2017年08月10日

夏休み親子料理教室 『スパイス&ハーブで自由研究』

2017072341.jpg

 2017年7月23日(日)にエスビー食品株式会社様による夏休み親子料理教室『スパイス&ハーブで自由研究』が開催されました。

 それでは、早速、当日の様子を振り返ってみたいと思います。


2017072301.jpg

 親子料理教室では、各メーカー様により創意工夫があるのですが、エスビー食品様は、スパイス&ハーブについて、その効果を実際に見たり、感じたりするように進められました。


2017072302.jpg

 一例をご紹介すると、こちらは、「バジルシード」です。スーパーフードとしても着目されていますが、その名の通り「バジルの種」です。

 バジルシードは、水に溶かすと30倍ぐらいの大きさになるそうです。


2017072306.jpg

 上の写真に奥から2番目が、バジルシードを水に溶かして時間が経った状態のものです。その他、こちらの写真を見るとターメリックとサフランの違いの実験をしたことが分かります。

 サフランは、花のめしべを乾燥させて作ったもの。水溶性のため、サフランライス等に使われます。

 ターメリックは、日本では、ウコンと言った方が知られているかもしれません。ショウガ科の多年草の地下茎の部分を煮沸してから、乾燥させ皮を削ったものです。ターメリックは水ではなく、油に溶けやすい性質を持っています。ですので、カレーに使われる香辛料として有名です。

 こういった違いを実験を通して学びました。


2017072304.jpg

 こちらは「香りBOX」です。匂いだけでスパイスの違いを知る体験。


2017072305.jpg

 また、実験や観察だけではなく、スパイスのちょっとした使い方も教えて頂きました。

 こちらは、無糖の紅茶にシナモンのホール(原型)を入れてみる使い方。喫茶店でも、紅茶と一緒にシナモンが提供されるところもありますが、シナモンの甘味がでて、紅茶の渋みが和らぎ美味しくなります。


2017072307.jpg

 また、スパイスとハーブを調合して作るオリジナルスパイス作りや、オリジナルカレー粉作りもしました。


2017072308.jpg

 調理に使う食材は、お店で実際に探して、購入しました。


2017072313.jpg

 そして調理では、カレー粉(スパイス)から作るカレー、スパイスを使ったオリジナルドレッシング作り、そしてデザートと3品を作りました。


2017072335.jpg

 こちらが完成したお料理です。


2017072332.jpg

 それでは、当日のお写真と、お客様アンケートから一部をご紹介致します。

・とても勉強になりました。また参加したいです。ありがとうございました。

・子供がバジルを育てるぐらいハーブが好きなので、とても楽しかったようです。


2017072303.jpg

・調理が3品あり、多いかなぁ〜と思いましたが、2品は直ぐに作れるものだったので、ちょうど良かったです。

・スパイス=辛い?のイメージがありましたが、きちんと甘口のカレーでした。

・初めて知ることが多く、勉強になりました。


2017072310.jpg

・下準備して頂いたので、ほとんど、子供だけで作れて良かったです。

・とても楽しかったです。ありがとうございました。


2017072312.jpg

・普段、沢山のハーブがお店で売られていますが、香りや使い方が分からないと、買ってみようとは思わないので、今回、黒胡椒についても知ることが出来て良かったです。

・スパイスの色々なことが知れて良かったです。

・実験があったり、香りや本物を触れて、とても良かったです。


2017072315.jpg

・とても楽しく参加できました。自由研究ということでしたので、その書き方や進め方も教えて頂けると嬉しかったです。

・夏休みの親子の思い出になりました。ありがとうございました。

・3時間長いかと思いましたが、内容が充実していてとても楽しかったです。


2017072316.jpg

・とても美味しかったです。子供もカレーお代わりしました!!「美味しくて死ぬって言ってました。」

・また、応募します!! 今日は、本当にお世話になりました。有難う御座いました。

・苦手な野菜も食べることが出来ました。


2017072318.jpg

・普段、市販のカレールーで作っているので、多種のスパイスから出来ていることを知りました。勉強になりました。

・説明が分かりやすく、楽しかったです。少しずつ、スパイスを使った調理を挑戦したいと思います。ありがとうございました。


2017072322.jpg

・スパイス&ハーブソルト作りやオリジナルカレー粉作りが、子供にいくつものスパイスやハーブがあることを伝える方法で良いと思いました。お土産に頂けたのも良かったです。

・実習は、短時間で3種類のメニューが作れてとても楽しかったです。

・具は大きく切ると美味しかったです。


2017072325.jpg

・先生の玉ねぎの炒め方の説明が分かりやすかったです。(砂浜に立つか、走るかで足の裏の熱さが違う例え)

・サラダとデザートはとても美味しかったです。カレーは、スパイスで作るとルーの味が薄いのだと初めて知りました。最初からの手作り感があるカレーも良いなぁと思いました。


2017072317.jpg

・シナモンの棒を紅茶に入れたら、甘味がでて、渋みがやわらいで美味しかったです。家でもやってみたいと思います。ペットボトルに何かを入れるということは、今まで知らなかったのでびっくりしましたが、お友達にも教えてあげたいです。ありがとうございました。

・S&B(スパイス&ハーブ)自由研究のノートが、とても分かりやすくて勉強になりました。


2017072327.jpg

・自分でスパイスを作ることがすごいと思いました。

・調理も、子供には簡単で美味しく作れて、嬉しかったようです。ハーブを使ったメニューも作ってみたいです。

・サラダは、ドレッシングだけで美味しくなってすごいと思いました。


2017072329.jpg

・デザートのシナモンの使い方の他に、紅茶にもシナモンスティックを入れるのが面白いと思いました。

・初めて参加させて頂きましたが、親子共々、大満足です。

・子供中心だけではなく、大人も普段使えるスパイスのヒントを教えて頂き、参考になりました。


2017072334.jpg

・娘が家でもカレーを作りたくなったみたいです。ありがとうございました。

・ガラムマサラをカレーにふりかけただけで辛さが味わえることを教えて頂き、勉強になりました。


2017072333.jpg

・今日作ったハーブソルトで料理の幅も広がりました。

・子供だけでなく、母親も色々と学ばせて頂きました。大変、貴重な時間をありがとうございました。


2017072320.jpg

・とても楽しかったです。ありがとうございました。

・スパイスの色々なことが分かって楽しかったです。

・夏休みの自由研究のひとつとして活用します。


2017072336.jpg

 スパイス&ハーブのセミナーは、これまでも、大人向けセミナーとして何回も開催して頂きました。

 とても内容が深く、僕も過去、殆ど参加させて頂いているのですが、とても難しい内容です。現実問題として、全てのスパイスやハーブを使いこなすことは難しいかもしれませんが、そのご家庭にあったスパイスやハーブは、必ずあると思います。

 お客様アンケートの中にもありましたが、沢山のスパイスやハーブを見ても、使い方や特徴が分からないということもあると思いますが、今回のような料理教室や、エスビー食品様のサイトでも、詳しくご紹介されておりますので、そちらをご覧頂いて、少しずつ、スパイスやハーブを使えていけたらいいなぁ〜と僕自身も精進していきたいと思います。


2017072337.jpg
posted by ワイズマン at 18:32| 千葉 ☁| Comment(0) | 親子料理教室 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月09日

夏休み親子料理教室 『手作りマヨネーズ体験&料理教室』

2017072201.jpg

 2017年7月22日(土)にキューピー株式会社様による夏休み親子『手作りマヨネーズ体験&料理教室』が開催されました。

 それでは、当日の様子をレポート致します。


2017072205.jpg

 まずは、マヨネーズに関する授業の始まりです。


2017072211.jpg

 授業の流れです。


2017072213.jpg

 最初は、マヨネーズについての一般的な説明でした。


2017072212.jpg

 途中、このような面白い裏技が登場したりします。


2017072215.jpg

 そして、次第に難しくなってきて、いよいよマヨネーズの原材料についての説明となりました。

 キューピー様は、原料に非常にこだわりを持っていて、油は、植物から精製したもの。卵も新鮮な卵の黄身だけを使用。お酢にいたっては、日本全国をまわり、最適なものを探したけど見つからず、それならとお酢を作るためだけの子会社を作ったそうです。


2017072218.jpg

 ここで1つ問題です。原材料の油とお酢(水)は、攪拌してもなかなか上手く混じらず、分離してしまいます。


2017072216.jpg

 そこで、キューピーでは、どうしたでしょう?というクイズの出題です。

 回答@ 黄身を入れた

 回答A キューピーの魔法

 さぁ、どっち?


2017072214.jpg

 お子様は、お母さんと相談しながら、正解を見つけていました。

 ヒントは、先のスライドにありましたね。もう1つの原材料は・・・。


2017072217.jpg

 ここで突然『乳化』という難しい言葉が出てきましたが、イラストを使って分かりやすく説明されています。


2017072219.jpg

 乳化の様子がスライドでご紹介され、お話は次のステップに移ります。


2017072220.jpg

 マヨネーズの原材料が分かり、いよいよ、手作りでマヨネーズを作ることになりますが、同じ品質の原材料を使った場合、手作りと機械作りで違いは生じるかどうかという疑問が提示されました。


2017072221.jpg

 そこで、マヨネーズの構造を説明。


2017072222.jpg

 機械で混ぜた方が、均一になっていること。その特徴として色の違いなどの説明がありました。


2017072223.jpg

 それでは、実際にマヨネーズを手作りしようということになりました。まずは、黄身と白身を分離します。


2017072224.jpg

 油とお酢、黄身を攪拌してマヨネーズを作りました。


2017072231.jpg

 工場製のマヨネーズが小さな白い方です。この色ぐらい白くなるまで攪拌出来たら、乳化がきちんと出来ていることになります。


2017072227.jpg

 お子様達も早速、マヨネーズ作りに挑戦です。まずは、黄身を分離。


2017072225.jpg

 皆さん、少し苦戦しながらも、上手に黄身だけを取り出していました。


2017072228.jpg

 ボールの中に黄身とお酢をいれて良く混ぜます。


2017072206.jpg

 こちらが、キューピー様が特別に作っているマヨネーズ用のお酢です。


2017072229.jpg

 次に攪拌しながら、サラダ油を少しずつ加えていきます。乳化を上手く進めるためにも一気に入れずに、少しずつがコツとなります。


2017072230.jpg

 サラダ油の投入が終わったら、後は、マヨネーズの色が黄身の黄色から、乳化が進んだ白い状態になるまで混ぜるだけです。


2017072233.jpg

 出来たマヨネーズは、きゅうりにつけて食べました。機械製のマヨネーズと食べ比べをして、どちらが美味しかったでしょうか。

 手作りの方が美味しいという方も、機械の方が美味しいという方も、それぞれいらっしゃいました。


2017072232.jpg

 そこで、一度、目隠ししてみて、どちらか分からない状態で食べ比べてみたらどうですか?とご提案してみました。結局、どちらが美味しかったのかなぁ?


2017072236.jpg

 マヨネーズについて学び、実際に手作りした後は、お買物です。


2017072202.jpg

 今回のお買い物は、全部で6品ですね。


2017072237.jpg

 みんなで相談しながら、買い物をスタートします。


2017072238.jpg

 色々な店舗をご利用下さっているお客様ですので、浦安本店の売場を必ずしもご存知な訳ではありません。だから、パン売場がどこにあるのかも分かりません。そこが、宝探し感覚で面白いのだと思います。


2017072239.jpg

 お買物が終わり、レジで代金をお支払します。小さなお子様達が買い物している様子が愛らしく映ったのでしょう。新人のレジさんが、嬉しそうに眺めていたので、そのレジにお子様達を誘導しました。とても丁寧に、嬉しそうに接客されていました。


2017072203.jpg

 さて、これから調理とご試食となるのですが、ここまででかなり詳しく書いてしまったので、料理については、レシピで割愛させて頂きます。残りは、お客様のアンケートと、調理の様子のお写真を掲載させて頂きます。


2017072204.jpg

 それでは、ここから、お客様アンケートのご紹介となります。

・盛りだくさんな内容で満足でした。

・料理も、普段作らないものだったので、新鮮な感じでした。

・初めての参加でしたが、とても内容が濃くて良かったです。想像よりも楽しかったです。また参加したいです。


2017072240.jpg

・簡単にマヨネーズが出来てすごい!!

・少し包丁が怖かった。

・自分で作った料理はおいしい!

・お菓子の家なども作ってみたい


2017072245.jpg

 ちょっとだけ、料理もご紹介します。

 油のかわりにマヨネーズをフライパンにおいて加熱します。


2017072244.jpg

 アボカド、ベーコンを角切りにし、溶き卵、パルメザンチーズ、塩、こしょうを加えて混ぜ、フライパンで焼きます。


2017072254.jpg

 四角いオムレツを作る感じです。


2017072243.jpg

 スライスチーズをのせてトーストしたパンを片面に、パンだけをトーストしたものとで、具材を挟むようにするのですが、千切りキャベツ(マヨネーズと黒こしょうで味付けしたもの)と、四角いオムレツをサンドしたら完成です。


2017072247.jpg

 具材が盛りだくさんですので、ペパーで包んで、包丁を入れると断面も綺麗にお洒落な感じになります。


2017072248.jpg

 それでは、アンケートに戻ります。

・子供に片付けまでやらせても良いと思いました。

・サンドイッチは、野菜たっぷりで美味しかったです。サンドイッチの包み方も、今後、役立ちそうです。

・スペースがとてもおいしかったです。子供の嫌いな具材もペロリと完食していました。


2017072250.jpg

・初めての参加でしたが、思った以上に子供と協力して楽しめる体験でした。

・色々と勉強させて頂き、ありがとうございました。

・親子共々、楽しく過ごすことが出来ました。このような企画がありましたら、また参加したいと思います。


2017072252.jpg

・マヨネーズの材料と使い方が分かったので、勉強になった。

・子供も包丁を使えて楽しかった。

・サラダのドレッシングが選べて美味しかった。


2017072235.jpg

・ビッグサイトの自由研究大○○(←自主規制)よりも、充実した内容で、とても楽しく過ごせました。

・自宅に帰って内容をまとめて、自由研究として学校に提出したいと思います。

・夏休みの良い思い出が出来ました。ありがとうございました。


2017072253.jpg

・お買物に行って料理を作ったことが楽しかったです。

・身近な食材でマヨネーズが手作り出来て良かったです。

・オムレツは難しかったです。


2017072260.jpg

・スープの味は煮込んだものの味なのに、具材がしっかりしているところが良いと思います。

・とても楽しくお勉強になりました!!

・とても楽しく参加しました。来年も来たいです。

・また来たい!と言っています。お父さんに作ってあげたい。


2017072251.jpg

・あまり包丁を使っていないので、少し難しかったようですが、良い経験になりました。とても楽しかったようです。

・マヨネーズの作り方をレシピで貰えるとうれしいです。

・自由研究に大活躍しそうです。


2017072249.jpg

・長かったけど、楽しく美味しく出来ました。

・野菜を多く使用し、美味しく頂きました。

・子供にとって、初の料理教室、調理実習の機会を作って頂き、ありがとうございます。


2017072226.jpg

・いつも同じドレッシングを使っているので、新しいものにチャレンジしてみたいと思いました。

・色々な料理が作れて楽しかったです。

・試食の時間が少し短いです。もう少しゆっくりと味わいたいです。


2017072259.jpg

・マヨネーズの作り方も体験出来て楽しかったみたいです。とても良かったと思います。

・座学と実践がちょうど良いバランスでした。子供も飽きないでいられて良かったです。

・お料理は、身体に良く、美味しいものでした。


2017072210.jpg

・試食は、ゆっくり食べたくなるぐらいおいしかったです。

・とてもおいしくて満足でした。

・ドレッシングの試食がとても良かったです。今度、是非、買ってみたいです。ありがとうございました。


2017072263.jpg

 キューピー様は、実は、親子料理教室初開催でした。以前、グループ会社のアヲハタ様のジャム作り体験教室は開催されていましたが、その時のスタッフ関係者もおらず、今回は、大変緊張されていたと思います。


2017072255.jpg

 マヨネーズに対しての知識が、僕の中でも増えて、今度、実践してみたいと思う内容が沢山ありました。少し難しい言葉などもありましたが、とても分かりやすく、更に実際にマヨネーズを作りながら、色の変化を通して「乳化」を理解出来るような構成は、流石だと思いました。


2017072261.jpg

 手作りマヨネーズが美味しかったためか、試食用のきゅうりが全部無くなったのにはびっくりしました。恐らく、お一人2本分ぐらいずつは、召し上がられていたと思います。


2017072208.jpg

 僕個人も、大変、勉強になった親子料理教室でした。ありがとうございました。


posted by ワイズマン at 12:00| 千葉 ☁| Comment(0) | 親子料理教室 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月08日

夏休み親子料理教室『お好み焼』作り方教室 その2

2017071779.jpg

 夏休み親子料理教室『お好み焼』作り方教室 その2 のレポートをします。

 えっ? レポート終わっているでしょ。

 いえいえ、今回の夏休み親子料理教室では、過去に人気が高く、高倍率となった内容が午前、午後の1日2回実施したものがあるんです。その一つ目が『お好み焼』作り方教室でした。

 それでは、午後の部をご紹介致しますが、基本的な内容は同じですので割愛させて頂きまして、お客様のレポートを中心とさせて頂きます。


2017071764.jpg

 お昼を食べてからのご参加となりましたので、お好み焼を食べられるかなぁ〜と、ちょっと心配でした。

 「お昼食べたぁ〜? お好み焼き食べれるかなぁ〜?」と尋ねると、「大丈夫! お昼少なめにして来たから、早く食べたい!」と心強いお返事が返ってきて一安心です。


2017071770.jpg

 オタフクソースのスタッフの皆様も、川上先生も、パワー全快!でした。

 写真を見ると分かると思いますが、これだけお子様(とお母様)に集中して頂けたら、先生もやりがいがあるというものです。会場の空気も、お好み焼きを焼いているテンションと同じぐらい盛り上がっていました。


2017071772.jpg

 こちらが、この日、2回目の実演で焼いたお好み焼き。川上先生曰く、こ2回目の方が美味しく焼けたとのことでした。

 それでは、お客様アンケートからご紹介させて頂きます。


2017071765.jpg

・他の料理もやりたいです!!!

・お買物から子供にさせて頂けるのは面白かったです。簡単に出来て楽しかったです。

・準備や段取りが素晴らしく楽しく参加することが出来ました。


2017071766.jpg

・親が手を出さなくても、包丁も、ホットプレートも、子供がしっかりと楽しみながら扱っていたので良かったと思います。

・家で作っていたものとは別物の美味しさでした。

・すご〜く、おいしかった! 量も丁度良かったです。


2017071768.jpg

・普段、下の子がいるので、家で料理をさせる機会がありません。本当に楽しそうに作っていて良かったです。

・おいしかったけど、午後の部は、おなかがあまりすいていなかったので、食べきれませんでした。焼そばは美味しかったです。

・親も勉強になり、楽しかったです。説明も分かりやすかったです。


2017071769.jpg

・焼そばが、本当においしかった。実演も説明がうまかった。どなたも親切でした。

・お好み焼は、持ち帰れると良かった。ラムネも嬉しかった。

・オタフクソースの秘密が知れて、オタフクのファンになりました。


2017071775.jpg

・クイズが子供と一緒に楽しめました。

・最初から全部出来たのが良かったです。お腹いっぱいになりました。

・楽しくて美味しかったです。


2017071773.jpg

・いっぱい、お料理が出来て楽しかったです。

・とてもおいしかったので、おうちでも作ってみたい。

・夏休みに、おうちでもつくりたいです! 楽しかったです!


2017071776.jpg

・ふわふわしたお好み焼きが作れて良かったです。

・子供が、全部の工程を自分で作ることが出来て良かったです。上手にできて、すごく嬉しそうでした。

・おいしかった!


2017071774.jpg

・お好み焼きも、焼そばも大好きなので、嬉しそうでした。ラムネも良かったです。

・自分で作ったお好み焼きは、いつもより美味しく頂きました。ありがとうございます。

・いつも楽しい企画をありがとうございます。下の子は、初めての参加でとっても喜んでいました。


2017071778.jpg

 皆さんのお食事中、お飲み物をグラスに注いでいました。セルフ方式でお客様に運んで頂いていたのですが、あるお子様が、お母さんと自分の分の2杯を運んでいきました。引き続き注いでいると同じお子様が、またグラスを取りに来られました。そして、その後も来られたので、どういうことかなぁ〜と振り返ってみると、座っているグループのみならず、他のグループの皆さんの分も一人で運んでくれていました。

 あっ、セルフ方式ではなくて、まとめて僕がお配りしなくちゃいけなかったと反省すると同時に、このお子様の心優しい姿に感動していました。お好み焼き名人の認定証の授与のときも、お名前を呼ばれるとはっきりとしたお返事と、最後には「ありがとうございました」と笑顔の一礼。心の中で、「こちらこそ、来てくれてありがとう。」と言っていました。


2017071777.jpg

 こちらは、ちょっと商品のご紹介です。お店のお買物のときに、通常のお好み焼きソースとは別に、「コクと旨みのお好みソース」なる商品を見つけました。お子様達を先導して、このソースを選んで頂き、他のグループが購入された通常のソースと食べ比べをして頂きました。

 残念ながら、僕は試食しなかったので、自分で購入してみたいと思います。昔の味を再現したソースで、旨み成分が多いトマトをたっぷり配合し、マッシュルーム、かつおを加えているそうです。


2017071717.jpg

 他にも色々とあるんですね。焼そばは、本当に美味しかったので、このソースを購入して自宅で作ろうと思います。天かすを加えるのもポイントです。(作り方は、1つ前のレポートにあります。)


2017071780.jpg

 最後に被り物記念撮影。スタッフさんの黄色のもじゃもじゃウィッグは、焼そばをイメージしたそうです。


2017071781.jpg

 もう、記念撮影は、わざと視線をずらすのが流行っているのかなぁ〜。


2017071782.jpg

 やはり、川上先生の方が人気が高いみたい。


2017071783.jpg

 ソースの被り物は、本社の広島から取り寄せたそうです。皆さん喜ばれていて良かったと思います。

 今回は、午前、午後の2回実施でしたが、やはり、午前からお昼の部だけの実施の方が、より美味しくお好み焼きを召し上がって頂けるのかなぁ〜と反省点もありました。少し倍率は高くなるかもしれませんが、来年以降の検討とさせて頂きます。

 また、アンケートにご質問があったのですが、兄弟で参加したいのですが出来ますか?応募は別々にした方が良いのでしょうか?とありました。

 基本的に、全ての親子料理教室は、親御様1名、お子様1名の2名様一組とさせて頂いております。一部、複数名のお子様参加での募集をさせて頂いた教室も過去にはございましたが、基本は、2名様1組と考えております。その理由は、包丁、フライパンなど扱いにより大怪我になる危険性があり、スタッフはおりますが、親御様にもお子様を見守って頂きたいと思うからです。また、複数名のご参加は、それぞれ一組様毎のご応募とさせて頂いております。出来るだけ多くのお客様にご参加頂きたいと考えておりますし、定員を超えた場合(基本的には、全て定員数を超えるとお考え下さい)は、抽選となりますことをご了承下さいませ。

 親子料理教室で調理したから終わりではなく、ご自宅に戻られてからも、参加出来なかったご兄弟のため、お父さんのため、再び、お料理して頂けたらという思いもあります。実際にご参加されたお客様からの感謝状の中に、ご自宅の台所でエプロンをして調理されている様子と、実際の料理のお写真が同封されていたことがあります。手紙には、美味しかったのでお留守番のパパに作りたいと娘がその日のうちに台所に立ちましたと綴られていました。とても嬉しかったです。
posted by ワイズマン at 10:08| 千葉 ☁| Comment(0) | 親子料理教室 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月07日

夏休み親子料理教室『お好み焼』作り方教室 その1

2017071759.jpg

 2017年7月17日に今年の夏休み親子料理教室トップバッターとなるオタフクソース株式会社様による「お好み焼作り方教室」が開催されました。

 それでは、当日の様子を簡単にご紹介致します。


2017071702.jpg

 今回の親子料理教室の流れは以下の通りです。

 @お好み焼き、オタフクソースについての雑学とクイズ

 Aお子様たちによるお買物体験

 Bおいしいお好み焼きの作り方を先生から学ぶ

 C実際にお好み焼きを焼いてみる

 このような流れでした。


2017071704.jpg

 クイズは、お好み焼きのこと、オタフクソースのことなど、色々な内容に渡っていました。


2017071701.jpg

 こちらは、クイズにも登場した「デーツ」です。古代エジプト時代にも食べられていたナツメヤシの果実で、アフリカやイラク、アラブ諸国では重要な食物です。オタフクソースには、お好みソースの独特のうまみ、コク深い甘みを出すためにデーツを原材料として使われています。オタフクソースに含まれる原材料の中で、果実で一番多く使われているのが「デーツ」です。


2017071707.jpg

 オタフクソースを包んでいる包装袋に記載されている原材料を確認していますね。原材料は、含まれる材料の多い順番に記載されておりますので、ここで確認をしています。


2017071709.jpg

 雑学のお勉強とクイズも終わり、いよいよ、お子様達のお買物体験となりました。

 グループ毎に4人のお友達が一緒になって、これから何を買いに行くのか、確認しています。


2017071710.jpg

 お買物が嬉しいのでしょうか。引率するスタッフに抱きつくお子様もいらっしゃいました。(^。^)


2017071711.jpg

 さぁ、いよいよお買物のスタートです。無事、目的の食材が見つかるでしょうか。


2017071712.jpg

 こうやって、お子様目線で店内を見渡すと、お店って巨大な迷路みたいですね。目的の食材を見つけるのは、大変です。


2017071713.jpg

 でも、お友達と協力して、みんなで無事に食材を見つけることが出来ました。


2017071714.jpg

 レジでの会計も緊張している様子。お金が足りるかなぁ〜。食材を探しているときに、電卓に金額を入力して確認しているから大丈夫な筈なんだけど。

 フ〜、足りて良かった。 そんな心境みたいでした。


2017071715.jpg

 何から、レジ袋に詰めるかで、議論が展開されています。きちんと理由を説明しながら、他のお子さんを納得させているチームもあれば、うちはこのやり方だよ!みたいな感じで主導権を握られたお子様がどんどん袋詰めされているチームもあります。


2017071718.jpg

 さて、お買い物を終えて、会場に戻ってくると、いよいよ調理の開始です。


2017071719.jpg

 今回の親子料理教室の最大の目的は、「ご家庭でも美味しいふっくらとしたお好み焼きを焼けるようになること」だと思うんです。

 そして、それを実現するために昨年に引き続きご登場頂いたのが、オタフクソース株式会社お好み焼き課の川上先生です。


2017071720.jpg

 川上先生のお仕事は、今回のような料理教室や、お好み焼き屋さんが出店される際の応援などをなされているそうです。お子様たちとのやりとりを拝見していると保母さんみたいで、気持ちをギュッと鷲づかみにされていました。


2017071722.jpg

 まずは、キャベツの切り方について教えて頂きました。

 きゃべつの芯の部分を少し大きめに切り落とします。きゃべつを切るときに、このカットした側をまな板に接地させて安定させます。


2017071723.jpg

 次にきゃべつを包丁に対して横になるようにします。葉脈(きゃべつの葉にある繊維)を横に切るような感じです。葉脈と同じ方向に包丁を入れてしまうと葉脈だけの切れ目が出来てしまうためです。


2017071724.jpg

 千切りが終わったら、今度は、千切りのきゃべつに対して包丁を横に入れて、ざく切りにします。


2017071725.jpg

 あまり細かくならないように、包丁を入れていきます。


2017071726.jpg

 これぐらいの大きさです。


2017071727.jpg

 ここまで説明が終わったら、各テーブルに戻って調理を開始しました。


2017071728.jpg

 上手に切れたかな。


2017071729.jpg

 皆さん、楽しそうにきゃべつを切っています。


2017071730.jpg

 最後まで上手に切れましたね。これで食感も美味しいキャベツが出来ました。


2017071731.jpg

 いよいよ次の工程です。

 オタフクソース様から販売されている「お好み焼きセット」には、「お好み焼き粉ミックス」、「天かす」、「青海苔」、そして、お好み焼きをふんわりおいしくする「やまいもパウダー」がセットになっています。今回は、このキットを使いました。


2017071740.jpg

 まず最初に、「やまいもパウダー」を水によく溶きます。

 次にミックス粉を入れて混ぜるのですが、こちらは、あまり混ぜすぎないようにするのがコツです。


2017071734.jpg

 ここでパッパラパッパパー!という効果音と一緒に登場したのが、赤丸で囲まれた便利アイテム『まぜまぜカップ』です。

 このまぜまぜカップは、お好み焼1枚分の食材を混ぜるのにピッタリのサイズのカップで、生地を入れる量と、具材を入れる量の目安が目盛りで刻まれていて、とても便利なアイテムです。


2017071742.jpg

 まぜまぜカップの目盛りまで、生地を入れて、次に具材をいれるとこんな感じです。あとは、このカップの中でまぜまぜして準備完了です。


2017071735.jpg

 さぁ、いよいよ美味しい焼き方について学びます。

 中火(約200度)に温めたホットプレートに混ぜ合わせた生地を流します。約2cmぐらいの厚さになるようにします。


2017071736.jpg

 川の字になるように、豚バラ肉をひろげてのせます。


2017071737.jpg

 さて、ここで最難関のお好み焼きをひっくり返す工程です。

 川上先生の説明は、次の通りです。

 「ヘラを両手で、自転車のハンドルを握るように持って下さい」

 「そのままお好み焼きの下にヘラを入れてから、上に持ち上げ、手前にひいたら、手を返すようにしてひっくり返します。」


2017071738.jpg

 見事、綺麗にひっくり返り、自然と拍手が沸き起こりました。


2017071739.jpg

 ひっくり返したら、フタをして、豚バラ肉が焼けるまで、約5分蒸し焼きにします。(温度は240度)

 焼いている面がきつね色になったら、再びひっくり返して約2分焼きます。ここではフタはしません。

 最後にソースを塗って、トッピングして完成です。


2017071741.jpg

 先生のお手本が終わり、いよいよみんなでお好み焼き作りが始まりました。その後、実際に焼いたお好み焼きを食べて終わりという流れです。

 それでは、お客様のアンケートを当日の写真と一緒にご紹介させて頂きます。


2017071732.jpg

・とても楽しく参加しました。ソースの知らないことを学ぶことが出来ました。

・また、参加したいです。スタッフの方も素晴らしかったです。キャベツを切るのがとても固くて大変でした。でも、またやって、次はもっと上手に作りたいです。


2017071747.jpg

・お好み焼きがパリパリ、ふわふわで美味しかったです。

・お買物をするのも楽しかったです。

・子供が楽しかったと言っており、大人は、きゃべつの切り方が新鮮でした。ひっくり返すのが難しかったけど、楽しかったそうです。また、参加したいです。


2017071733.jpg

・お好み焼き、焼そば、どちらも凄く美味しかったです。夏休みの絵日記に書きたいと思います。ありがとうございました。


2017071751.jpg

 お客様のアンケートにあった「焼きそば」とは、お客様がご試食している間にオタフクソースのスタッフの皆さんが、調理したものです。

 焼そば専用に開発されたソースを使っています。


2017071752.jpg

 焼そば麺は、先にほぐしながら、5分炒めます。炒め終えたら、皿に移し、フライパンで豚バラ肉を1分炒め、その上にキャベツ、天かす、先ほど炒めたやきそば麺をのせ、フタをして約2分半蒸らします。


2017071753.jpg

 蒸らしが終わったら、全体を30秒ぐらい炒めます。


2017071754.jpg

 焼そば用のソースをかけます。


2017071755.jpg

 全体にソースがなじむように20秒程度で手早く炒めて完成です。

 僕も試食させて頂いたのですが、天かすを加えるのがポイントだと思います。とてもおいしい焼そばでした。お好み焼き用のソースでも作れるとは思いますが、焼そば用のソースは、サラサラしていて、焼そば全体になじませるのには、向いていると思いました。

 再び、アンケートのご紹介に戻ります。


2017071743.jpg

・いつも家で作るお好み焼きよりも、ずっとふんわりしていて、ソースもたっぷりかけて、すごーく美味しかったです。結構、じっくりと時間をかけて焼くのだと勉強になりました。スタッフの皆様、みんな優しくて、面白く、とても楽しい講習をありがとう御座いました。

・お買物が出来て良かったです。

・焼き方のコツを教えて、もらったので親にとっても参考になりました。


2017071749.jpg

・楽しく出来て良かったです。

・ソースの味が違って面白かったです。

・女の子が多い中、最初はあまり気分がのってなかったが、途中から楽しんでやっていました。


2017071745.jpg

・色々と、すばやく対応して頂き、ありがとうございました。

・親子共々に楽しく参加出来て、とても良かったです。

・火傷の氷の準備など、すばやく対処して頂き、ありがとうございました。


2017071750.jpg

・分かりやすく、大変丁寧に教えて頂きありがとうございました。

・色々と気配りをして頂き、親子共々、楽しく料理することが出来ました。ありがとうございました。


2017071757.jpg

・とても分かりやすく、知らないことも教えてもらいました。

・とてもやさしいお兄さんが丁寧に接してくれてうれしかった&楽しかったです。

・お好み焼きがこんな風に作れて感激!!


2017071746.jpg

・今年の夏、おじいちゃんや友達とパーティーします。ありがとうございました!

・焼そばは、最初にそばを焼くのが勉強になりました。

・お好み焼きは、ふわっとしていて美味しかったです。子供は、ラムネが祭りっぽくて嬉しかったようです。


2017071760.jpg

・楽しく、料理が出来ました。テーブル毎の先生も親切に教えてくれて子供も楽しめました。

・とても楽しく参加させて頂きました。ありがとうございました。川崎から出てきても、満足させて頂きました。親子で、ゆっくり料理が出来る貴重な時間でした。


2017071761.jpg

 全体の記念撮影の後に、みんなで被り物をして記念撮影しました。


2017071762.jpg

 希望者だけですので、全てのお子様ではありませんが、各グループ毎に撮影させて頂きました。


2017071763.jpg

 皆さん、とてもノリノリでした。

 実は、親子料理教室始めって以来、初の試みがありました。1日に2回開催というものです。

 片付けと午後のお客様向けのセッティングをしてから、スタッフの昼食。

 午後の部のレポートは、次回に続きます。
posted by ワイズマン at 18:44| 千葉 ☁| Comment(0) | 親子料理教室 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月31日

2017年7月食育 『夏のカレーフェスティバル(シーフードカレー編) 』

2017071819.jpg

 ワイズマート2017年7月の食育レシピは、6月に引き続き、『夏のカレーフェスティバル』でした。6月は、ミートカレーのレシピの中からのご紹介でしたが、7月はシーフードカレーのレシピの中からのご提案でした。

 久しぶりに原木店にお邪魔しました。


2017071818.jpg

 原木店では、毎回、本部からの提案に何かアイデアや仮説提案を、ご試食で試してみて、結果を分析、そして次回以降の食育活動に活かすというように、一捻りあるのが特徴です。お客様からは、あまりそういった部分は見えないかもしれないのですが、他の店舗と比べてみても、取組みの姿勢が少し違っていて、いつも感心させられています。


2017071815.jpg

 まずは、原木店のレポートから、そのままご紹介させて頂きますね。

 先月、2種のカレー食べ比べがご好評でしたが、今月は食材を敢えて変えずに、ルーを変えての食べ比べ提案をしました。


2017071817.jpg

 当日使用したカレールーは、次の2種類です。

 1つは、ハウスさんのバーモンドカレー。もう1つは、グリコさんのZEPPINです。


2017071802.jpg

 こちらは、ハウスさんのバーモンドカレーで作ったシーフードカレーです。

 バーモンドカレーは、1960年頭にカレーは大人の食べ物という認識を覆すべく、手軽に「子供も大人も一緒に美味しく食べられるカレー」として開発された商品で、ハウスさんと言えば、バーモンドカレーという印象は強いのではないでしょうか。誕生から半世紀以上経つバーモンドカレーは、何度も製法のリニューアルが実施され、今に至ります。


2017071803.jpg

 こちらは、グリコさんのZEPPINで作ったシーフードカレーです。

 ZEPPINは、まだ誕生してから比較的新しいカレーです。(2004年発売開始)

 デュクセルソースと40数種スパイスで仕上げた、大人向けの本格的なカレーとして開発された商品です。濃厚なコクと風味豊かな上質な味わいを追求。(※デュクセルソース=マッシュルームと香味野菜を炒めた、風味・コク付けのためのソース。)

 開発された時代が違いますが、商品のコンセプトも真逆ですので、確かに食べ比べするには面白い組み合わせだと思います。


2017071822.jpg

 再び、店舗のレポートからご紹介致します。

 同じ食材でルーによってこんなにも味が違うのかと私達も驚きました。今回も2種の食べ比べは成功で
した。特にZEPPINを使ったことがない方が多く、ご試食され、そのままお買い上げ下さりました。良かったと思います。


2017071825.jpg

 お客様のご感想は、次のようなものでした。

 カレー・・味が全然違うんですね!

 ZEPPINとても美味しいです。お子様が食べ比べをし美味しいとご購入頂きました。

 普段は、バーモントかジャワカレーなんですが、ZEPPINコクがあって美味しいですね!の声を多数頂きました。


2017071810.jpg

 そして、もう一品。

 普段、関東では、あまり食べ慣れない?赤だしのしじみ汁を土用の丑の日のためにお勧めしようと考えたそうです。


2017071816.jpg

 今回使用したのは、こちらの減塩赤だし味噌です。

 国産大豆を100%使用した仕込みから減塩で製造した、おいしさはそのままに塩分のみをカットした、うま味たっぷりの赤だし味噌。

 但し、お味噌汁その後の利用法が分からないのではないか?と考え田楽味噌を提案することにされたそうです。(冷蔵庫の奥にいつの間にか追いやられていたり・・)家で肉みそも試作してみましたたが、シンプルに田楽味噌だけにし、田楽味噌の美味しさがよく分かるように決めました。


2017071813.jpg

 ご試食のときは、炊きたてご飯にのせて提供。通常の田楽味噌バージョンと柚子を加えたバージョンの2つをご用意しましたが、柚子バージョンは、ディスプレイ専用で、ご試食は田楽味噌バージョンのみとしました。


2017071814.jpg

 田楽味噌の作り方の材料の分量は、こちらのメモをご参考にして下さい。実際の作り方は、材料をひと煮たちさせるだけとのことです。


2017071811.jpg

 試食させて頂きましたが、とても濃厚で、少しでごはんが沢山食べられるおいしさでした。


2017071820.jpg

 ディスプレイは素揚げ野菜・茄子・かぼちゃ・いんげんに添えて、主役の赤味噌のしじみ汁と一緒にしました。


2017071804.jpg

 この日、販売していたしじみがとても大きくてビックリしました。まるで、あさりの大きさで、肉厚でした。


2017071807.jpg

 しじみ汁についてのお客様のご感想は、反応が鈍く得意じゃないとおっしゃるお客様が多かったようです。

 一方の田楽味噌については、興味を示されるお客様が多く、作り方を聞かれました。お客様の反応が想像以上に良かったのに驚いたそうです。


2017071826.jpg

 田楽味噌・・え!何これ!何これ!凄く美味しいんですけど!ご飯がすすみ過ぎて大変かも!と絶賛頂きました。田楽味噌は、感動して下さる方が多かったです。早速作ります・売ってないんですか?のお声も頂きました。


2017071808.jpg

 原木店の食育コミュニケーターさん達は、共通の食育レシピの他に、何か独自で提案出来るものはないか、また、その発展系(実際にお客様がご利用される場合のことを考えた)もご紹介されているところが、凄いなぁ〜と思います。そして、ただ単にお客様にご満足頂いたことの証として、美味しいとのご感想だけではなくて、その商品をお買上げ下さることに喜びを感じられているのが、一歩進んでいると感じています。

 やはり、小売として商品を販売している以上、お客様が本当に感動頂けたら、お家でも作って召し上がって頂きたいと思うのは、普通だと思います。家庭に常備されているような食材であるならば、そのままご購入されることもないかもしれませんが、普段、お買い求めされていない商品をご購入頂けたとしたら、それは、ご試食が美味しかったからだと思うのです。
posted by ワイズマン at 18:55| 千葉 ☁| Comment(2) | 食育 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月27日

福島の桃の産地視察に行って来ました!

2017072506.jpg

 ワイズマートでは、今年も山梨県加納岩産の桃『ぴ〜一番』を、オススメの桃として販売しております。

 今回は、桃のもう1つの名産地である福島の園地を視察に行って参りました。僕自身は、今年は加納岩の園地には行っておりません。(バイヤー及び別の担当者は、今年も加納岩に伺いました)

 それでは、桃についての豆知識と、『山梨県加納岩の桃』と『福島県の桃』の違いにフォーカスしてレポートさせて頂きたいと思います。


2017072514.jpg

 2017年7月25日園地にて記念撮影。園地をご案内下さったJAふくしま未来の齋藤さん、当社バイヤー、卸関係の皆さんです。

 さて、まずは桃に関する豆知識。これまでも、ワイズフォーラムでレポートさせて頂いた内容となります。

 桃と一言で言っても、大きく2つに分かれます。

 1つは、果肉が柔らかくジューシーな『白鳳系(はくほうけい)』と果肉がしっかりとした歯ごたえのある『白桃系(はくとうけい)』です。

 また、桃には、とても多くの品種があり、7月上旬から8月下旬ぐらいにかけて1週間ぐらいの間隔で品種が切り替わって収穫されていくというイメージです。


2017072505.jpg

 特に加納岩でオススメしていたのが『白鳳系』の桃です。勿論、加納岩にも『白桃系』の桃も存在します。

 一方、福島の桃というと、僕の中では、加納岩の白鳳系が終わったぐらいから、お店に並びだすというイメージでした。その点についても、今回は、確認しております。


2017072509.jpg

 いきなり、園地の写真です。

 この園地を見た瞬間、加納岩との違いに気付きました。違いについては、後述しますが、まずは、今年の福島の桃の概況についてお知らせします。

 今年は、東京も空梅雨でしたから、何となく予想は出来たのですが、実際のデータを拝見してびっくりしました。7月の1〜5日に28ミリの雨が降った限り、6日〜15日までは、全く雨が降っていません。昨年比だと約1/3しか雨が降っていません。また、気温も高い。最低気温は、昨年が20度以下なのに対して、今年は22度〜25度。最高気温も、昨年は27度なのに今年は、29度〜35度もあります。

 JAふくしま未来の齋藤さんのお話によると、最高気温が30度を超えるようになると、桃の木も、実よりも、本体の木自身を守るようになってしまうので、果実まで養分が行かなくなってしまうそうです。

 福島の園地では、『はつひめ』、『日川白鳳』、『暁星』といった白鳳系の桃が、7月上旬から中旬ちょっと過ぎぐらい迄に収穫されます。雨不足による干ばつの影響で『日川白鳳』で前年3割減、『暁星』で前年2割減という状況とのことでした。

 このままだと福島の桃でメインの『あかつき』、『まどか』が心配だったのですが、産地視察で訪れた7月25日の前日から、ちょうど良い感じの雨が降り、最高気温も29度ぐらいになりました。この二つの要因により、桃の玉サイズも大きく、甘い桃になりそうと一安心とのことでした。


2017072504.jpg

 さて、園地に入って一番に感じた違いについてレポートします。

 僕は、素人なので間違っているかもしれませんが、加納岩の園地と比べて、明らかに葉のついている量が違います。


11070704.jpg

 こちらが、過去に訪れた加納岩の園地の様子です。桃にも太陽の光を多く受けるために、ある程度の葉は残しつつも、空が見えています。ですから、園地に入り、桃の木を見ても、赤い桃の実が所々に見えていました。


2017072504.jpg

 先ほどと同じ写真で申し訳ないですが、福島の桃の園地は、外から見ても桃が殆ど見えません。桃の葉で覆われている感じです。


2017072510.jpg

 でも、木の下に入ってみると、桃がたわわに実っています。

 また、今回視察した桃の品種は、『あかつき』という白桃系の桃ですので、そういった違いがあるのかもしれません。加納岩の『白鳳』のように袋も被せていません。

 後で調べた結果、袋をかけるかけないの違いは、桃の品種にも依存することが分かりました。袋をかけないと桃の実に亀裂が入ってしまう品種もあります。それぞれにメリットとデメリットがあり、袋をかけない方が甘みのある品種を栽培することが可能ですが、その分、見た目でリスクを負います。有袋は、桃の表面を強風や強い日差しから保護しますので、自然の傷や亀裂などを最小限に抑えることが可能ですが、甘み、旨みでやや劣るそうです。

 この園地では、『あかつき』、『まどか』は、無袋で栽培されています。


2017072507.jpg

 桃の葉の数が多い理由には、桃の果実に袋をかけないから、強風や強い日差しから保護する目的があるのかもしれません。また、葉が多い方が、光合成する量も多くなるため、それだけ桃の果実に養分が行き届き、美味しい桃になるそうです。

 JAふくしま未来様としても、農家の皆さんに美味しい桃を栽培するための指導をされているそうです。実がしっかりしているものを選び、それ以外の果実は摘果(枝から落とすこと)し、収穫時期についても細かく伝えています。

 葉と葉の隙間からは、太陽の輝かしい光が降り注いでいました。


2017072508.jpg

 また、地面には、反射シートが敷かれているところは、加納岩と同じでした。

 果物って難しいなぁ〜と思うのは、品種の違い、その風土の違いなどにより、最適解は異なるということです。また、単純に機械化の作業に出来ないため、全ての作業工程に人手を要するということです。視察させて頂いた園地の広さは、1町歩(ちょうぶ 約3000坪)あるとのこと。見渡す限り、桃の木ばかり。勿論、『あかつき』だけではなく、『川中島白桃』といった有袋が必要な桃など、多数の品種を栽培されており、その品種毎に適した栽培をされています。実際に農家の方にはお会い出来ませんでしたが、手間を惜しまず、しかもこんなに広い園地を管理されていることには、頭が下がる思いでした。


2017072515.jpg

 この『あかつき』が収穫されるのは、8月5日ぐらいの予定です。その頃には、玉も大きく、赤々として美味しい桃に成長していると思います。ワイズマートでも、今年は、『あかつき』、『まどか』について品種をご紹介させて頂きながら、一番美味しい時期に大きく販売させて頂きます。


posted by ワイズマン at 19:50| 千葉 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 産地視察 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月09日

ワイズマートディスカ西船本郷店が、リニューアルオープン致しました

2017070807.jpg

 2017年7月8日(土)にワイズマートディスカ西船本郷店が、リニューアルオープン致しました。改装期間中は、ご迷惑をお掛けしまして誠に申し訳御座いませんでした。今回のリニューアルでは、お買物し易いように通路幅を拡げたり、生鮮三品を買いまわりし易いような順番にレイアウト変更致しました。

 それでは、簡単ですが、リニューアルでの変更点、また、売場を見て個人的に気になった箇所をご紹介させて頂きます。


2017070826.jpg

 まず、風除室と呼ばれる入口を入って直ぐの場所ですが、こちらは、お野菜・果物の売場を縮め、お買い得品コーナーを主体として、通路も広くとりました。


2017070813.jpg

 風除室を抜けて店内入口には、お野菜・果物の売場が広がります。通路も大きくお買物し易くなりました。


2017070812.jpg

 今が旬である加納岩の桃が並びます。


2017070811.jpg

 こちらも、今が旬のメロン・・・。


2017070805.jpg

 そして、スイカ。ちょうど、これから旬の果物が次々に切り替わってみていても楽しい売場になります。


2017070827.jpg

 今回の売場で個人的に気になったのが、このマダーボールというラグビーボールのような形をした小玉スイカです。丸いスイカでないとスイカではないと仰る方もいらっしゃいますが、僕はこのマダーボールの方が普通のスイカより好きです。その理由は2つ。一つ目は、糖度が普通のスイカより高いと感じるから、皮もとても薄く食べやすいです。二つ目は、冷蔵庫に入れる時も場所をとらないから。果物は、食べる2時間ぐらい前に冷蔵庫にいれると美味しく頂けます。あまり、長時間入れてしまうと冷たくなり過ぎて甘さを感じにくくなってしまいます。是非、マダーボールを召し上がって下さい。この時期から数週間ぐらい、お店に並ぶと思います。


2017070809.jpg

 続いてが、鮮魚コーナーとなります。鮮魚の売場は、大きく変わりまして、作業場が対面式になりました。10時〜17時までの時間となりますが、お魚の下処理なども承っておりますので、お気軽にお申し付け下さいませ。


2017070817.jpg

 対面コーナーの前の冷蔵ケースには、お刺身がメインで並んでいます。


2017070828.jpg

 通路中央には、お魚の丸物が並んでいました。リニューアルオープン初日の8日には、金目鯛や


2017070829.jpg

 あじなど・・・。

 新鮮なお魚を見ていると、魚好きな僕はワクワクしてきます。調理方法などで、何かお困りのことや、アドバイスが欲しいといった場合も、作業場が対面式に変わりましたので、是非、お声がけ下さい。


2017070810.jpg

 続いてが、大きく変わったポイントとなります。以前は、デリカコーナーとなっておりましたが、お魚屋さんの次はお肉屋さんに変更となりました。牛肉、豚肉、鶏肉、挽肉、ハムソーセージと売場が直線で続きます。


2017070816.jpg

 ワイズマートのお肉は、社内の人間が言うのも変ですが、品質と価格のバランスがとても良いと思います。他のスーパーさんで私用でお買物するときも、お肉だけは、買いません。それは、どうしても頭の中で比べた時に、手が出ないからです。


2017070820.jpg

 また、色々な部位のお肉を取り扱っているのも、ワイズマートの特徴で、みんなで焼肉する時も、説明を読みながらフムフムと楽しむことが出来ます。


2017070821.jpg


2017070822.jpg


2017070823.jpg

 焼肉屋さんで食べるのも楽しいですけど、同じ金額でしたら、ワイズマートでお買い物頂いて、お家で焼いた方が、より色々と召し上がれると思います。


2017070837.jpg

 基本の焼肉バリューセットは、本当にお買い得です。


2017070825.jpg

 また、牛プルコギ焼肉用などの商品もございますので、宜しくお願い致します。


2017070801.jpg

 次に売場として大きく変わったのは、以前、冷凍食品があった場所がお酒コーナー(スパークリングワイン、チューハイ)となりました。


2017070830.jpg

 こちらで気になるスパークリングワインを発見!

 ラシャスという名前のリンゴ、洋梨といった蒲萄以外の果物から造るスパークリングワインの中に「桃」を発見しました。ワイズマートのネットワインショップであるワインズマートでも、このラシャスは売れているのですが、「桃」は取り扱っていませんでした。こちらは、必ずラインナップに加えたいと思います。


2017070803.jpg

 さて、外周の通路に戻りまして、お肉屋さんの次は、日配コーナーとなります。最初は、お漬物、納豆、豆腐、油揚げの売場です。リニューアルオープン初日は、大人が好む沢庵が売られていました。大人が好むという意味は、甘い味がついていない素朴な沢庵ということだそうです。気になったので、ぬか漬沢庵の方を僕も購入しました。(まだ食べてはいません)


2017070846.jpg

 そして面白いなぁ〜と思ったのが、長い「京あげ」という油揚げです。販売員さんが、この「京あげ」を使って、ピザのご試食を作っていました。


2017070844.jpg

 作り方は、「京あげ」の上に玉ねぎペースト、ピザーソース、ピザ用チーズを敷き焼いて、バジルを振り掛けるだけ。


2017070845.jpg

 ご試食の画像ですが、まるでピザみたいですね。試食させて頂きました。生地の食感が違いますが、味はピザそのものでした。


2017070847.jpg

 日配コーナーを抜けると、デリカーコーナーとなります。今回のリニューアルで大きく変わった売場移動の1つです。お惣菜、煮物、フライ、天ぷら、お弁当は最終コーナーに移動となりました。


2017070839.jpg

 8日の日は、焼き餃子の実演販売を行っていました。


2017070842.jpg

 こちらの焼き餃子は、いつもイベント的に開催されるのですが、とても人気がある企画です。


2017070802.jpg

 そして、冷凍食品が、最終コーナーに移動となったのも、大きな変更点です。冷凍ケースも変わり、扉付きのタイプとなりました。アイスも同様の冷凍ケースとなりました。


2017070814.jpg

 売場の大きなレイアウト変更以外にも、バイヤーの遊び心が、色々なところで見受けられました。お菓子売場には、食玩コーナーのディスプレイがあったり。


2017070834.jpg

 パン売場では、「チーズパン食べ比べキャンペーン」が開催されています。(こちらは、ワイズマート全店企画です)


2017070901.jpg

 また、リニューアルオープン2日目となる本日のスーパー朝市でも、とても沢山のお客様にお越し頂きました。


2017070904.jpg

 そして今日は、お味噌の量り売りや


2017070902.jpg

 お茶の詰め放題などにイベントも開催されました。


2017070841.jpg

 売場のレイアウトが変わり、最初はご不便をお掛けするかもしれません。


2017070906.jpg

 でも、お客様から「綺麗になって良かったわね。」「お店が開いて良かったわ。閉店している間、大変だったのよ。」「綺麗になって買いやすくなったわ。」「毎日来るわ。明日はスーパー(スーパー朝市のこと)でしょ。」「ママー! とても綺麗になったよ。床がピカピカ!」と嬉しいお言葉を沢山頂戴しました。


2017070808.jpg

 牧野店長はじめ、スタッフ一同、お客様に愛して頂けるお店になるよう、一層、務めて参りますので、ワイズマートディスカ西船本郷店を、宜しくお願い申し上げます。
posted by ワイズマン at 18:17| 千葉 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ご連絡 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月05日

2017年6月食育 『夏のカレーフェスティバル』

2017062018.jpg

 ワイズマート2017年6月の食育レシピは、『夏のカレーフェスティバル』でした。

 いつもの形式と異なり、チラシに掲載されている7種類のカレーレシピの中から、お店の食育コミュニケーターさん達が選んだオススメの一品をご試食頂く企画となりました。

 また、諸事情により、普段はご試食が準備出来ていない店舗も、今回は、ご試食をやりましょう!という日でもございました。

 それでは、当日の様子を振り返ってみたいと思います。今回選んだのは、西荻窪店と、赤羽アピレ店の2店舗です。


2017062015.jpg

 最初に訪れたのは、西荻窪店でした。


2017062001.jpg

 西荻窪店のオススメレシピは、『牛肉とアボカドのカレー』でした。


2017062002.jpg

 店舗に到着したときには、食材のカットはほぼ終わっていました。


2017062003.jpg

 調理も進み、色々な食材がフライパンの中で炒められていきます。


2017062006.jpg

 基本カレーですから、調理方法はみんな同じで、最初にお肉お野菜を炒め、水を加えて煮込み、灰汁をとり、煮立ってお野菜に火が通ったら、一度、火を止めてルーを投入。攪拌しながら、とろみが出てくるまで中火で煮込むといった感じだと思います。


2017062007.jpg

 このレシピには、ニンジンが入っていないのですが、パプリカの黄色と赤色、アボカドの緑色と彩りも豊かでとても美味しそうに出来上がりました。


2017062005.jpg

 その傍らで、店長がパプリカに細工をしています。


2017062004.jpg

 細工と言っても、こういった型を使って抜いているだけですけど、パプリカが、まるで宝石のように輝いていました。


2017062009.jpg

 そして、もう一品。『カラフルチョップサラダ』も、ササッと店長が作っていました。普段から料理しているのかもしれませんね。


2017062008.jpg

 そして完成形がこのうさちゃんです。パーツの配置が中々定まらずに苦労していました。十分、可愛く出来たと思います。


2017062010.jpg

 この日、食育活動に参加されたのが初めての食育コミュニケーターさんもいらっしゃいましたが、忙しいながらも、楽しそうに調理されていました。


2017062011.jpg

 売場の迫力ある陳列も完璧!

 それでは、当日のレポートからご紹介させて頂きます。

・4人で10時より調理を始め、11:20からご試食を開始しました。調理から行うことは初めてだったので、開始時間の告知はせずに、時間に余裕を持って行いました。

・100円ショップでくまの型抜きを使ってご飯を作成。目・耳や鼻をパプリカで作成した為、厚さが出てしまい。かなり出目金になってしまいました。


2017062013.jpg

・準備時間はもう少し、短縮できそうでした。牛肉は小さめの一口サイズにしましたが、15分の煮込み時間では、まだ硬かったです。もう少し煮込みが必要。

・アボカドはトロッとして美味しかったです。温めてもよいことを再発見。アボカドは次の日まで持つのか尋ねられましたが、答えることが出来ませんでした。

・店長がジャワの中からの商品をえらんだので、次に機会があれば、自分たちで選びたいと思います。(小さなお子さんには勧めることが出来なかった)


2017062014.jpg


・アボカド・牛肉・パプリカ・ご飯にルーと盛りだくさんになったので、お客様からは豪華だねとお褒めを頂きました。

・レシピ集は喜んで、お持ち帰り下さいました。(家で作ってみるとの声、多数)

・常連のお客様がご来店された後でしたので、次回は、少し早めにご試食を開始したいと思います。


2017062017.jpg

 いつもの食育活動のリーフレットとは違い、今回は現在開催中の「夏のカレーフェスティバル」のリーフレットからご紹介しておりました。

 アレンジレシピ、デコレーションカレー、カレーにもう一品など、沢山のオリジナルレシピをご紹介しておりますので、是非、ご覧下さい。「夏のカレーフェスティバル」のリーフレットは、こちらからもご覧いただけます。

 このレシピリーフレットは見ているだけでも楽しいので、お客様と食育コミュニケーターさんとの会話も弾んでいたようです。


2017062019.jpg

 食育のご試食をおすすめするのは、まだ数回であるにも関わらず、スムーズにお声がけされているのにはビックリです。今回の反省点を振り返り、更なる展開が楽しみになりました。


2017062020.jpg

 続いての店舗は、赤羽アピレ店を訪ねました。

 赤羽アピレ店は、調理をする場所がデリカ部の作業場しかありません。2017年6月を最後に、デリカは撤退させて頂きましたので、この食育が、赤羽アピレ店にとっては、最後の食育活動となりました。


2017062021.jpg

 中華鍋を使っての調理。とてもパワフルです。


2017062022.jpg

 店舗のレポートがまだ提出されていないので、僕から見た感想となります。

 不定期開催にも関わらず、ご試食頂いたお客様が多いことにびっくり。

 中には、おかわりされているお客様もいらして、美味しく出来て良かったと思います。


2017062023.jpg

 最後に、「夏のカレーフェスティバル」のリーフレットは、本当に見ているだけで楽しいので是非、ご覧下さい。また、実際に作られたご感想などコメント頂けると嬉しいです。

 個人的には、「カレーと一緒にもう1品!」のぺージにある「みそ香るアイスクリーム」が気になって仕方がないので、挑戦したいと考えています。
posted by ワイズマン at 15:18| 千葉 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 食育 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月24日

ワインフェスタ2017初夏&イタリアフェア開催中です!

17062401.jpg

 2017年6月24日(土)、つまり本日午後2時から午後7時までの5時間。ワイズマート浦安本社5階にて、ワインフェスタ2017初夏&イタリアフェアを開催中です。

 2ヶ月に1度の定期開催のため、常連のお客様も沢山いらっしゃるのですが、今日は、開始10分で会場も賑やかになりました。午後7時まで開催しておりますので、お近くにお住まい、または、浦安近辺で偶然遊ばれている方は、是非、ワインフェスタの会場までお越し下さい。

 それでは、『ざっくり』今回の様子をご紹介致します。


17062404.jpg

 いつもは、あまりワインの方をご紹介していないので、今回は少しだけ。(とっても、本当に少しですけど)

 ワイズマートのブースでは、プレミアムワインの他、イタリアワインの代名詞「バルバレスコ」と「バローロ」をご用意致しました。


17062405.jpg

 バルバレスコ(=イタリアワインの女王)、バローロ(=イタリアワインの王)と、人気を二分するこのワインは、イタリア人から特に愛されているワインです。是非、お試し下さい。


17062416.jpg

 また、こちらは、ワイズマートブースではありませんが、イチオシのイタリアワイン「MATSU」です。

 この特徴的なラベルは、現地の葡萄畑で働く農夫さん。一番右のエチケットのおじいさんは、ビンタエが購入した100年以上もの貴重なぶどうの樹のある畑を大切に守ってきた農夫の方の尽力に感謝と敬意を表して捧げたものだそうです。

 写真右のマツ エル・ビエホ スペシャルセレクションは、樹齢100年を超えるティンタ・デ・トロ100%から、写真中央のエル・レシオは、樹齢90〜100年のティンタ・デ・トロ100%で造られます。

 スペイン最高峰「ウニコ」の造り手、ベガ・シシリアが造るピンティア、常にパーカーポイント高得点を獲得するヌマンシアなど、錚々たるスーパースパニッシュがそろう中、MATSUをブラインドテイスティングで比較をした際にワイン専門家8名がベストと評したのがこの「MATSU」でした。

 日本語の「待つ、松」からわびさびをイメージして命名されたこのイタリアワインを、是非、味わってください。

 といつもになく、少しだけワインに触れてみたところで、イタリアフェアの内容をご紹介致します。


17062413.jpg

 イタリアと言えば「ピザ!」


17062420.jpg
 そして「パスタ!」ですが、今回は、ちょっと面白いご提案がありました。


17062408.jpg

 それは、練製品の紀文さんの商品を使ったおつまみです。

 「バル」は、イタリアやスペインなどの南ヨーロッパにある、お酒やコーヒー、軽食が楽しめるお店のことを言います。地域の人々のコミュニケーションの場にもなっていて、カウンターで立ち飲みするスタイルが多いそうです。この「バル」をイメージしたレシピのご試食がございます。


17062406.jpg

 ねぇ? 美味しそうでしょ。作り方は、スタッフさんに尋ねてくださいね。


17062407.jpg

 僕が見た時は、二品のご試食がありました。

ちなみに「バル」と言いますが、表記は「Bar」になります。イタリアでは、高級レストランがリストランテ、大衆食堂はトラットリア、居酒屋をオステリアと呼び、ピザ屋をピッツェリアと呼んでいます。


17062411.jpg
 あと、個人的に気になったのがコレです。

 キューピーさんの「ビストロクィック」という、素材を一品足してたった5分で手間暇かけた外食の味がご家庭でも楽しめるというソースです。


17062412.jpg

 今回、ご試食でご用意されていたのは、「ロブスターのうま味広がるビスク風ソース」です。えびを加えて簡単調理。ハード系のパンと一緒にお洒落ですね。

 この他、全部で3種類あります。お友達が遊びに来た時など、こういった簡便商品があるととても助かると思いますし、お料理上手いじゃんとなるのではないでしょうか。便利ですね。


17062414.jpg
 このほか、イタリアフェアとは関係ありませんが、ベーカーリーの新作、ドライフルーツが沢山入ったハードパンや・・・。


17062409.jpg
 こちらは、ワイズマートブースで販売しているポテチがあったりします。


17062410.jpg
 こちらは、只のポテチではありません。スペイン バルセロナからやってきた黒トリュフのポテトチップスなんです。普段、お店では販売しない商品ですので、是非、食べてみて下さいね。


17062417.jpg

 他にも、写真だけペタペタ貼らせて頂きます。たぶん、イタリアフェアの食材とは関係ありません。


17062419.jpg


17062415.jpg


17062418.jpg
 こちらは、「辛子茄子」です。絶対にイタリアフェアは関係ありませんが、日本酒もワインフェスタの中では、販売しておりますし、バイヤーが気になった現地のおいしいものをご紹介するというのもコンセプトにありますので、こちらも、是非、宜しくお願い致します。


17062402.jpg
 最後に、夏休みのワインは、是非、ワイズマートのワインフェスタでお買い求め下さい。リーズナブルな価格になっている上に、ワインフェスタのLINEのお友達になれば、ワイン・日本酒・焼酎が10%オフとなるクーポン券がゲット出来ますので。

 皆様のお越しをお待ちしております。

 開催内容についてのリンクを【こちら】に貼らせて頂きます。
posted by ワイズマン at 15:56| 千葉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ご連絡 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月03日

2017年5月食育レシピ 『トマト牛丼』

2017051601.jpg

 ワイズマート2017年5月の食育レシピは、『トマト牛丼』でした。

 今回、訪れたのは、飯山満店です。それでは、早速レポートします。


2017051604.jpg

 この日は、ご試食開始の1時間ぐらい前にお邪魔したのですが、結構、調理は進んでいました。既にフライパンで牛肉と玉ねぎが煮たてられたところまで終わっていました。最終工程のカットしたトマトをサッと煮こむところから、合流です。

 そう言えば、先日テレビで某料理研究家の方のレシピがご紹介されていましたが、肉じゃがなどの煮物も、深い鍋ではなくて、浅いフライパンで調理した方が、熱の伝わりがムラ無く、しかも時短で調理出来るそうです。


2017051603.jpg

 こちらは、米糀のお味噌を使ったお味噌汁です。使う具財は、トマトと玉ねぎですから、牛丼と同じです。最後にスライスチーズをのせるのですが、お味噌とチーズって合うんですね、意外な発見でした。


2017051605.jpg

 今回のレシピは、とても簡単でしたので、調理のお手伝いをすることもなく、味見や、配膳のお手伝いをさせて頂きました。


2017051606.jpg

 そして、ご試食の準備も整いました。


2017051607.jpg

 店内のディスプレイも完成し、いよいよご試食のスタートです。


2017051608.jpg

 飯山満店を巡回していていつも感じることは、お客様との距離が近いお店だということ。

 お店がある地形の問題もあるのですが、飯山満店を本当に冷蔵庫代わりにご利用下さっているお客様が多いです。お買い物が終わり、お店から出られたお客様に「ありがとうございました」とご挨拶させて頂いただけなのに、わざわざ僕の前にお越し下さって、深々と頭を下げられながら「いえいえ、こちらこそありがとうございます」とご挨拶頂くと、逆に恐縮してしまいます。それぐらい、お店に対して身近に感じて下さるお客様が多い飯山満店の食育も、自然と近い空気が生まれています。


2017051610.jpg

 「簡単そうなのに美味しいですね。」

 「お味噌汁にトマトやチーズをいれたのは初めて食べたけど、これ、美味しいわ。」

 「トマト牛丼、今晩つくってみます。」

 「お味噌汁がとても美味しいですね。」


2017051611.jpg

 お客様から、色々なご感想をフィードバック頂いて、また次回に繋がっていく訳です。


2017051602.jpg

 彩りが綺麗だったり、牛丼にトマトをのせるの?みたいな発見があると、ご試食も多く進むみたいです。


2017051612.jpg

 小さなお子さまがご来店され、ご試食頂きました。

 トマト嫌いのお子さまが多いので、大丈夫かなぁ〜と見ていたら、「この子は、トマトもお野菜も大好きなんです。」とお母さん。ご試食サイズですが、小さなお口では、ゆっくり、少しずつご試食されています。他のお客様や、品出しの従業員が通り過ぎる中で、にこっと笑いかけたり、嬉しそうに見守られている様子は、スーパーもコミュニティーの一部なんだなぁ〜と実感させてくれます。


2017051609.jpg

 ご試食の時間も終わり、店舗のスタッフと色々とお話して、20分ぐらい経過。スーツに着替えて店舗を出ると、先ほど、ご試食された女の子が駐輪場で楽しそうに遊ばれていました。お母さんは、お子さまを優しく見守られているのですが、お買物も終わり、お家に戻られたいご様子。

 そこで、「あ〜、その草むらに、虫がいるみたいだよ〜。刺されるとかゆくなっちゃうよ。」とお子さまに話しかけました。

 お母さんも、「あ〜、虫さんがいるんですって。刺されたら大変、帰りましょう。」と僕に合わせて会釈を下さいました。

 スーパーマーケットとは、本来は、セルフサービスの業態だと思います。昔、商店街で八百屋さん、魚屋さん、肉屋さんなどと会話しながらお買物していた時代とは違うのかもしれません。

 でも、飯山満店にいると、本当にお客様との距離が近いから、余計なお節介と思われてしまうことも、自然に出来てしまう雰囲気があるし、僕は好きです。
posted by ワイズマン at 16:18| 千葉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 食育 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする