2013年08月09日

春休み親子料理教室「ハピファミカレー料理教室」

13081101.jpg

 2013年3月23日にエスビー食品株式会社様による春休み親子料理教室として「ハピファミカレー料理教室」が開催されました。

 実は、明日、8月10日にもその第2回目が開催されることもあり、ギリギリセーフ?のタイミングでのレポートとなります。エスビー食品株式会社様、レポートが遅くなり申し訳ございませんでした。

 また、今年の夏休み親子料理教室のレポートも、今回分で追いつきましたので順次公開させて頂きます。


13081102.jpg

 それでは、「ハピファミカレー料理教室」をレポート致します。

 まずは、「ハピファミって何?」です。まるでCMのキャッチコピーみたいですが、家族みんなでおいしく!楽しく!ハッピーに!というコンセプトで誕生したカレーのことです。


13081104.jpg

 まるで、親子料理教室のために誕生したカレーというのは、オーバーですが、大人から子供までみんなで楽しめるカレーが商品コンセプトな訳です。そこで、親子料理教室としては、初めて、1家族最大4名様までのご参加をうたった参加人数最大の親子料理教室となりました。


13081103.jpg

 これまでも、親子料理教室のお客様アンケートには、兄弟姉妹で参加させてあげたかったというごもっともなご意見を頂いておりました。但し、お皿や調理器具などの備品の数にも限りがありますし、スタッフのケアがある程度、行き届くためには、人数制限をしなくてはなりません。もし、1家族の参加人数を増やせば、同時にご参加いただく家族の組数を減らさなくてはなりません。ワイズマートとしましても、出来るだけ多くのご家族様にご参加頂きたいという思いがございますので、なかなか実現出来ませんでした。

 しかし、今回は「ハピファミカレー」。エスビー食品株式会社様のご意向もあって、16組☓4人(最大)=最大64名様での親子料理教室を開催することとなりました。


13081106.jpg

 当日の流れは、こうです。

 まずは、大人向けスパイスセミナーと同じように、スパイスについての基礎知識と、カレーの歴史の授業がありました。


13081107.jpg

 春休みということもあり、熱心に授業の内容をメモされているお客様が多く見受けられました。


13081109.jpg

 日本のカレーの場合は、ルーを使って作ることが多いですが、インドでは、スパイスの色々な特徴を使って、家庭毎のオリジナルの調合によるカレーを作ります。


13081110.jpg

 例えば、このターメリックというスパイス。日本では、「うこん」という名前でも知られておりますが、カレーの黄色を出すためには不可欠なスパイスとなります。


13081108.jpg

 スパイスやハーブには、大きく3つの作用があります。1つは、香りをつけたりにおいを消す作用。もう1つは、色をつける作用。そして最後が、辛みをつける作用です。

 簡単に分類すると以上のような3つの作用に分類されてしまうのですが、例えば同じ「辛み」でも、舌が焼けるようなホットなからみ、ピリッとしたシャープな辛み、鼻に抜けるツンとした辛みなど、様々なものがあります。だからこそ、料理によって使うスパイスやハーブが異なるのです。


13081116.jpg

 スパイス&ハーブの基本を学んだ後、実際にオリジナルのカレースパイスを作ることになりました。並べられたスパイスの缶には、基本的なカレーを作るための分量の記載と、もっと〇〇のカレーを作る場合は・・・といったように、好みで入れる入れないを取捨選択出来るようなかたちで提供されました。


13081117.jpg

 紙コップに色々なスパイスを入れて調合していきます。


13081118.jpg

 調合したスパイスをよく掻き混ぜ、ビニール袋に入れます。調合したスパイスの内容が異なりますので、皆さん同じ色をしていません。このオリジナルスパイスを使って、カレー作りを始めるのかなぁ?と思ったのですが、実は、カレーに使うためには、ある処理が必要となります。


13081111.jpg

 その処理が、「焙煎」と言います。粉々に砕かれたスパイスやハーブを火で炒る作業が必要です。


13081112.jpg

 次に熱をとり、ふるいにかけてカレー粉とするのが商品の場合の流れですが、今回のオリジナルカレー粉は、既に粉末状のスパイスを使っているため、フライパンで焦げないように炒って、時間を置いて熟成(1ヶ月)させてから、料理に使えるようになります。


13081113.jpg

 1月熟成させていたら、料理教室は終わってしまうので、教室名にもある「ハピファミカレー」を使ったカレー作りが始まりました。

 それでは、当日のお客様アンケートから一部を抜粋してご紹介させて頂きます。


13081120.jpg

 ・家では、こんなに沢山のスパイスを揃えることが出来ないので、とても貴重な経験が出来ました。

 ・料理の「切ったり」、「炒めたり」、「混ぜたり」といった動作が盛り込まれていて、子供達も満足でした。

 ・あんなに沢山のスパイスを見て、においをかいで、接することが出来て、貴重でした。


13081122.jpg

 ・ミンチを使うことで、短時間でも美味しく出来ました。

 ・ラッシーがデザート感覚で嬉しかったです。

 ・スパイスの勉強になりました。子供達は、四角いルーの形しか知らなかったので、とてもよかったと思います。


13081124.jpg

 ・チョレギサラダは、本当に簡単で美味しかったです。カレーは、甘味でしたので、スパイスで辛目にすることが出来たのも良かったです。

 ・とても楽しかったです。子供が最初から全て作れるところが良かったと思います。

 ・子供と一緒に楽しく料理をしたかったので、参加しました。専門の先生に教わるのは、子供にとっても良い経験になりました。


13081127.jpg

 ・スパイスを自分の好みの量で作る機会は中々ありません。親子共々、楽しかったです。家に帰ってから食べる楽しみもあり嬉しいです。

 ・短い時間の中で、楽しく、みんなで協力して出来て良かったと思います。

 ・一緒に作った方々と会話をしながら楽しく食べました。


13081137.jpg

 ・すごく楽しくあっという間に終わった感じです。素敵な時間を過ごさせて頂きました。分かり易い説明と優しい対応で、子供もすぐに打ち解けることが出来ました。ありがとうございました。

 ・スパイスのホール(生のまま)の姿をみたり、においをかいだり出来て、印象が深まりました。

 ・更に自分でカレー粉を調合するのは、大人も子供も楽しかったです。


13081128.jpg

 ・子供主体で楽しく出来ました。みんなで仲良く出来て良かったです。

 ・サラダが特に美味しかったです。また、手作りラッシーも、初めてで美味しかったです。

 ・おかわりを沢山しました。お腹がいっぱいです。みんなで作って、みんなで食べて、とても美味しかったです。ご馳走様でした。


13081135.jpg

 ・ラッシーの作り方が、分かって良かったです。

 ・自分で作ったカレーなので、子供が普段よりも多く食べていました。シナモンシュガーが気に入りました。

 ・とても楽しかったです!サラダもおいしかったし、ラッシーも、美味しかったです!そして、カレー。今まで食べたカレーの中で1番でした。


13081123.jpg

 お食事の様子を拝見していると、殆どの方がおかわりをされていたのが印象的でした。特にお母様方も、皆さん、おかわりされていたのは、他の親子料理教室では見ることが出来ない光景でした。カレーには、みんなで食べると、よりおいしく感じる魔法があるのかもしれません。まさに、「ハピファミカレー」でした。
posted by ワイズマン at 16:13| 千葉 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 親子料理教室 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年07月23日

夏休み親子料理教室「簡単サンドイッチ教室」

12082601.jpg

 いよいよ、お子様達は、夏休みとなりました。

 ワイズマートでも、7月20日(土)に今年最初の夏休み親子料理教室が開催されました。順次ワイズフォーラムでも、報告させて頂きたいと思います。

 と、その前に昨年の夏休みに開催された親子料理教室「簡単サンドイッチ教室」のレポートが出来ておりませんでした。主催のナガノトマト様、大変申し訳ございません。遅くなりましたが、レポートさせて頂きます。


12082603.jpg

 2012年8月26日にナガノトマト様主催による「簡単サンドイッチ教室」が開催されました。ナガノトマト様は、その名の通り、トマトを使った食材や飲料のほか、なめ茸などを発売されている会社様です。


12082602.jpg

 当日は、トマトジュースやトマトケチャップなどのティスティングをして、その違いを体感していただきました。中々、トマトケチャップの味比べは、ご家庭では難しいと思います。ナガノトマト様の商品の中には、オムライス向けに開発されたトマトケチャップなどがあり、トマトケチャップ同士を比較することで、その違いが明確になります。


12082606.jpg

 また、今回のアンケートの中でも、お客様から絶賛されていた人気企画「お子様だけのお買い物」がありました。

 ちょっとだけ、アンケートの中からご紹介させて頂きます。

 ・子供に買い物をさせてくれたのが、工夫されていて面白かったです。良い体験が出来ました。

 ・電卓を使ったことがなく、不安だったようですが、楽しかったそうです。

 ・買い物が楽しかったらしい。

 ・お買い物が楽しかったそうです。(娘より)

 ・はじめての子供だけのお買い物だったので、楽しかったようです。

 ・子供が、とてもお買い物のことを楽しそうに話していました。私もその様子を直接見たかったです。


12082607.jpg

 過去にも、お客様アンケートに、親御様達も、お子様達だけでのお買い物の様子を見てみたいというご要望が多く寄せられていました。

 そこで、今年の親子料理教室では、お買い物の様子を動画で撮影し、ご試食されてるときに、スクリーンに投影しました。実際にお買い物されていたお子様達は勿論、親御様達も大変興味深くご覧になられていました。お買い物の直前にグループになったばかりのお子様達が、仲良くお買い物されている様子は、大変、微笑ましいものです。今後も、お買い物の様子を、その場でお客様にご覧きたいと考えています。

 また、スマホでチラシをかざすと色々な情報が取得できる試みを始めていますが、そちらでも、親子料理教室の動画をご紹介させて頂くことで、より雰囲気が皆様にお伝え出来ると思います。8月の最初の週末チラシでは、親子料理教室の様子をご紹介させて頂きますので、楽しみにお待ち下さい。


12082612.jpg

 こちらが、当日、お客様が作られたサンドイッチやオードブルです。トッピングが沢山あるお料理は、お子様達がとても楽しそうです。この日も、みなさんが夢中になって自由に料理されていました。


12082614.jpg

 最後にお客様アンケートから、一部をご紹介致します。

 ・トマトジュースやトマトケチャップのティスティングが楽しかったです。トマトについても、色々と教えていただき、勉強になりました。

 ・とても楽しい時間を過ごせました。簡単に子供でも作れたのが良かったです。

 ・普段、トマトの味の違いや栄養などを考えて食べていなかったので、勉強になりました。


12082604.jpg

 ・予想していたよりも、上手く作れて子供も喜んでいました。

 ・包丁にハラハラしましたが、以外に出来るのでびっくりしました。

 ・家ではなかなか握らせない包丁を使えて嬉しかったようです。メニューが簡単なものなので、子供だけでも作れて良かったです。

 ・トマトケチャップ以外にも、なめ茸、みそソースが美味しかったです。


12082608.jpg

 ・”まなか”トマトが美味しかったです。お買い物も楽しく、また、つぶ入りケチャップがおいしかったです。

 ・見本を見たときは、難しそうに思ったみたいです。作ってみたら、そうでもなかったと娘の感想です。

 ・味噌だれが美味しかったので、全てのものにつけて食べました。なめたけクリームチーズカナッペがとってもおいしかったです。


12082613.jpg

 ・トマトの栄養を再確認しました。買い物も楽しかったようです。

 ・子供でも簡単に作れるメニューで、自分で作り上げた満足感もあり、うれしそうでした。

 ・子供の食育につながる企画はとても嬉しかったです。とても楽しく過ごせました。スタッフの方々もとても親切にして下さいました。ありがとうございました。


12082609.jpg

 ・幼稚園の子供とも楽しく出来て、とてもよかったです。

 ・チーズ&なめ茸クラッカーは、とても美味しかったです。是非、こういう企画を沢山お願いします。
 
 ・少しの材料で、沢山のオードブルが出来て楽しかったです。


12082605.jpg

 ・トマトは、子供が大好きな食材でよく食べていますが、知らなかったことが沢山あり、とてもためになりました。

 ・流れが良かったです。親も勉強になり、また、普段、買わない商品の味見も出来ました。

 ・娘がとても楽しんだので良かったです。自分で作ったものは、格別のようです。

 ・家でも一緒にできるメニューで、色々アレンジして挑戦したいと思いました。

posted by ワイズマン at 17:53| 千葉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 親子料理教室 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月30日

夏休み親子料理教室「カゴメ親子料理教室」 その2

12081804.jpg

 2012年8月18日に開催された「夏休みカゴメ親子料理教室」のレポートその2です。

 最初のお勉強が終り、食事バランスについて学んだ後、親子料理教室の人気コーナー「お子様達だけによるお買い物」となりました。


12081826.jpg

 お買い物リストを見ながら、食材を探します。4、5名のお子様毎にチームをつくって。

 自然に役割分担が出来たり、色々な個性が垣間見えて楽しいです。お店で食材を探すことが、どこか宝探しに似ていて、お子様たちからも、大変人気となっています。また、お子様だけで買い物をした経験がないことから、そこがとても新鮮に感じられるみたいで、少しだけ、大人の仲間入りしたような嬉しさがあるみたいです。


12081827.jpg

 お買い物も無事にが終わり、いよいよ調理の時間となりました。

 まずは、先生のお手本からです。


12081828.jpg

 ケチャップライスをクレープ状の玉子焼きで包んでから、顔のデコレーションをします。ケチャップの中に、さらさら流れないデコレーションに適したものがありました。


12081829.jpg

 このように綺麗にデコレーションが描けました。


12081830.jpg

 一品目の「オムむすび」の実演が終わったところで、直ぐにお客様の調理が始まりました。お子様は、まぜたり、こねたりが大好きですから、みんな楽しそうです。

 また、この日、初めて出会ったお友達同士でも、調理という協同作業を進めていく中で、仲良しになります。


12081834.jpg

 この写真は、オムむすびのご飯にまぜるえんどう豆を、さやから出しているところです。


12081835.jpg

 「私たちが取り出した枝豆を、きちんとまぜてね。」

 そんな声が聞こえてきそうですが、じっと注目されながらの作業は、照れもあったり、緊張もあったりするようです。


12081836.jpg

 玉子焼きクレープでご飯を包んだら、一番の楽しみのデコレーション。出来上がった作品には、お子様のセンスが光ります。


12081839.jpg

 こちらは、ライオンのたてがみをイメージしてのものでしょうか。

 海苔を使ったパーツも、笑顔だったり、泣き顔だったり、色々な表情がありました。


12081840.jpg

 続いて「トマトそうめん」の実習です。

 先生の目前でじっと手順を確認するお子様達。先生も懸命に実演しながらも、緊張されています。


12081841.jpg

 でも、流石はプロ。菜箸を上手くつかいながら、そうめんをクルッと一口大にまとめるテクニックを披露されました。見た目も綺麗ですし、食べやすくて、素敵な盛り付け方法だと思います。


12081842.jpg

 出来上がりはこちらです。

 彩りも美しく、そうめんのバリエーションとして、是非おすすめしたい一品です。


12081848.jpg

 お客様の調理も終り、全員揃ってのお食事となるのですが、カゴメさんから、楽しいお食事の挨拶がありました。ちょっと昔のことなので、詳細まで覚えていないのですが、掛け声をかけながら、自分の頬を叩きながら、挨拶。みんな笑顔の「いただきます」となりました。

 それでは、当日のお客様アンケートから、一部をご紹介させて頂きます。


12081831.jpg

・スタッフの方がみんな優しくて、とても楽しく参加することが出来ました。また参加したいです。

・家では、中々、子供と一緒に料理する機会がないので、とてもよかったです。


12081838.jpg

・トマトのレシピが良かったです。子供は、トマトがあまり好きではないと言っていましたが、そうめんは、これなら食べれると完食していました。

・普段、つくらないようなレシピを学べてよかったです。


12081837.jpg

・友達になれたなっちゃんと写真がとれて嬉しかったです。とても楽しかったので、また参加したいです。

・子供の夏休みの自由研究に、お料理教室に一緒に参加できてとても有意義でした。


12081843.jpg

・準備とか、お部屋のセッティングまで、子供達が喜ぶような工夫があって、とても楽しかったです。

・手間をかけ、工夫すれば美味しいものが出来ると思いました。家でも作ります。


12081846.jpg

・簡単で、とてもおいしくて、栄養たっぷりのメニューでよかったです。

・野菜を多くとりたいと意識していますが、なかなか、多くとれていません。大変、参考になりました。


12081847.jpg

・とても楽しい時間でした。トマトや野菜のお話も良かったです。

・親子で楽しく参加することが出来ました。今回初めての応募でしたが、次回も楽しみです。


12081844.jpg

・トマトそうめん、トマトフローズンヨーグルトの味に不安がありましたが、特にトマトフローズンヨーグルトは、トマトの味がせずにびっくりしました。とても美味しかったです。

・今までは、トマトケチャップは、オムライスぐらいにしか使わなかったので、とても参考になりました。


12081849.jpg
posted by ワイズマン at 09:00| 千葉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 親子料理教室 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月29日

夏休み親子料理教室「カゴメ親子料理教室」 その1

12081801.jpg

 久しぶりの親子料理教室のレポートとなります。既に春だというのに、昨年夏の親子料理教室のレポートです。カゴメ様申し訳ございません。

 また、まだレポートが終わっていないセミナー、親子料理教室につきましても、順次、テンポを早めて公開していく予定です。各メーカーの皆様、もう少しだけお待ち下さい。

 それでは、昨年8月18日に開催されましたカゴメ様の親子料理教室。正式なタイトルは「家族みんなで暑い夏を乗りきろう! 旬の夏野菜を美味しく!」をレポートさせて頂きます。


12081803.jpg

 夏休み親子料理教室の中でも、安定した人気のカゴメ様の親子料理教室。まだ、食育という考え方が、世間に浸透していない頃から、専門のチームを発足し活動されてきました。拝見していて、とても参考になる内容で、お子様へのアプローチについても、どうしたら「興味」を持っていただけるのか、また、その「興味」を「食」にシームレスに繋げる部分は、流石だと思います。

 今回のレポートでは、その一部(授業の部)を、丁寧にご紹介させて頂きます。


12081806.jpg

 まずは、食べ物について。それぞれの食品には、3つの役割があることが説明されました。それぞれの役割をお皿に例えています。


12081807.jpg

 最初に赤いお皿の紹介です。赤いお皿は、「丈夫な体を作る」食品の集まりです。たんぱく質には、動物性と植物性がありますが、大豆を使った食品(納豆や豆腐)なども、人の血や肉になるというのは、意外ですね。

 また、牛乳や魚などからとれるカルシウムは、骨や歯となります。


12081808.jpg

 2つ目の黄色いお皿は、「エネルギーとなる」食品の集まりです。

 具体的には、糖質なのですが、ごはんや麺類、砂糖、油脂などから摂ることが出来ます。


12081809.jpg

 3つ目は、「体の調子を整える」緑のお皿です。

 野菜や果物などがこのお皿に分類される食物です。ビタミン、ミネラル。食物繊維といったものを多く含み、これら3つのお皿の食物をバランス良くとることが、健康な生活を送ることに繋がります。


12081810.jpg

 3つのお皿を、どれぐらいのバランスでとれば良いかを示すのが上の画像です。このバランスは、食育で登場する食事バランスガイドのコマです。

 簡単な例を示すと、お肉と納豆、ごはんと、豆類の煮物にお味噌汁といった食事は、バランスが良いかというとそうではありません。お肉、納豆、豆類の煮物は、いずれも赤いお皿に属すもので、感覚的には、納豆や豆類の煮物は、緑のお皿に属するものだと思いがちですが、違います。

 また、緑のお皿は、他のお皿が1なのに対し2とらないといけない訳ですから、このバランスを維持してバランスよい献立を考えることが難しいと思います。単純にサラダを2人前食べれば良いとはなりませんし。

 では、どのように献立を考えたら良いのでしょうか。と、その前に、各食材について、少し深堀りしていくことになりました。カゴメさんといえば、トマトですから、最初に紹介されたのはトマトです。


12081812.jpg

 トマトの特徴、リコピンは、太陽をたくさん浴びると増加することが分かりました。


12081813.jpg

 さて、ここでクイズです。

 「トマトの種類は、全部で8000種類ある!」〇か☓かどちらでしょうか?


12081805.jpg

 講義ばかりだと飽きてしまうので、このようなクイズが途中に挿入されます。クイズの内容も、大人の常識だけでは類推出来なさそうな内容で、親御さん達も夢中になります。


12081814.jpg

 正解は、8000種類なので〇となりました。

 カゴメさんのHPでは、トマトの種類について詳しくご紹介されています。こちらをご覧下さい。


12081815.jpg

 また、トマト以外にも、「なす」や「ピーマン」なども、紹介されました。ピーマンがレモンよりもビタミンCを含んでいるなんて意外ですね。


12081816.jpg

 ここで2問目のクイズです。

 「紫色じゃないナスがある?」

 ナスは、紫色の「ナスニン」という栄養素ですとご紹介頂いたから、じゃあ、無色のナスは栄養が無いの?とか、色々考えながらクイズに回答します。


12081817.jpg

 正解は〇。白ナスや緑ナスなど、紫色ではないナスが存在します。


12081818.jpg

 クイズ3問目。

 「赤ピーマンと緑ピーマンは、違う種類のピーマンである」〇か☓か?

 2問目のクイズで色の異なるナスを紹介しているから、ここでどう考えるか悩みどころです。


12081819.jpg

 正解は☓。

 ピーマンが熟すと赤くなります。

 以前のカゴメ様の親子料理教室において、緑、黄色、赤のピーマンを、そのまま生食でお子様達にご試食いただき、その感想を聞いたことがあります。赤いピーマンに対して、「甘い」と感じられたお子様が沢山いらっしゃいました。果物と同じで、熟したピーマンは、甘味を感じるのです。

 その光景をみていて驚いたのが、お子様達がピーマンを自ら進んで試食されていたことです。ピーマン嫌いのお子様は多いと思いますが、お子様の興味が勝った瞬間だったのを記憶しています。


12081820.jpg

 クイズ4問目。

 「きゅうりは食べると体を冷す力がある」〇か☓か?


12081821.jpg

 正解は〇。

 タイムリーな更新でないので、本当に申し訳ないのですが、親子料理教室が開催された暑い夏には、ピッタリの内容でした。

 自然とは上手く出来ているもので、人は、クーラーなどがない昔から、夏野菜を食べることで体を冷すことを自然に理解していました。食べ物には、「旬」がありますが、「旬」とは美味しいだけでなく、その時に人が必要としている食べ物なのかもしれません。


12081811.jpg

 このような感じで、クイズを交えながら、食事バランスのこと、トマトや野菜についての知識を学びました。内容について丁寧にメモをとっているお子様達も、クイズ形式にしたことで、より鮮明な記憶として残っていると思います。


12081823.jpg

 そして授業が終わったときに、当日作るレシピと食材の紹介が始まりました。3つのお皿の勉強をした後ですので、自然に食事バランスを意識します。「あれっ。このおむすびだと緑のお皿が足りないなぁ〜。」


12081824.jpg

 続いて紹介されたレシピ「トマトそうめん」です。


12081825.jpg

 「トマトそうめん」の食材が分かって一安心。「緑のお皿の食材が沢山あって、バランスいいみたい。」

 このように、食事バランスを意識することで、献立を考えるとき、食材を選ぶときに、少し考えるように変化しました。

 レポートは、次回に続きます。
posted by ワイズマン at 15:06| 千葉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 親子料理教室 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月06日

夏休み親子料理教室「月島もんじゃ焼教室」

12080501.jpg

 2012年8月5日(日)にブルドックソース株式会社様による「月島もんじゃ焼教室」が開催されました。

 「もんじゃ焼教室」は、毎年、一番人気で、16組の参加募集に対して73組様ものご応募を頂きました。この倍率からみても、どれだけ人気があるのかが分かります。


12080502.jpg

 上の写真は、当日の会場の様子です。今回の親子料理教室に限ったことではなにのですが、メーカー様のスタッフの皆様が、沢山サポートに入って下さっています。やはり、包丁や火を使うということもあり、親子料理教室にはそれだけ細心な注意が必要になります。

 ワイズマートで開催される親子料理教室は、どこかで用意されているプログラムではなく、メーカー様と当社のスタッフが、一から企画検討を始め、当日まで準備を進めて作られた手作りの教室です。毎年、開催して下さるメーカー様も、昨年と同じでは駄目、どうしたらお客様に喜んで下さるのか、試行錯誤が続きます。


12080503.jpg

 そして、親子料理教室で大切なポイント。

 それは、おいしく食べるということです。

 もんじゃ焼は、他の料理と違って、鉄板で調理している時から、目で食べ、おいしさを楽しめる料理だと思います。もともとは、今のように立派な食事(あくまで僕の主観です)ではなく、駄菓子屋さんにあがって食べた子供達のおやつです。みんなでワイワイ食べるからおいしい。それが、もんじゃ焼の魅力でもあります。

 ※今は、駄菓子屋さんのもんじゃ焼は珍しいかもしれません。東京では、都電荒川線の荒川遊園の近くに、昔ながらの駄菓子屋さんのもんじゃがありますので、是非、若い方にも味わって頂きたいなぁと思います。


12080505.jpg

 講師のとりうみさんが、もんじゃ焼きのルーツや、おいしい食べ方を伝授して下さいました。「今日は、是非、プロの味を修得して、ご自宅でもチャレンジして下さいね。」

 おいしい作り方は、勿論、もんじゃというとソースをかけるので、健康的でないイメージをお持ちの方もいらっしゃるかもしれませんが、その逆であることを教えて下さいました。


12080506.jpg

 そして、チーム毎に自己紹介をしてから、お子様達だけのお買い物が始まります。


12080507.jpg

 授業の中でもあった、もんじゃ焼が体に良いと言われる料理である証明が、このきゃべつです。沢山のきゃべつが食べられる料理が、もんじゃ焼なんです。また、もんじゃ焼を作るにあたり、きゃべつは必要不可欠な役割があります。その役割については、後ほど。


12080508.jpg

 店内で、お買い物リストの商品を探します。もんじゃ焼は、トッピングも沢山あるので、買い物リストの商品も色々な売場に散らばっています。


12080509.jpg

 お支払いは、ワイズカードのEdyで。

 過去に参加されたお客様から、親子料理教室のお買い物体験をきっかけに、お子様にお買い物してもらうようになったというお話を頂きました。まだ幼いので現金でお釣りのやりとりをさせるのは不安だけど、Edyであれば、その点は心配ないとのことでした。勿論、大きくなったら、現金でお買い物させたいけど、今は、お手伝いをして、家庭の役に立っていることを本人に体感して欲しいからとのことでした。

 そういったきっかけに作りにお役立て出来たなんて、とても光栄なことだと思います。


12080513.jpg

 お買い物も終わり、いよいよ、もんじゃ焼の準備開始です。偶然、チーム分けで一緒になったお客様同士ですが、この時間からお互いのコミュニケーションが始まっています。

 大人同士、初対面のコミュニケーションは難しいかもしれませんが、その前にお子様同士は、お買い物で仲良くなっています。お子様同士が仲良く笑顔で会話している様子をみたら、お母さん同士もすんなり仲良くなれるものです。


12080515.jpg

 そして、材料の準備が終わりました。

 いよいよ、もんじゃ焼のおいしい作り方を、先生に実演で教えて頂きます。


12080516.jpg

 先生の台をみんなで囲んで実演開始です。


12080517.jpg

 まずは、生地を流さないように気をつけながら、具材だけ、鉄板に入れて炒めます。


12080518.jpg

 具材に火が通ったところで、ドーナツ状に真ん中を空けた状態を作ります。


12080519.jpg

 次に、真ん中の空いた鉄板の中に生地を流し込みます。

 キャベツの役割とは、生地をせき止めるための土手になることでした。


12080520.jpg

 生地がグツグツしてきたら、土手と混ぜて平たく延ばします。この際に、トッピングをのせますが、半分ずつ違うトッピングにすると2種類の味を楽しめます。

 また、ここでポイントですが、延ばしたら、3分間は、そのまま待ちます。途中でかき混ぜたりしては駄目です。熱が効率よく伝わらなくなってしまうのと、このときに出来るおこげが、もんじゃ焼のおいしさの秘密だったりするからです。


12080521.jpg

 こんな感じでおこげが出来たら、食べ頃です。

 それでは、お客様アンケートから一部を、ご紹介させて頂きます。

・知らない方との調理は、ドキドキしました。あまり娘に調理の仕方を教えてこなかったので、少し恥ずかしかったのですが、これを機会に調理に興味を持ってくれたら嬉しいです。

・おうちでもんじゃが、こんなに簡単にできるんだ!と、新しい発見がありました。

・スタッフの皆様が快くお片づけして下さってありがとうございました。お片づけも食育の1つとして、含めて頂いても良いと思いました。本当にありがとうございました。


12080522.jpg

・教室は初参加でしたが、子供も親ももんじゃ焼について、楽しく学べました。パパ以上に焼ける自信が出来て良かったです。

・子供の買い物は、よい経験が出来たと思います。とてもおいしかったです。家で使用している具材以外のおいしさも分かり良かったです。

・学習あり、クイズあり、子供達だけのお買い物あり、はじめは緊張していたようですが、すぐに打ち解けて仲良く出来ました。


12080528.jpg

・実演があることが良かったです。トッピングが選べたのも楽しく、2回目は、子供だけで焼くことが出来ました。

・もんじゃ焼の具には、タブーは無いのですね。未知なるもんじゃの新しい味は、まだまだあると思うので、楽しみです。家でもやってみます。

・ソースの炊き込みごはん、初体験でした。

・全般において、スタッフの方々が沢山いらして、目配り、気配りして下さったのが素晴らしいと思いました。

・ソースはヘルシーで、おいしい調味料だということが良く分かりました。


12080523.jpg

・トマト入りは初めてで、酸味が絶妙でGood!でした。めんたいモチチーズが、やっぱり最強と思っています。

・ソースを炊き込みごはんにする発想は、全くなかったので意外でしたが、おいしかったです。そばのような味で、子供もモリモリ食べていました。

・後片付けなど、色々、大変お世話になりました。ありがとうございました。


12080529.jpg

・もんじゃ焼ソースについて詳しく学ぶことが出来ました。買い物をすることで、食材に触れて選んだり、会計の仕方がわかって良かったです。

・スタッフのみなさんは、とても気さくで、こまやかな気配りをして頂き、とても楽しかったです。ありがとうございました。ソースは、カロリーが高く、体に良くないと思っていましたが、違うとわかり、これから沢山利用したいと思います。ありがとうございました。


12080524.jpg

・少し上手に出来て良かったです。包丁も初めて持ったけど、上手に切れて良かったです。(お子様より)

・皆さんと一緒に作って、とても楽しく、頂くことが出来ました。本当にありがとうございました。子供も、とても楽しかったようで、夏休みの良い思い出になりました。とっても楽しかったです。

・トマトが高いものと安いものが売っていたので、買う時に迷いました。


12080526.jpg

・新しいお友達が出来たことが嬉しかったです。自分たちで考えたトッピングで、もんじゃを作れて楽しかったです。

・最後と友達と考えたミックスもんじゃがおいしかったです。全部入れてみたら、とても美味しかったです。

・参加させて頂きありがとうございました。普段、あまり包丁を持たせなかったので、ドキドキでしたが、良い経験をさせて頂きました。これから我が家では、もんじゃの出番が多くなりそうです。


12080514.jpg

・今回、思いがけない当選で、とても楽しみにして来ました。思っていた以上の楽しさでした。普段、外食でしか食べたことのなかった「もんじゃ」の正しい作り方を知り、大満足でした。全てのメニューが美味しかったです。

・自宅では、「もんじゃ」を作ったことがなく、子供も初めて食べて美味しかったようです。

・生のトマトなど、はじめて知ったトッピングが多く、具を入れるタイミングなどまで、教えて頂き良かったです。


12080527.jpg

・子供同士が、役割分担し、協力する姿が見られて嬉しかったです。

・おこげがおいしかったです。

・和やかな良い回でした。ありがとうございました。

・お買い物まで体験させて下さってありがとうございました。

・ソースのおにぎりなんて、初めて知りました。


12080511.jpg

・子供がいつの間にか仲良くなり、二人で話しながらやっていたのは、微笑ましかったです。

・自分達で作ったということで、何回もおかわりして食べていました。

・子供主体で企画された内容で、とても楽しかったです。食に興味を持ち始める非常に良い機会になったと思います。

・料理を最初から最後まで自分で作るということが初めてのことだったので、子供も楽しそうでした。子供とゆっくり料理する時間を持てて良かったです。


12080504.jpg

・いつも食べるもんじゃより美味しかったです。

・キャベツを切ったのが楽しかったです。

・ソースご飯は、オムライスにして食べてみたいです。

・包丁を怖がらずに使わせて頂けて、子供が喜んでいました。


12080531.jpg

 最後に、アンケートでも、お客様から沢山コメント頂きました「ソース炊き込みごはん」をご紹介致します。意外性がお客様にも評価された理由かもしれません。以下にレシピ画像をのせますので、ご興味をお持ちの方は、是非、お試し下さい。(レシピ画像クリックすると拡大表示されます。)


12080532.jpg


12080533.jpg

 そして、本当に最後。

 親子料理教室では、最後に認定証を差し上げることが多いのですが、今回は、ちょうどオリンピック中だったということもあり、金メダルがプレゼントされていました。金属製の重いメダルで、授与されていた時に、親御さん達の方が、欲しそうにしていたのが印象的でした。
posted by ワイズマン at 12:08| 千葉 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 親子料理教室 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年11月18日

夏休み親子料理教室「色々なお酢を使おう!」

12080430.jpg

 2012年8月4日(土)に株式会社ミツカン様による「色々なオスを使おう!親子料理教室」が開催されました。

 ミツカン様の親子料理教室は、毎年大人気で、今年で5回目となります。それでは、当日の様子をレポート致します。


12080401.jpg

 当日、司会進行をされたおにぎりさん。かなり緊張されていたみたいですが、その緊張が良い方向に左右されたみたいで、会場の笑いも頂けていました。


12080402.jpg

 つかみがOKだと、その後のクイズも上手く進行します。「クイズで酢(す)」の駄洒落も、受けていました。


12080404.jpg

 お酢についての雑学クイズも、こういったスタッフの方の努力があって、成功するか、失敗するかが決まってくるのだと思います。準備は大変だと思いますが、どのようにしたら、お客様が喜んで下さるのだろう、ご興味を持って下さるのだろう?、そういったことをこの親子料理教室のために手作りで考えて下さっているのですから、感謝の気持ちで一杯になります。

 そして、準備を苦労されたスタッフへの最大のご褒美が、上の写真のようなお客様の笑顔や、伝わってくる場の雰囲気だったりします。


12080406.jpg

 この写真は、雑学クイズが終わったあとの、お酢のティスティングです。お酢と一言で言っても、原料や目的によって全く違います。普段は、お酢をそのまま食べ比べることなんてないと思いますが、まず、頭で知識を蓄え、直ぐに自分の味覚で確認するといった、この一連の流れは、とてもよく考えられていると思います。勿論、お客様からも大人気のコーナーです。


12080407.jpg

 続いては、お子様たちだけでのお買い物体験。こちらも、ワイズマートの親子料理教室で大人気のコーナーです。お買い物リストは、まるで宝探しの地図みたい。


12080408.jpg

 当日、会場で出会ったばかりのお子さん達も、このお買い物体験で一気に仲良くなります。みんなで力を合わせて食材を探さなくてはいけませんから。


12080409.jpg

 各チームには、大人のスタッフが付き添いで1人同行します。とても嬉しそうですね。親子料理教室は、準備がとても大変なのですが、それ以上にお客様から得るものも大きいです。小さなお子様の笑顔をみているうちに、スタッフも嬉しくなっちゃうんです。


12080410.jpg

 さて準備が整ったチームから、1階のお店でお買い物が始まります。


12080411.jpg

 そぉ〜と、後ろから様子を見ていると、面白いことが分かります。たった数分の間に、チームの中で役割分担が出来ているんです。商品を探す人、金額を計算する人、選ばれた商品が正しいか、量は間違っていないかチェックする人、買い忘れがないか確認する人といった具合に。勿論、年齢差のあるお子様たちの場合は、また別の役割分担が生まれてきます。


12080412.jpg

 店員「お支払いはいかがなされますか?」

お子様「支払いはこのカードでお願いします」

店員「はい、かしこまりました。」

 (このカードで買えるんだ〜!)

  向かって左のお子さんの心の声が聞こえてきそうです。


12080413.jpg

 お買い物が終わると、いよいよ調理実習です。

 先生は、第一回から教えて下さっているにしで先生です。にしで先生は、本当にお子様達の心をゲットするのが上手い! 少し、いじられキャラのにしで先生は、お子様達からのツッコミを上手く、会話のやりとりとして活かし、料理に興味を持って頂くきっかけ作りをされています。


12080414.jpg

 にしで先生は、時に、調理のお手伝いもされます。

 小さなお子様たちの場合、一度にレシピをお話しても駄目。一品、一品、区切ってポイントだけ説明して、1つの料理が終わってから、次の調理に移ります。

 お子さん達は、その都度、興味のボルテージがあがってきて、最後のレシピの時は、ほとんど先生と触れ合うぐらい近くで、聞いています。


12080423.jpg

 こちらは、お客様が調理されている様子です。にしで先生のご説明が終わると、各チーム毎に分かれて調理が始まります。


12080415.jpg

 歯を食いしばって、懸命に力をこめていらっしゃいますね。


12080419.jpg

 内容によっては、同じチームのお客様同士で協力して、調理が進みます。


12080429.jpg

 そして、調理も終わり、みなさんでお食事を致しました。

 それでは、最後にお客様アンケートから、一部をご紹介させて頂きます。

・とても楽しいクイズなどもあって勉強しながら楽しめました。

・料理時間もスムースに進みましたし、内容も子供に負担もなく楽しみながら出来ました。

・今日は親子共々、楽しくお酢についての勉強や料理を一緒にすることが出来て本当に良かったです。ありがとうございました。スタッフの皆様のお心遣いに感謝です。お疲れ様でした。


12080432.jpg

・穀物酢は加熱向きなど、米酢との違いがいつも分からなかったので為になりました。

・試食はとてもおいしかったです。オリーブオイルをいれた寿司は、初めてで、今度、家でもつくってみます。

・色々とみなさん、ありがとうございました。とてもおいしく、楽しく過ごせました。

・子供にも分かり易く、家でも手伝ってもらえそうだなぁと思いました。

・自分でつくったものは、特においしく感じるらしく、たくさん食べていました。


12080417.jpg

・最初は緊張していた息子も、最後にはすっかり楽しんでいて良かったです。

・はじめての料理教室で、とてもよい思い出が出来ました。特にカッテージチーズには、びっくりしていました。

・とても楽しく、また、是非、応募させて頂きたいと思いました。本当にありがとうございました。

・5歳でも、1人で体験させてもらえて嬉しいです。本人もとても喜んでいました。


12080418.jpg

・子供達だけでのお買い物に行かせるアイデアは、すごく面白いです。下の階にワイズがあるので、とてもいい考えだと思います。

・切ったり、混ぜたり、子供が色々な体験が出来てとてもよかったです。

・自分達が作ったものだけでなく、お吸い物、飲み物、デザートなど色々と試食できて、ミツカンの色々な商品を知ったり、お料理の仕方も分かり、大変、参考になりました。


12080416.jpg

・子供にも分かり易いクイズ、そして子供だけでのお買い物が出来て嬉しかったみたいです。

・子供に自信がつき、子供でも作れるレシピで良かったと思います。

・楽しく子供と過ごせました。お酢を深く勉強でき、ありがとうございました。


12080426.jpg

・おにぎり先生がユニークでおもしろかったです。

・とてもよく準備されていて、簡単な手順で、ふだん家ではやらないチーズ作りなども出来て良かったです。

・ポテトサラダがおいしかったです。短い時間でしたが、ピクルスがよく漬かっていておいしかったです。

・クイズ形式にすることで、親子でも楽しめましたし、内容も記憶に残りました。


12080431.jpg

・調理器具の追加など、臨機応変に対応していただけてよかったです。

・とてもおいしかったので、試食時間は、もう少し長くしていただけたらと思います。

・お買い物がとても楽しかったそうです。

・クイズも、意外な正解もあって楽しかったです。


12080428.jpg

・下準備をしていただいて、大変、楽しく料理が出来ました。火を使わず、体によい酢を漬かった料理をたくさん教えて頂き、ありがとうございました。

・とてもおいしかったです。賞状もありがとうございました。

・お酢のレパートリーが増えました。野菜もたくさんとれるのが良いです。

・小学生最後で、これから参加出来ないのが残念です。今まで、色々と参加させて頂いて、子供も私もとてもよい思い出になりました。


12080424.jpg

・量もちょうどよく、お吸い物やデザートまであっておいしかったです。

・子供にも、後日、1人で作ってもらえるような簡単なレシピだったので、役立ちましたし、子供も楽しく作ることが出来ました。

・今までとは違うお酢の使い方が面白かったです。(カッテージチーズ)

・具沢山、量も沢山あって満足です。お昼ごはんにぴったりでした。


12080427.jpg
posted by ワイズマン at 17:47| 千葉 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 親子料理教室 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年11月06日

夏休み親子料理教室「野菜は不思議がいっぱい親子で楽しむ野菜の学校」

12072911.jpg

 久しぶりの親子料理教室のレポートとなります。(大人向けセミナー含めて順次、アップしますので、もう少しお待ち下さい。)

 2012年7月29日(日)にエバラ食品工業株式会社様による「野菜は不思議がいっぱい親子で楽しむ野菜の学校」が」開催されました。(夏休み親子料理教室第4弾です。)


12072901.jpg

 昨年の11月にほぼ、同じ内容で開催されました。そのときのレポートは、以下のリンクからご覧頂けます。(親子で楽しむ野菜の学校 その1その2

 当日は、野菜について学びました。同じ野菜でも、切り方を変えるだけで苦味を感じなくなったり、どの部分から使っていけば、いつまでも新鮮な状態で野菜を食べることが出来るのかといった内容を、野菜ソムリエの先生からご説明頂きました。


12072903.jpg

 そして、野菜を水につけた時の浮き沈み実験をしました。

 これは、水槽の中に実際に色々なお野菜を入れてみて、浮くか沈むか確かめる実験です。最初は、理由が分からないまま始めるのですが、幾つかの野菜を試す中で、法則性を探す楽しみがあります。この法則性の着眼点が、お子様達はユニークであり、大人が思いもつかないようなものだったりします。しかし、それがあたっていたりするから、面白いです。こちらの実験についても、野菜ソムリエの先生が、丁寧な解説をして下さいました。


12072904.jpg

 実験の後は、お子様達だけのお買い物をしました。


12072908.jpg

 お買い物が終わり、調理を教わり...


12072906.jpg

 みんなで調理して、お野菜を沢山使った料理を頂きました。


12072910.jpg

 それでは、お客様のアンケートの中から一部をご紹介致します。

・野菜についての勉強や買い物、調理も、とてもいい経験が出来たと思います。この回を通して、野菜や料理をより身近に感じられたのではと思います。

・子供がトマトを切ったことが無かったので、ビクビクでしたが、とても楽しんでやっていました。

・浮沈実験は、目で見て印象に残ったと思います。

・お買い物までやらせていただけるとは思いませんでした。浮沈実験は、大人の私も大変勉強になりました。

・子供も普段より野菜を多く食べていました。他のお子さんも、もりもり食べていたので感心しました。


12072902.jpg

・野菜の実験が楽しかったです。

・普段、子供だけでは体験出来ない買い物が出来てとてもよかったです。

・野菜についてのお話は、子供にとって分かり易く、別に大人向けにもお話してもらえたので、良かったです。浮沈実験は、私でもわからなかったので、勉強になりました。

・とてもよかったです。勉強にもなり、料理も実習出来たので、家でも活用出来ると思います。ありがとうございました。

・買い物体験させていただき、子供たちも実習への意欲がより高まったと思います。すばらしいアイデアだと思いました。


12072907.jpg

・野菜の不思議が聞けてよかったです。特に浮沈実験が面白かったです。

・大人も子供も興味を持てる内容で楽しかったです。

・野菜のことで、大人でもなるほど!と思うことがあって楽しかったです。

・少食の子供がモリモリと食べていたので、びっくりしました。パプリカの浅漬けが印象と違って美味しかったです。

・少し時間が長かったので、子供が飽きてしまうのでは?と思っていましたが、次々と楽しい企画が盛りだくさんで、とても楽しめました。特にスーパーでお買い物できて喜んでいました。


12072905.jpg

・実際に野菜の浮沈をみることが出来て、理解がし易かったです。

・買い物も自分で行くのが楽しかったです。

・野菜の浮沈実験が特に面白かったです。意外な野菜が浮いて、驚きました。

・講師の方、スタッフの皆さんが親切で楽しく参加させて頂きました。どうもありがとうございました。

・野菜の浮沈実験は、夏休みの自由研究に応用して使いたいと思います。


12072909.jpg

・先生がおっしゃっていたように、素麺などにもアレンジしたいです。焼肉のたれ1本で、メニューが増えそうで、これからも沢山使っていきます。

・全体を通じて、野菜たっぷりのメニューでしたが、子供がおいしいと喜んで食べていたのが印象的でした。途中、野菜ソムリエの先生のお話も伺えて、ピーマンの切り方、ジュースの話、キノコの浅漬けなど、とても有意義な内容でした。

・野菜ソムリエの先生のお話をもっと、ゆっくり、お聞きしたかったです。特に切り方で苦味が少なく感じたりするお話は、興味があります。最後の野菜検定で振り返りができ、なんとなく楽しかったで終わらず、しっかり学習出来たことも良かったです。
posted by ワイズマン at 15:58| 千葉 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 親子料理教室 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年09月30日

夏休み親子料理教室「手作り納豆作り体験&おかめの簡単クッキング」が開催されました その3

12072805.jpg

 「手作り納豆作り体験&おかめの簡単クッキング」のレポートその3です。

 最後に、お客様のアンケートから一部をご紹介致します。


12072829.jpg

・手作り納豆が、市販の納豆から作れるのがびっくりです。楽しかったです。家で食べるのが楽しみです。

・自分で納豆を作ることが出来るとは思わなかったので、驚きでした。

・納豆が家でも簡単に作ることが出来ることが分かって貴重な体験でした。


12072833.jpg

・親子共々、本当に勉強になりました。改めて納豆の凄さが分かりました。子供にも分かり易い説明でした。

・納豆のお話だけでなく(お話も、大人でもへぇ〜と思うことがあって勉強になりましたが)、実際に作ることが出来て良かったです。出来上がりがとても楽しみです。

・納豆のお話は、知らないことばかりだったので、楽しく聞かせていただきました。益々、納豆が好きになりました。

・納豆が簡単に作れるとは思いませんでした。あさってが楽しみです。

ここで納豆の作り方のポイントをまとめた資料をご紹介します。クリックすると拡大表示されるので、是非、ご覧下さい。但し、実際に作られる場合は、衛生面には十分、ご注意下さい。事前に容器を煮沸消毒するなどの配慮が必要です。


12072857.jpg


12072830.jpg

 再び、お客様アンケートのご紹介です。

・レシピは、簡単に作れて子供でも楽しんでいました。

・とうふプリンは家でも作りたいです。

・ヘルシーなレシピでお野菜がたくさんとれるので、とてもよかったです。

・3品も作れるとは驚きでした。


12072851.jpg

・簡単で、家でも子供と一緒に作れるレシピでした。是非、再トライしたいです。

・子供は、初めて包丁をにぎりましたが、ドキドキしながら、いい体験が出来ました。

・自分で作った料理が食べられて嬉しかったです。

・切ったり、焼いたり、沢山、色々なことが出来て、とても楽しかったです。


12072845.jpg

・とにかく子供は嬉しかったようです。本当に簡単でした。もう一度、作ってみます。

・家でも作れるので、おばあちゃんのおうちに行ったら、作ってあげたいです。

・すごく楽しかったです。とうふプリンおいしかったです。


12072859.jpg

・作り方など丁寧に教えて頂きました。

・スタッフさんが、準備や片付けなど、大変そうでしたが、スムーズに料理できて助かりました。ありがとうございました。

・手作り体験は、家でもできる材料や用具だったので、是非、やってみたいです。

・子供にも簡単に作れて参加して良かったです。納豆も手軽に作れてよい経験でした。


12072841.jpg

 ここからは、ちょっと変わったアンケートです。お客様が日頃、どのように納豆を食べられているのか、教えて頂きました。

・冷しうどんやそばに、納豆とたまごをかけて食べています。納豆の天ぷらも美味しいです。

・納豆トースト、納豆そうめん、納豆スパゲッティーなど。

・餃子の皮に入れて揚げる。

・納豆パスタや納豆チャーハン。


12072861.jpg

・イカ、マグロ、オクラなどと混ぜて海苔に巻きながらおつまみで!

・納豆カレー。

・油揚げに納豆をのせてオーブンで焼いて、ビールのおつまみに。

・めかぶ納豆、おくら納豆、キムチ納豆。

・納豆カレー、納豆オムレツ、納豆チャーハン、納豆ピザ。


12072863.jpg

・納豆チヂミ、納豆サラダなど。

・油揚げに納豆を入れ、オーブンで焼きます。簡単なおつまみになります。中に味噌とかを入れてもおいしいです。

・海苔の佃煮と混ぜたり、ナメタケと混ぜたりして食べます。

 皆さん、色々と工夫されて召し上がられているんですね。油揚げ、今度試してみようと思います。

posted by ワイズマン at 09:00| 千葉 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 親子料理教室 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年08月06日

夏休み親子料理教室「エコ工作とチーズ&ヨーグルトで美味しい朝食作り」が開催されました

12072220.jpg

 2012年7月22日(日)に雪印メグミルク株式会社様による「エコ工作とチーズ&ヨーグルトで美味しい朝食作り」が開催されました。(夏休み親子料理教室の第2弾です。)

 今回の親子料理教室は、料理教室と同じぐらい、飲み終えた牛乳パックを使っての工作の意味合いが強い内容となり、人気の教室の1つとなりました。それでは、当日の様子をレポート致します。


12072202.jpg

 まず最初に、オリジナル帽子の材料となる牛乳パックの中身、つまり牛乳について学びました。

 例えば乳牛の大きさはどれぐらいなのでしょうか。

 乳牛の背中までの高さは150cmほど、肩からお尻にかけては170cmくらい、胸囲は2m以上あります。体重は600〜700kgにも。一日分のえさは青草だと50〜60s、乾草や穀物などを混ぜたもので15〜30s。糞の量も一日20〜40s、尿は6〜12ℓと半端ではありません。また、4つのおっぱいから搾られるミルクの量は、一日大体20〜30ℓ、つまり牛乳1ℓパック20〜30本分にもなります。


12072201.jpg

 そして牛乳やチーズについて学んだ後、工作の時間となりました。

 上の写真は、今回みんなで工作することになる「オリジナル帽子」です。

 雪印メグミルク株式会社様のHPでは、この他にも、沢山の牛乳パックを使った工作をご紹介されております。工作の難易度も明記されておりますので、夏休みの宿題工作としてチャレンジされてみては、如何でしょうか。牛乳パックで作る工作は、こちらからご覧頂けます。


12072203.jpg

 「牛乳パックのオリジナル帽子」の作り方の詳細は、こちらをご覧下さい。

 お客様の感想としては、お子様の年齢によって難易度の受け取り方が違ってきたみたいです。でも、その完成度にはとても満足されていました。


12072204.jpg

 帽子作りは、全部で1時間ぐらいで終わりました。大きなお子さんは、直ぐに完成したようです。

 昔は、テレビで工作の子供番組が沢山、放送されていましたので、僕の世代には馴染み深い材料ですが、牛乳パックは耐水性もあり、しっかりしているので、色々なものに使えます。


12072206.jpg

 こちらは、お手本として飾られていた帽子とクリスマスツリーです。違う色のパッケージでツートンカラーにしたり、色々と楽しめそうですね。


12072208.jpg

 工作も無事に終わったところで、人気コーナーの「お子様達だけのお買い物」です。今回のお買い物は、何と何を買うのかな? お買い物リストと格闘していますね。


12072210.jpg

 今回のお買い物商品は、全部で4つ。色々な売場に散らばっています。


12072209.jpg

 無事、全ての食材を発見したらレジでお会計です。「このワイズカードは、ここに置くのよ。」いつもお母さんがそうしているからご存知なのでしょうか。

 お買い物体験は、宝探し的な楽しさと、大人の仲間入りをしたような嬉しさと達成感を実感出来るみたいです。


12072212.jpg

 お買い物も終わり、今度は、調理実習です。最初に先生がお手本を教えて下さいました。


12072213.jpg

 当日作った料理は、ヨーグルトジュースとクリームチーズと果物のサンドドッグでした。今回は、工作の時間が必要でしたので、お料理は、朝食レシピとお手軽な内容となりました。


12072214.jpg

 お料理が完成して、みんなで頂き親子料理教室は終わりました。

 それでは、当日のお客様アンケートの中から一部をご紹介致します。

・授業は、とてもためになるお話でした。子供にも、もう一度、聞かせたいです。子供は、お買い物が楽しかったと言っています。

・試食ですが、甘口も美味しかったのですが、ハムとチーズなどの組み合わせもあると良かったかなと思います。

・このような体験をさせてもらい、子供の自由研究のネヤにもなり、とても助かりました。


12072205.jpg

・小学校2年生のうちの子供には、ちゅうど良いレシピでした。クリームチーズと果物の組み合わせが美味しかったです。

・妹がいるので、その子も一緒に参加させてかったのですが、家出おねえちゃんが教えてくれると思います。とても楽しかったです。

・カルシウムの話など、色々と参考になりました。夏休みの自由研究のひとつにさせてもらいます。

・全て最初から最後まで自分でやれたので、子供のためにもなったと思います。

・ヨーグルトはたくさん食べることができないので、今日のレシピにあったヨーグルトドリンクにして沢山食べたいと思います。


12072207.jpg

・牛乳好きの子供が応募して欲しいというので申し込みました。

・レシピは、普段家で作らない組み合わせだったので、楽しかったです。

・帽子作りは、子供でも楽しく作れました。ホチキスが主越し難しかったかな。

・あっという間に時間が過ぎました。内容は充実していたと思います。料理は、美味しかったけど、少しもの足りないような気がしました。


12072211.jpg

・親子料理教室は、子供に参加したい教室を選ばせました。今回は、「工作もあるやつ」というので、応募させてもらいました。

・美味しかったです。帰るときに材料を購入します。

・カルシウムをとるには、牛乳が必要であることが良く分かりました。役立つ話をきけて良かったです。

・小さな子も気軽に作れるメニューが良かったと思います。


12072215.jpg

・親子でモノを作るということを、家ではあまりやらないので、楽しかったです。

・子供がおいしそうに全部食べたので良かったです。スタッフの皆さんが、優しくして下さいました。

・子供にいい内容だと思ったので応募しました。帽子はインターネットで見て、作りたいと思っていたので教えて頂いて良かったです。

・工作は難しいところもありましたが、完成度が高く大満足でした。お買い物も、子供だけでさせてくれて嬉しかったみたいです。

・火を使わないレシピだったので、気軽に家でも作ってみたいと思いました。黄桃とクリームチーズとバナナがこんなにいい感じになるとは知りませんでした。ヨーグルトドリンクも簡単でおいしかったです。


12072219.jpg

・工作は簡単過ぎてすぐ終わってしまいました。子供たちだけの買い物は、喜んでいました。

・子供中心の内容でよかったです。

・工作は、簡単に作れてよかったです。お友達とのお買い物が楽しかったようです。はじめて会う子供達とも、打ち解けられて良かったです。

・気配りがとても良かったです。


12072216.jpg

・牛の説明を詳しく教えて頂き、今後たくさん牛乳を子供に飲ませていきたいと思いました。

・料理は、簡単に作れてとても良かったです。ヨーグルトにオレンジジュースを入れて飲むのが新しい発見でした。

・料理は、家でも作ってみようと思いました。パンにフルーツとチーズの組み合わせは、とても美味しかったです。
posted by ワイズマン at 09:57| 千葉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 親子料理教室 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年08月05日

親子レモンクッキング教室

12072101.jpg

 2012年7月21日に株式会社ポッカコーポレーション様による「親子レモンクッキング教室」が開催されました。( 昨年は震災の影響で自粛しておりましたので、2年ぶりの夏休み親子料理教室となります。今夏最初の親子料理教室です。)

 それでは、当日の様子をレポート致します。


12072103.jpg

 まず始めは、レモンついて学びました。

 レモンの歴史、レモンの効果など、色々な内容がご紹介されました。(昨年のブログに内容を詳しくまとめてありますので、こちらをご覧下さい。


12072104.jpg

 授業も終わり、お客様のアンケートからも良かったと評判の「お子様達だけでのお買い物」が始まりました。

 親子料理教室では、グループ分けがされていますが、お互い初対面のお友達です。お買い物に行く前に簡単に自己紹介をして頂きました。


12072105.jpg

 そして、「お子様達だけでのお買い物」が始まりました。

 いつもはお母さん、お父さんと一緒のお買い物。子供だけで大丈夫かしら・・・とご心配される親御様もいらっしゃったみたいです。でも、大丈夫。お店では、笑顔でお買い物されているお子様達です。環境変化に対する適応力は、いつ見ても凄いなぁ〜と思います。


12072108.jpg

 無事、買い物を終えてお店から出てきた時の、この笑顔。達成感と自信に満ち溢れていると思います。


12072109.jpg

 会場に戻り、先生からみんなで作る料理レシピを教えて頂きました。


12072110.jpg

 そして、お子様達が協力して購入した食材を使って、調理の開始です。


12072112.jpg

 調理もグループ毎に進行していきます。お買い物、調理とみんなで一緒に進むため、自然にチームワークが出来上がってきます。


12072113.jpg

 みるみるうちに彩りも美しいお料理が出来上がりました。

 ポッカレモンは、紅茶に入れるだけではありません。色々な料理に使えます。そしてレモンの色々な効果を簡単に取り入れることが出来る食材です。ただ、料理にどうやって使ったら良いのだろう?というお客様も多いと思います。そこで、株式会社ポッカコーポレーション様のホームページでは、沢山のレシピをご紹介されていますので、是非、こちらをご覧下さい。


12072114.jpg

 おいしい料理が出来たところで、みなさんでお食事となりました。

 それでは、お客様アンケートの中から、一部をご紹介致します。

・レモンの知らないことも分かったので良かったです。

・型抜きしたり、包丁を使えて子供は楽しかったと思います。

・調理を通じて、レモンをめんつゆやソースなど、色々と使えるんだなぁと実感しました。


12072102.jpg

・とてもおいしく頂きました。お肉が柔らかくておいしかったです。そうめんの量が多かったのですが、子供が全部食べたのでびっくりしました。

・お土産に頂いたオリジナルラベルのボトル、とても嬉しかったです。ありがとうございました。

・夏らしい「そうめん」「アイス」で、とても良いメニューでした。鶏肉料理は、子供も大好物なので、家でも作ってみようと思いました。

・お肉が煮込み時間は短かったのに、味がしみてとても美味しく出来ました。

・レモンジャ可愛いです。


12072111.jpg

・子供がレモンが苦手なので、子供でも食べられる料理を教えてもらえたらと思い応募しました。参加出来て楽しかったです。スタッフの方にもよくしてもらい、本当にありがとうございました。

・自分がやっていくうちに、少しだけど、上手になってきたので良かったです。

・子供だけで買い物に行くのは初めてだったので、楽しかったみたいです。時間はちょうど良く、子供にとっても自信になったと思います。レモンの話も劇も参考になりよかったです。

・自分で買い物したものを調理して、食べられて、子供は本当に楽しそうでした。


12072106.jpg

・レモンジャ君が来てくれたり、撮った写真をボトルにして下さったり、スタッフの方も細かく声をかけて下さったり、たくさんのお心遣いありがとうございました。楽しく過ごさせて頂きました。

・昨晩、HPを見ましたら、お買い物があると分かって、とてもありがたいと思いました。家で料理の手伝いをするよりも、ずっと楽しそうでした。

・全て手際がよくて楽しく過ごせました。ためになる話も聞けて有り難かったです。今日一日ありがとうございました。


12072115.jpg

・鶏肉の煮物は、お酢のかわりにレモンを使っても良いことが分かり新鮮でした。

・子供が出来ることが沢山あって良かったです。料理もアレンジがあって良かったです。

・お土産のラベルに写真が入っているのが感動しました。

・子供だけのお買い物があったり、料理をしたり、貴重な体験でした。

・全ての料理にレモンが隠し味となっており、さっぱりとして美味しかったです。家でも試したいです。


12072107.jpg

・子供だけでのお買い物は、初めてで心配でしたが、本人はとても楽しかったようで、1人だけでおつかいにいく自信につながったようで、とてもよかったです。

・包丁で切るのも初めてだったけど、子供用でとても使いやすかったです。

・鶏肉がとても美味しいと大好評でした。アルミホイルで持ち手をつくってもらったので食べ易かったです。とても楽しい時間を過ごさせていただきました。ありがとうございます。

・子供だけで買い物をさせたことがなかったので、子供は買い物が一番楽しかったようです。貴重な体験をありがとうございます。


12072116.jpg

 ※サービスショット (昨年に続き、今年も大人気だったレモンジャです。暑い中、お疲れ様でした。)
posted by ワイズマン at 17:55| 千葉 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 親子料理教室 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする