成です!


2017081511.jpg

 素麺もピザも、主原材料は、小麦粉です。素麺からピザを作ることは、実は、正等系のアレンジなのかもしれません。


2017081514.jpg

 二品目は、「冷やし甘酒豆乳しるこ」です。

 ざっくりとレシピをご紹介しますと、粒あんに糀甘酒豆乳を少しずつ加えながら、餡をのばします。塩を少々加えて味を調えて完成。白玉を加えて頂きます。


2017081501.jpg

 三品目は、「カルピスで作ろう! もみもみ★シャーベット」です。

 こちらもレシピをざっくりお伝えします。

 カルピス1に対し、牛乳2の比率で、冷凍保存バッグの中に流し入れます。一緒に小さく切ったフルーツなども加えます。それぞれの材料を良く混ぜ、空気を抜きジッパーをしっかりと締めます。平らなバットに敷いて、冷凍庫で3〜4時間凍らせてから、両手で揉みほぐして出来上がりです。西船本郷店では、フルーツは、みかんの缶詰でした。


2017081512.jpg

 三品の調理が終わり、いよいよご試食時間となりました。


2017081517.jpg

 今回、心配していたのは、お盆休み中でお客様が少ないのではないかという点、更に三品のご試食は、中々、お客様にオススメするには、ハードルが高いなぁ〜ということでした。


2017081516.jpg

 しかし、それは杞憂でした。

 まず、店内にはお客様が大勢、お越し下さっていました。年齢層も、小さなお子様から、ご年輩の方まで。

 そして、今回のレシピに対しても、お客様がご興味を示されており、進んでご試食されていて、更に「美味しい!」の一言が、他のお客様の関心を惹きつけていたのだと思います。


2017081518.jpg

 小さなお子様に、お父さんが、シャーベットを食べさせてあげました。

 最初の一口で「あれ?」と固まってしまい、あまり食べたい雰囲気ではありませんでした。他のお客様にご試食をおすすめしていたら、「あ〜うっ!」といった感じのお声が聞こえてきて、振り返ってみると、先ほどの固まっていたお子様が、お父さんにシャーベットを食べたいと、指でカップを示しながら、体全体を使って訴えていました。微笑ましい光景です。お父さんも笑顔で「食べたいの?」とスプーンで食べさせてあげていました。


2017081520.jpg

 また、お店の入口にいらした直後に「あっピザ!」と元気な声が聞こえてきたり。


2017081523.jpg

 「美味しい、まるでピザね。食感が面白いわ。」

 「シャーベット冷たくて本当に美味しい。この酸味もいいですね。」

 「素麺にこんな食べ方があるなんて斬新ですね。」といったような感想を頂戴しました。


2017081522.jpg

 三品あるにも関わらず、ほぼ、ご試食は無くなりました。食育コミュニケーターさん達も、手応えを感じていたようです。


2017081519.jpg

 実は、準備に時間がかかり、スタッフが事前に試食出来ていたのは、糀甘酒豆乳しるこだけでした。ご試食が終わり、スタッフも実際に食べてみると、シャーベットが本当に美味しい。疲れがとれる感じでした。パリパリピザも、具材はまさしくピザ。素麺部分は、ピザの生地とは別物ですが、あんかけ焼そばの麺とも違うし、とても新鮮でした。


2017081524.jpg
posted by ワイズマン at 17:38| 千葉 ☔| Comment(0) | 食育 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月31日

2017年7月食育 『夏のカレーフェスティバル(シーフードカレー編) 』

2017071819.jpg

 ワイズマート2017年7月の食育レシピは、6月に引き続き、『夏のカレーフェスティバル』でした。6月は、ミートカレーのレシピの中からのご紹介でしたが、7月はシーフードカレーのレシピの中からのご提案でした。

 久しぶりに原木店にお邪魔しました。


2017071818.jpg

 原木店では、毎回、本部からの提案に何かアイデアや仮説提案を、ご試食で試してみて、結果を分析、そして次回以降の食育活動に活かすというように、一捻りあるのが特徴です。お客様からは、あまりそういった部分は見えないかもしれないのですが、他の店舗と比べてみても、取組みの姿勢が少し違っていて、いつも感心させられています。


2017071815.jpg

 まずは、原木店のレポートから、そのままご紹介させて頂きますね。

 先月、2種のカレー食べ比べがご好評でしたが、今月は食材を敢えて変えずに、ルーを変えての食べ比べ提案をしました。


2017071817.jpg

 当日使用したカレールーは、次の2種類です。

 1つは、ハウスさんのバーモンドカレー。もう1つは、グリコさんのZEPPINです。


2017071802.jpg

 こちらは、ハウスさんのバーモンドカレーで作ったシーフードカレーです。

 バーモンドカレーは、1960年頭にカレーは大人の食べ物という認識を覆すべく、手軽に「子供も大人も一緒に美味しく食べられるカレー」として開発された商品で、ハウスさんと言えば、バーモンドカレーという印象は強いのではないでしょうか。誕生から半世紀以上経つバーモンドカレーは、何度も製法のリニューアルが実施され、今に至ります。


2017071803.jpg

 こちらは、グリコさんのZEPPINで作ったシーフードカレーです。

 ZEPPINは、まだ誕生してから比較的新しいカレーです。(2004年発売開始)

 デュクセルソースと40数種スパイスで仕上げた、大人向けの本格的なカレーとして開発された商品です。濃厚なコクと風味豊かな上質な味わいを追求。(※デュクセルソース=マッシュルームと香味野菜を炒めた、風味・コク付けのためのソース。)

 開発された時代が違いますが、商品のコンセプトも真逆ですので、確かに食べ比べするには面白い組み合わせだと思います。


2017071822.jpg

 再び、店舗のレポートからご紹介致します。

 同じ食材でルーによってこんなにも味が違うのかと私達も驚きました。今回も2種の食べ比べは成功で
した。特にZEPPINを使ったことがない方が多く、ご試食され、そのままお買い上げ下さりました。良かったと思います。


2017071825.jpg

 お客様のご感想は、次のようなものでした。

 カレー・・味が全然違うんですね!

 ZEPPINとても美味しいです。お子様が食べ比べをし美味しいとご購入頂きました。

 普段は、バーモントかジャワカレーなんですが、ZEPPINコクがあって美味しいですね!の声を多数頂きました。


2017071810.jpg

 そして、もう一品。

 普段、関東では、あまり食べ慣れない?赤だしのしじみ汁を土用の丑の日のためにお勧めしようと考えたそうです。


2017071816.jpg

 今回使用したのは、こちらの減塩赤だし味噌です。

 国産大豆を100%使用した仕込みから減塩で製造した、おいしさはそのままに塩分のみをカットした、うま味たっぷりの赤だし味噌。

 但し、お味噌汁その後の利用法が分からないのではないか?と考え田楽味噌を提案することにされたそうです。(冷蔵庫の奥にいつの間にか追いやられていたり・・)家で肉みそも試作してみましたたが、シンプルに田楽味噌だけにし、田楽味噌の美味しさがよく分かるように決めました。


2017071813.jpg

 ご試食のときは、炊きたてご飯にのせて提供。通常の田楽味噌バージョンと柚子を加えたバージョンの2つをご用意しましたが、柚子バージョンは、ディスプレイ専用で、ご試食は田楽味噌バージョンのみとしました。


2017071814.jpg

 田楽味噌の作り方の材料の分量は、こちらのメモをご参考にして下さい。実際の作り方は、材料をひと煮たちさせるだけとのことです。


2017071811.jpg

 試食させて頂きましたが、とても濃厚で、少しでごはんが沢山食べられるおいしさでした。


2017071820.jpg

 ディスプレイは素揚げ野菜・茄子・かぼちゃ・いんげんに添えて、主役の赤味噌のしじみ汁と一緒にしました。


2017071804.jpg

 この日、販売していたしじみがとても大きくてビックリしました。まるで、あさりの大きさで、肉厚でした。


2017071807.jpg

 しじみ汁についてのお客様のご感想は、反応が鈍く得意じゃないとおっしゃるお客様が多かったようです。

 一方の田楽味噌については、興味を示されるお客様が多く、作り方を聞かれました。お客様の反応が想像以上に良かったのに驚いたそうです。


2017071826.jpg

 田楽味噌・・え!何これ!何これ!凄く美味しいんですけど!ご飯がすすみ過ぎて大変かも!と絶賛頂きました。田楽味噌は、感動して下さる方が多かったです。早速作ります・売ってないんですか?のお声も頂きました。


2017071808.jpg

 原木店の食育コミュニケーターさん達は、共通の食育レシピの他に、何か独自で提案出来るものはないか、また、その発展系(実際にお客様がご利用される場合のことを考えた)もご紹介されているところが、凄いなぁ〜と思います。そして、ただ単にお客様にご満足頂いたことの証として、美味しいとのご感想だけではなくて、その商品をお買上げ下さることに喜びを感じられているのが、一歩進んでいると感じています。

 やはり、小売として商品を販売している以上、お客様が本当に感動頂けたら、お家でも作って召し上がって頂きたいと思うのは、普通だと思います。家庭に常備されているような食材であるならば、そのままご購入されることもないかもしれませんが、普段、お買い求めされていない商品をご購入頂けたとしたら、それは、ご試食が美味しかったからだと思うのです。
posted by ワイズマン at 18:55| 千葉 ☁| Comment(2) | 食育 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月05日

2017年6月食育 『夏のカレーフェスティバル』

2017062018.jpg

 ワイズマート2017年6月の食育レシピは、『夏のカレーフェスティバル』でした。

 いつもの形式と異なり、チラシに掲載されている7種類のカレーレシピの中から、お店の食育コミュニケーターさん達が選んだオススメの一品をご試食頂く企画となりました。

 また、諸事情により、普段はご試食が準備出来ていない店舗も、今回は、ご試食をやりましょう!という日でもございました。

 それでは、当日の様子を振り返ってみたいと思います。今回選んだのは、西荻窪店と、赤羽アピレ店の2店舗です。


2017062015.jpg

 最初に訪れたのは、西荻窪店でした。


2017062001.jpg

 西荻窪店のオススメレシピは、『牛肉とアボカドのカレー』でした。


2017062002.jpg

 店舗に到着したときには、食材のカットはほぼ終わっていました。


2017062003.jpg

 調理も進み、色々な食材がフライパンの中で炒められていきます。


2017062006.jpg

 基本カレーですから、調理方法はみんな同じで、最初にお肉お野菜を炒め、水を加えて煮込み、灰汁をとり、煮立ってお野菜に火が通ったら、一度、火を止めてルーを投入。攪拌しながら、とろみが出てくるまで中火で煮込むといった感じだと思います。


2017062007.jpg

 このレシピには、ニンジンが入っていないのですが、パプリカの黄色と赤色、アボカドの緑色と彩りも豊かでとても美味しそうに出来上がりました。


2017062005.jpg

 その傍らで、店長がパプリカに細工をしています。


2017062004.jpg

 細工と言っても、こういった型を使って抜いているだけですけど、パプリカが、まるで宝石のように輝いていました。


2017062009.jpg

 そして、もう一品。『カラフルチョップサラダ』も、ササッと店長が作っていました。普段から料理しているのかもしれませんね。


2017062008.jpg

 そして完成形がこのうさちゃんです。パーツの配置が中々定まらずに苦労していました。十分、可愛く出来たと思います。


2017062010.jpg

 この日、食育活動に参加されたのが初めての食育コミュニケーターさんもいらっしゃいましたが、忙しいながらも、楽しそうに調理されていました。


2017062011.jpg

 売場の迫力ある陳列も完璧!

 それでは、当日のレポートからご紹介させて頂きます。

・4人で10時より調理を始め、11:20からご試食を開始しました。調理から行うことは初めてだったので、開始時間の告知はせずに、時間に余裕を持って行いました。

・100円ショップでくまの型抜きを使ってご飯を作成。目・耳や鼻をパプリカで作成した為、厚さが出てしまい。かなり出目金になってしまいました。


2017062013.jpg

・準備時間はもう少し、短縮できそうでした。牛肉は小さめの一口サイズにしましたが、15分の煮込み時間では、まだ硬かったです。もう少し煮込みが必要。

・アボカドはトロッとして美味しかったです。温めてもよいことを再発見。アボカドは次の日まで持つのか尋ねられましたが、答えることが出来ませんでした。

・店長がジャワの中からの商品をえらんだので、次に機会があれば、自分たちで選びたいと思います。(小さなお子さんには勧めることが出来なかった)


2017062014.jpg


・アボカド・牛肉・パプリカ・ご飯にルーと盛りだくさんになったので、お客様からは豪華だねとお褒めを頂きました。

・レシピ集は喜んで、お持ち帰り下さいました。(家で作ってみるとの声、多数)

・常連のお客様がご来店された後でしたので、次回は、少し早めにご試食を開始したいと思います。


2017062017.jpg

 いつもの食育活動のリーフレットとは違い、今回は現在開催中の「夏のカレーフェスティバル」のリーフレットからご紹介しておりました。

 アレンジレシピ、デコレーションカレー、カレーにもう一品など、沢山のオリジナルレシピをご紹介しておりますので、是非、ご覧下さい。「夏のカレーフェスティバル」のリーフレットは、こちらからもご覧いただけます。

 このレシピリーフレットは見ているだけでも楽しいので、お客様と食育コミュニケーターさんとの会話も弾んでいたようです。


2017062019.jpg

 食育のご試食をおすすめするのは、まだ数回であるにも関わらず、スムーズにお声がけされているのにはビックリです。今回の反省点を振り返り、更なる展開が楽しみになりました。


2017062020.jpg

 続いての店舗は、赤羽アピレ店を訪ねました。

 赤羽アピレ店は、調理をする場所がデリカ部の作業場しかありません。2017年6月を最後に、デリカは撤退させて頂きましたので、この食育が、赤羽アピレ店にとっては、最後の食育活動となりました。


2017062021.jpg

 中華鍋を使っての調理。とてもパワフルです。


2017062022.jpg

 店舗のレポートがまだ提出されていないので、僕から見た感想となります。

 不定期開催にも関わらず、ご試食頂いたお客様が多いことにびっくり。

 中には、おかわりされているお客様もいらして、美味しく出来て良かったと思います。


2017062023.jpg

 最後に、「夏のカレーフェスティバル」のリーフレットは、本当に見ているだけで楽しいので是非、ご覧下さい。また、実際に作られたご感想などコメント頂けると嬉しいです。

 個人的には、「カレーと一緒にもう1品!」のぺージにある「みそ香るアイスクリーム」が気になって仕方がないので、挑戦したいと考えています。
posted by ワイズマン at 15:18| 千葉 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 食育 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月03日

2017年5月食育レシピ 『トマト牛丼』

2017051601.jpg

 ワイズマート2017年5月の食育レシピは、『トマト牛丼』でした。

 今回、訪れたのは、飯山満店です。それでは、早速レポートします。


2017051604.jpg

 この日は、ご試食開始の1時間ぐらい前にお邪魔したのですが、結構、調理は進んでいました。既にフライパンで牛肉と玉ねぎが煮たてられたところまで終わっていました。最終工程のカットしたトマトをサッと煮こむところから、合流です。

 そう言えば、先日テレビで某料理研究家の方のレシピがご紹介されていましたが、肉じゃがなどの煮物も、深い鍋ではなくて、浅いフライパンで調理した方が、熱の伝わりがムラ無く、しかも時短で調理出来るそうです。


2017051603.jpg

 こちらは、米糀のお味噌を使ったお味噌汁です。使う具財は、トマトと玉ねぎですから、牛丼と同じです。最後にスライスチーズをのせるのですが、お味噌とチーズって合うんですね、意外な発見でした。


2017051605.jpg

 今回のレシピは、とても簡単でしたので、調理のお手伝いをすることもなく、味見や、配膳のお手伝いをさせて頂きました。


2017051606.jpg

 そして、ご試食の準備も整いました。


2017051607.jpg

 店内のディスプレイも完成し、いよいよご試食のスタートです。


2017051608.jpg

 飯山満店を巡回していていつも感じることは、お客様との距離が近いお店だということ。

 お店がある地形の問題もあるのですが、飯山満店を本当に冷蔵庫代わりにご利用下さっているお客様が多いです。お買い物が終わり、お店から出られたお客様に「ありがとうございました」とご挨拶させて頂いただけなのに、わざわざ僕の前にお越し下さって、深々と頭を下げられながら「いえいえ、こちらこそありがとうございます」とご挨拶頂くと、逆に恐縮してしまいます。それぐらい、お店に対して身近に感じて下さるお客様が多い飯山満店の食育も、自然と近い空気が生まれています。


2017051610.jpg

 「簡単そうなのに美味しいですね。」

 「お味噌汁にトマトやチーズをいれたのは初めて食べたけど、これ、美味しいわ。」

 「トマト牛丼、今晩つくってみます。」

 「お味噌汁がとても美味しいですね。」


2017051611.jpg

 お客様から、色々なご感想をフィードバック頂いて、また次回に繋がっていく訳です。


2017051602.jpg

 彩りが綺麗だったり、牛丼にトマトをのせるの?みたいな発見があると、ご試食も多く進むみたいです。


2017051612.jpg

 小さなお子さまがご来店され、ご試食頂きました。

 トマト嫌いのお子さまが多いので、大丈夫かなぁ〜と見ていたら、「この子は、トマトもお野菜も大好きなんです。」とお母さん。ご試食サイズですが、小さなお口では、ゆっくり、少しずつご試食されています。他のお客様や、品出しの従業員が通り過ぎる中で、にこっと笑いかけたり、嬉しそうに見守られている様子は、スーパーもコミュニティーの一部なんだなぁ〜と実感させてくれます。


2017051609.jpg

 ご試食の時間も終わり、店舗のスタッフと色々とお話して、20分ぐらい経過。スーツに着替えて店舗を出ると、先ほど、ご試食された女の子が駐輪場で楽しそうに遊ばれていました。お母さんは、お子さまを優しく見守られているのですが、お買物も終わり、お家に戻られたいご様子。

 そこで、「あ〜、その草むらに、虫がいるみたいだよ〜。刺されるとかゆくなっちゃうよ。」とお子さまに話しかけました。

 お母さんも、「あ〜、虫さんがいるんですって。刺されたら大変、帰りましょう。」と僕に合わせて会釈を下さいました。

 スーパーマーケットとは、本来は、セルフサービスの業態だと思います。昔、商店街で八百屋さん、魚屋さん、肉屋さんなどと会話しながらお買物していた時代とは違うのかもしれません。

 でも、飯山満店にいると、本当にお客様との距離が近いから、余計なお節介と思われてしまうことも、自然に出来てしまう雰囲気があるし、僕は好きです。
posted by ワイズマン at 16:18| 千葉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 食育 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月02日

2017年4月食育レシピ 『重ねてかんたんロールキャベツ』

2017041811.jpg

 ワイズマート2017年4月の食育レシピは、『重ねてかんたんロールキャベツ』でした。

 今回の食育では、実籾店の様子をレポートします。


2017041801.jpg

 当日は、少し早めにお店に入る予定でしたが、電車を間違えてしまい、30分のロス。到着した時には、ほぼ調理が終わっていました。(ToT)


2017041802.jpg

 そこで出来たお料理の写真を撮ったり、ディスプレイのお手伝いをさせて頂きました。


2017041815.jpg

 「コールスローサラダは、ミニトマトで彩りをそえた方が素敵じゃないの?」 「じゃあ、青果さんに行って貰ってくるわ」 そんな会話の中に、僕も参加させて頂きながら、準備が進みました。


2017041814.jpg

 「今日は、新入社員の子たちも来るみたいだから、楽しみね。」「そうそう、頑張ってもらいましょう。」みたいな会話の中には、どこかお母さん目線の部分が伺えます。


2017041812.jpg

 ご試食用の取り分けをして、店内ディスプレイの準備が終わったのが、ご試食開始の11時30分。まだ、新入社員さん達は、到着しておりませんでしたが、予定通りにスタートすることにしました。


2017041803.jpg

 食育コミュニケーターさん達は、準備の時のやりとりを拝見していても、優しいお母さんという感じでしたので、お客様との接客も、予想通りの展開となりました。

 とてもフレンドリーな接客で、「お待ちしておりました。ぜひぜひ食べていって・・・。」みたいな感じです。常連のお客様も直ぐに集まって下さって、ご試食の感想をお聞かせ頂きました。


2017041809.jpg

 食育コミュニケーターさんのお二人は、店内を二手に別れて、お客様にご試食をオススメされていました。そんな中、10分ぐらい経過した頃に、新入社員さん達が到着しました。


2017041804.jpg

 研修中の新入社員さん達は、精一杯、大きな声でお声がけしているのですが、お客様の流れを見ずに、まだ、遠くにいらっしゃるのにお声を掛けしていたり・・・。

 もう少し、ソフトな感じでお声がけした方がいいかなぁ〜と思うのですが、懸命さに圧倒されたお客様は、そそくさと前を通過される状況でした。


2017041805.jpg

 新入社員の多くが、お声がけで悪戦苦闘している中、ふと見ると自然な笑顔で、ご試食をすすめている社員もいたりして。


2017041806.jpg

 また、二人一組で接客したり、試行錯誤している様子が伺えました。

 恥ずかしいのかなぁ? 折角、お客様が見て下さっているのに、目をそらしてしまっています。早く、お客様の目を見て、会話出来るようになるといいですね。


2017041810.jpg

  店舗の報告書には、「新入社員のフレッシュさとエネルギッシュさに圧倒されながらもお客様からは高評価だったと思います。コミュニケーターも、新卒の頑張りに後押しされているようでした。」とまとめられています。

 でも、僕の見方はちょっと違っていて、食育コミュニケーターさん達は、ご試食をお客様におすすめしながらも、時折、新入社員の様子も気にされている親御さんの目線だったと思います。

 「もっと、頑張って」「タイミングよく」「アイコンタクトはきっちりと」「ご試食受け取って貰えなかったけど大丈夫かなぁ」

 ワイズマートが食育活動を始めたばかりの頃、事前準備も大変で、ドタバタしながらのスタート。

 徐々に要領が分かってきて、効率よく準備が出来たり、役割分担が進んで今に至る訳ですが、店舗の中には、日常業務に追われてご試食を休止しているところもあります。

 今も食育活動を続けている店舗の食育コミュニケーターさん達は、仕事としての活動でもありますが、それとは別の目的意識や、やりがいみたいなものを感じます。だからこそ、新しく仲間として参画している新入社員に対して、親御さん目線になるのでは?と思いました。


2017041816.jpg

 肝心な食育レシピですが、コールスローサラダが美味しいとご好評でした。また、ロールキャベツの方も、巻かないでできるの!と驚きのお声もありました。

 僕も試食しましたが、ロールきゃべつの方は、トマトソースの缶詰だけで味付けされているとは思えなかったし、ミックスビーンズがワンランク上の料理にしてくれていたと思います。

 最後に食育コミュニケーターさんにお別れを告げると「また来月もいらして下さいね」と、社交辞令のようなご挨拶を頂きました。流石に来月はないのですが、実籾店に前回は、いつ来たのだろう?と調べてビックリ。前回は、2011年4月でした。約6年振りでした。本当に申し訳御座いませんでした。次回は、1年の間には、必ず、お邪魔させて頂きます。(前回訪問のレポートは、こちら

posted by ワイズマン at 17:57| 千葉 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 食育 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする